ピクシブ百科事典

スポーン

すぽーん

トッド・マクファーレン原作の大人気アメリカンコミック。日本でもマクファーレントイズが制作したフィギュアシリーズが人気を博した。
目次[非表示]

概要


SPAWN(Painting)


『スポーン』とは、1992年にアメリカのイメージ・コミック社から出版された、トッド・マクファーレン原作の漫画作品のことである。世界120カ国で約1億3000万部以上出版されている。1997年にはアニメ化され、日本においてはカートゥーン ネットワークにて『SPAWN スポーン The Animated Series』というタイトルで放映された。
トッドの独特なキャラクター造形が遺憾なく発揮されており、奇抜でなおかつ格好いいキャラクター達は絶大な人気を集めている。

2016年、タイトル継続中。通算250話越え。


ストーリー

優秀なCIA工作員であったアル・シモンズは、魔界第8階層の支配者マレボルギアの目に止まり暗殺された。魔界に送り込まれたアルは最愛の妻ワンダと再会するためにマレボルギアと契約を交わし、魔
界の軍団構成員”ヘルスポーン”となり、再び現世に飛ばされるのであった。

アルにとっては驚きと悲しみの連続。
スポーンのコスチュームを脱いだ醜く焼けただれた顔と体。
スポーンの能力の一つである魔法を使ってみたものの自分の思う姿に変身できずじまい。

そして、現世はすでに彼の死後五年を経過。
妻であったワンダは親友テリーと再婚してしまっていたのであった・・・

登場人物

アル・シモンズ
本作の主人公、元々優秀な兵士ゆえ重火器といった武器の使い方には詳しい。

妻はかっての親友と再婚し幸せな家庭を築いていた。
彼に残された目的は自分を地獄に落とした元上司ジェイソンへの復讐である。
バットマンと対戦した経験もある。

バイオレーター
地獄の悪魔。アル・シモンズの監視役として現れる。
大きな角とひょろ長いからだと手足。その造形は中世の民話などに出てくるドラゴンのモデルである。普段はピエロの姿に化けて暗躍している。

彼を主人公としたサイドストーリーが創刊された。四人の異母兄弟がいることが分かる。

アンジェラ
その名とおり天界の天使(エンジェルの別読み)。
ヘル・スポーンの狩人ゆえアル・シモンズに狙いを定めていたもの失敗に終わる。
女性ゆえに彼に恋したこともある。今現在は大人の事情ゆえに本作の登場を許されていない

チャペル
『アル・シモンズを殺した男』といえばお分かり頂けるか?
上司の命令で任務中の事故と見せてかけて彼を暗殺した。
原作アメコミでは黒人男性、アルの友人であった。

映画版では都合により女暗殺者ジェシカ・プリーストに変更された。

余談

  • マンガ家所十三によるオリジナルストーリーも展開された。(メディアワークスより)アル・シモンズとは別の経緯でスポーンになった男の物語だが人気低迷ゆえ連載中断となった。


  • 上述した「チャペル」なるキャラの「映画版の都合」であるが「チャペル」の考案者はトッドの友人作家によるもの。「チャペル」を使用する権利は主に友人作家にあるため、トッドは急遽新たにジェシカを制作した。

  • 第10話『CROSSING OVER』なるエピソードがある。アンジェラとの対戦後ふとしたことで別の異世界の飛ばされてしまったスポーンが見た物は・・・? ⇒ 封印作品

  • 登場人物のアンジェラであるが今現在(2015)、どういう経緯かわからないがMARVELコミックに登場。(原作アメコミ版『エイジオブウルトロン』ラストシーン参照)
大人の事情ゆえに移籍することになりました!?設定はマイティ・ソーの妹として活躍とのこと。

  • 原作者のマクファーレンは1990年代はなんとMARVELコミック社のアーティストとして在籍していた!さらにその時の担当作品は『スパイダーマン』!しかしながらそのせいで創刊当初のスポーンは「スパイダーマンとバットマンを足して2で割ったキャラクター」と批評を受けていた。

  • ちなみに最近の展開(2016~)は原作者自ら手掛けた限定表紙絵(ジャケット絵)はスパイダーマンのポーズや関連作品を連想させてくれるパロディをやってくれてる。



関連タグ

アメコミ SPAWN

カリオストロ - 作中にて同名人物が登場。
ベノムスパイダーマン - 実は原作者が一時作画に関わっていたMARVEL作品
カーネイジ - 「スポーン」作中に登場するシリアルキラー達のモデル

ソウルキャリバー

pixivに投稿された作品 pixivで「スポーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1087304

コメント