ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2007年6月、従前のハイデッカー長距離・観光バスであるエアロバスを15年ぶりにモデルチェンジする形で誕生。この時ハイデッカー車の名称として用いられたのがエアロエースであり、スーパーハイデッカー車は引き続きエアロクイーンを名乗った。

日産ディーゼルUDトラックス)にも供給されていた時期があり、スーパーハイデッカーが「スペースウィングA」、ハイデッカーが「スペースアローA」として販売されていたことがある。

MS9系

いずれも13ℓ級エンジンを搭載した6速MT車である。

BKG-MS96JP

2007年8月29日販売開始。平成17年排出ガス規制に対応している他、平成27年新燃費基準も達成しているため、国内のディーゼルバスとしては初となるBKG-を取得した。
エンジンは先代PJ-MS8に搭載されていたものを大幅に改良(型式は6M70で同一)。排ガス処理装置には日産ディーゼル製の尿素SCRシステムを搭載する。

日産ディーゼルにもOEM供給されており、日デ側の型式はBKG-AS96JPとなる。

LKG-MS96VP

2010年9月1日販売開始。今回は主に平成21年度排出ガス規制への適合が主に置かれた大規模マイナーチェンジで、大型トラックであるスーパーグレートの搭載エンジンと同じ6R10に変更された。出力に変更はない。
また、排気ガス処理装置がダイムラー製「BlueTecシステム」に変更された。これにより公式側後部にエンジンルーバーが設けられ、リアボンネットに「BLUETEC」のロゴシールが貼り付けられているので、これがBKG-代との大きな識別ポイントとなる。

なおLKG-代もUDトラックスに供給されており、UD側での型式はLKG-AS96VPになる。

QRG-MS96VP

2012年4月発売。エコカー減税対応に伴い排ガス規制記号が変更された。

更に同年7月にマイナーチェンジが行われ、国際連合欧州経済委員会が施行した国際基準に準じた安全規制に適合させたほか、ブレーキオーバーライドシステム(ブレーキとアクセルを同時操作させた場合、ブレーキが優先される)やサイドビューカメラを全車に標準装備し、安全性の向上を図っている。
この時エアロクィーンからサブエンジン式エアコンは廃止され、新開発の床下設置型の直結式エアコンに置き換えられているが、エアロエースは屋根上直結エアコンの設定も残されている。

2013年1月15日には更なる安全性向上を目的に衝突軽減安全ブレーキ、車間距離警報、アンチスピンレギュレーターを標準装備とするマイナーチェンジが実施された。このマイナーチェンジよりも前にオプションでこれらの装備を取り付けた車両もあるが、バンパー中央の開口部の形状が角形になっており、そこで見分けがついていた。しかし後に改造によってLKG-代以前の車両でも同型のバンパーを装着する個体が出現しているため、見分けが難しくなっている。

QTG-MS96VP

2015年4月の新車登録分より規制記号を変更。QRG-MS系と仕様に差はなく、見分けるポイントはエンジン点検口部分に貼られた平成27年度・燃費基準+15%達成を示すステッカー。

MS0系

足回りが7.7ℓ級エンジン+8速AMTに刷新され、MS9から系列名が変わった。

2TG-MS06GP(現行車種)

2017年5月発売。エンジンは排気量7.7ℓにダウンサイジングされた6S10型になり、出力は381psのみの設定となった。トランスミッションも「SHIFT PILOT」と称する8速AMTに統一され、MT車は廃止。また床下直結式エアコンの設定が無くなり、屋根上直結エアコンが標準装備となった。

MS9との最も明確かつ絶対的な相違点は、リアオーバーハング下端部の形状。MS8・9では斜め一直線に上がっていたが、今モデルはセレガーラ同様に途中で折れ曲がっている。公式側(進行方向から見て左側)後方寄りのエンジンルーバーも過給機取り込み口分しか開けられていない。
車体側面第2ピラーに「FUSO AERO」プレートを掲げた個体も多く、これも識別点にはなるが装着しない個体もあるため要注意。

2018年9月にはバリアフリー対応モデルとしてエレベーター付き車両が登場。これまでのリフト付きバスとは異なり、車椅子の持ち上げを車体内のエレベーターで行うことにより、搭乗者の恐怖心低減と操作時間短縮などを図った。

関連記事

親記事

三菱ふそう みつびしふそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エアロエース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1537

コメント