ピクシブ百科事典

FREEDOM_DiVE↓

ふりーだむだいぶ

宇宙、四次元、カリスマ。
目次[非表示]

メイン概要はニコニコ大百科より。メイン画像は、実際のBMSに収録されているオリジナル画像(くらんての元祖とも言うべきイラスト)。

概要

「FREEDOM DiVE↓」とはBMS楽曲である。元々は、BPMの高い高速曲を作る「MAXBEAT」にエントリーされたのだが、後に発狂BMSが作られた辺りで脚光を浴び、遂にはCytusにも収録されると言う流れとなった。

タイトルに関しては、メイン画像を見れば分かるが『↓』も含まれている。

作曲者のxi氏は他にもCHUNITHMに収録されているBMS曲の「Aragami」をはじめとして、SOUND_VOLTEXにもオリジナル楽曲を発表している。

余談だが、発狂BMSの中でも「四次元」と呼ばれる譜面に関しては人間がプレイできるような物ではないのだが…2011年6月23日に『HARD CLEAR』(beatmaniaIIDXにおけるハードゲージクリアと同義)が現れる。

…この辺りの詳細を知りたい方はニコニコ動画の方を確認していただきたい。

pixivにおいては、BGAに出てくる少女がメインとなっている。後にCytusで「くらんて」という名前がある事が判明。名前に関しては「くらんて」の大百科を参照の事。

Cytusに関してはアーケード版「Ω」が2016年に稼働予定(だったのだが、2018年4月に正式に開発中止となった)。ラウンドワン梅田店におけるロケテストにて、まさかの初登場を果たす。その際は公式ホームページにおける曲紹介で曲名が不明扱いだった。ジャケットイラストに関しては実機に収録されていた以下のイラストが公開された。
なお、Ver10.0よりFREEDOM DiVE↓よりさらに難易度の上がった裏譜面の「FREEDOM D↓VE」が登場した。

【Cytus】FREEDOM DiVE↓



そこから数カ月後、5月26日、CHUNITHMで想定外とも言えるアーケード機種での収録となった。ロケテストの段階ではCytusが先手だが、稼働中の機種では一番乗りとなった。
(cytusΩは2018年3月30日に開発中止が発表され、唯一のアーケードでプレイ出来る機種となっている)

CHUNITHM版ではタイトルに『↓』がない、ジャケットにくらんてが不在と言う違いが存在する。ジャケットに書かれている謎生物もねつ造等ではなく、くらんてと共にいるマスコットなので原作と同じなのだが……。

なお、maimaiではセルフアレンジ版とも言える『GloriousCrown』が収録されている。

2017年8月にはVOEZにも収録。こちらはCytusパック内の1曲と言う扱いでの収録となっている。

関連イラスト

FDFD FREEDOM DiVE!
freedom dive-


FREEDOM DiVE(ポップン風)
FREEDOM DiVE↓



【 VOEZ 】 FREEDOM_DiVE


こちらのイラストはVOEZ本家イラストである。

関連タグ

曲イメージ BMS

Cytus CHUNITHM VOEZ:楽曲が収録された機種

くらんて:こちらのタグでもイラストが投稿されている。

関連リンク

ニコニコ大百科:FREEDOM_DiVE↓とは

pixivに投稿された作品 pixivで「FREEDOM_DiVE↓」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47937

コメント