ピクシブ百科事典

トッド・マクファーレン

とっどまくふぁーれん

カナダの漫画家。スパイダーマンやバットマンの作画を担当していた。
目次[非表示]

トッド・マクファーレン

カナダ出身の漫画家・イラストレーター。コミック好きの野球少年であった彼はプロ野球選手を志望していたが、高校三年時に足首の故障からその道を断念。以降、マンガ業界に足を踏み入れることとなった。
マーベルDCでイラスト・バックストーリー・作画を担当するようになり、特にスパイダーマンのトッド担当時代は絶大な人気を誇った。
その後自由な製作環境を得るために自身でコミック出版社イメージ・コミックを設立し、オリジナル作品スポーンの大ヒットによってその地位を確固たるものにした。
フィギュア好きでも知られており、自身の製作したキャラクターを立体化するためにマクファーレン・トイズという玩具会社を設立するほどで、これもその高い完成度から人気を博した。
日本でもスポーンが進出して人気と話題を呼んでいた90年代後半、ビートたけしが主宰していた芸術バラエティ番組ことたけしの誰でもピカソにてゲスト審査員として招かれたことがある。
また、オークションで1998年にマーク・マグワイアが打った70号ホームランボールを、270万ドルで購入したことでも有名である。

作風

マクファーレンの作風はとにかくスタイリッシュで格好いいことで知られている。
ダイナミックな画面構成、奇抜でありながらスマートなキャラクターデザイン、綿密で読み応えのある作画など、あげればきりがないほどの個性の持ち主である。
その後のアメコミにも少なからぬ影響を与えており、アメコミを語る上で無視できない人物である。

作品

(トッドがイラストを担当していた作品)
バットマン
スパイダーマン
(トッドオリジナル)
スポーン

関連タグ

アメコミ

pixivに投稿された作品 pixivで「トッド・マクファーレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3486

コメント