ピクシブ百科事典

エアロエース

えあろえーす

三菱ふそうが製造・販売する大型観光バス
目次[非表示]

類似する車種にスーパーハイデッカーのエアロクィーン、2階建てのエアロキングがある。

型式一覧

エアロエースは2007年6月、従前のハイデッカー長距離・観光バスであるエアロバスを15年ぶりにモデルチェンジする形で誕生。この時ハイデッカーバスの名称として用いられたのがエアロエースである。(スーパーハイデッカーはエアロクイーンを継続して使用)
エンジンは先代PJ-MS86JP系で採用された6M70を元にコモンレール噴射方式、高精度クールドEGRの高効率化技術を採用。大幅な改良が加えられている。

日産ディーゼルUDトラックス)にも供給されていた時期があり、スーパーハイデッカーが「スペースウィングA」、ハイデッカーが「スペースアローA」として販売されていたことがある。

BKG-MS96JP

2007年8月販売開始。平成17年排出ガス規制に対応している他、平成27年新燃費基準も達成しているため、国内のディーゼルバスとしては初となるBKG-を取得した。
エンジンは6M70を搭載し、変速機は6速MTのみである。

日産ディーゼルにもOEM供給されており、日デ側の型式はBKG-AS96JPとなる。

LKG-MS96VP

2010年9月販売開始。今回は主に平成21年度排出ガス規制への適合が主に置かれた大規模マイナーチェンジで、大型トラックであるスーパーグレートの搭載エンジンと同じ6R10に変更された。出力に変更はない。
また排気ガス処理装置がこれまでのUDトラックス尿素SCRシステムからダイムラー製「BlueTecシステム」に変更された。これによりリアボンネットに「BLUETEC」のロゴシールが貼り付けられているのでこれがBKG-代との識別ポイントの一つになる。

なおLKG-代もUDトラックスに供給されており、UD側での型式はLKG-AS96VPになる。

QRG-MS96VP

2012年4月発売。エコカー減税対応に伴い排ガス規制記号が変更された。更に2012年7月に国際連合欧州経済委員会が施行した国際基準に準じた安全規制に適合させたほか、ブレーキオーバーライドシステム(ブレーキとアクセルを同時操作させた場合、ブレーキが優先される)やサイドビューカメラを全車に標準装備し、安全性の向上を図っている。
エンジンはLKG-代と同じ6R10だが、21年度低排出ガスへの適合によって規制記号はQRG-に変更された。このQRG-代のエアロクィーンからサブエンジン式エアコンは廃止され、新開発の床下設置型の直結式エアコンに置き換えられているが、エアロエースは屋根上直結エアコンの設定も残されている。

2013年には更なる安全性向上を目的に衝突軽減安全ブレーキ、車間距離警報、アンチスピンレギュレーターを標準装備とするマイナーチェンジが実施された。当初はこのマイナーチェンジよりも前にオプションでこれらの装備を取り付けて導入された車両もあるが、バンパー中央の開口部の形状が角形になっており、そこで見分けがついていたが、後に改造によってLKG-代以前の車両でも同型のバンパーを装着する個体が出現しているため、見分けが難しくなっている。

QTG-MS96VP

規制記号が変更された車種。QRG-MS系と仕様に差はなく、見分けるポイントはエンジン点検口部分に貼られた平成27年度・燃費基準+15%達成を示すステッカー。

2TG-MS06GP

2017年5月発表。エンジンのさらなるダウンサイジング(従来が13リッタークラスだったのに対し、今代は7.7リッターしか無い)と8速機械式オートマの搭載が行われ、従来の6速MTが廃止された。
観光バスでのMT廃止は2005年の日産ディーゼル・スペースアローADG-RA系以来のこと。
この代より型式がMS96VPからMS06GPへ変更されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「エアロエース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 830

コメント