ピクシブ百科事典

ビッグサム

びっぐさむ

UDトラックス(旧日産ディーゼル)が1990~2004年まで生産・販売していた大型トラックの名称。
目次[非表示]

概要

1989年12月 発表(発売は1990年1月から)。U-C#、W-C#系。90~92年式はFグリルにシャーシ記号と馬力が表示されているのが1型の特徴。(例:CK340など)キャッチコピーは「固いのに柔らかい。柔らかいのに固い」。
1991年 2月 電子制御自動変速機「E-MATIC」搭載車を設定。
1991年10月 第29回東京モーターショーにビッグサム アーバンダンプを参考出品。
1992年12月 マイナーチェンジで2型へ。内装およびラジエータグリルを変更。RG8、RF8TA型エンジンを追加。ABSとASRをオプション設定。
1994年12月 車両総重量22t・25t車を発売(翌年に実施したマイナーチェンジモデルにおいて)
1995年2月 マイナーチェンジで中期型へ移行。3型となる。ここからKC-C#系。ヘッドライトとフロントリッド、フロントグリルを変更、楕円UDマークが装着される。また、初期型まではフロントウインドシールドの中央部分に「NISSAN DIESEL」の白字のロゴが大きく表示されていたが、マイナーチェンジで右寄りの端に小さく表示されるようになった。平成6年排出ガス規制適合、「E-MATIC」を進化させたフルAT「ESCOT-AT」、およびセミAT「ESCOT-II」が設定された。IIは変速時のクラッチ操作を不要とした(クラッチフリー)タイプである。V型タイプが310馬力のRF8、350馬力のRG8、新たに400馬力のRH8、V10タイプのRH10に変更。キャッチコピーは「ダイエット・ビッグ」。
1996年 低床4軸車 (CG) に車両総重量22t・25t車を追加。
1997年12月 マイナーチェンジで4型へ。シャシー構造を軽量化し、ディスチャージヘッドランプと運転席エアバッグを標準装備、低床4軸車(CG)は車両総重量25t車のタイヤサイズを総軸同径化。第1軸の位置は変更なしで、従来の位置のまま総輪同径化された。これにより1台あたりのスペアタイヤを2個から1個に減らしている。ESCOTを自動変速可能とした(発進時のクラッチ操作は必要)機械式AT「ESCOT-III」に変更。低床3軸車の構造を大幅に変更。ヘッドライトのディスチャージ化によってフォグランプがバンパーの穴へ移動した。
1998年11月 GE13エンジン搭載車発売。
2000年2月 マイナーチェンジで後期型へ移行。5型。KL-C#系。フロントリッド、フロントバンパー変更。「NISSAN DIESEL」のロゴがフロントのウインドシールドからフロントリッドのグリル内右側に移動。平成11年排出ガス規制適合。エンジンは、V8がRG8(320ps)、RH8(360、400、430)、直6がPF6型を廃止しGE13型に統一した。また、低床4軸車(CG)のフロントアクスル(第1軸)の位置を前進し、他の前輪1軸車と同じ位置になった。この時点で、フロントアクスルが後退した位置に存在しているのは6×2FのCV系のみとなる。
2002年6月 CNG車追加。
2003年4月 マイナーチェンジで6型へ。速度表示灯廃止とCI変更(UDマークデザイン変更)、平成13年騒音規制適合、ESCOTを発進時クラッチ操作不要化とした「ESCOT-AT IV」に変更。日野自動車に除雪車のOEM供給開始。キャブ左後方にあるシュノーケルが後にデビューするクオンと共通になった。クオンのキャブバックパネルはビッグサム用を流用しているため、シュノーケルの外形はビッグサムと同じである。
2004年11月 後継車のクオン登場。発売後約3ヶ月間はクオンとの併売であった。
2005年 日本向けの製造終了。オーストラリア、台湾、中国向けには以降も製造が続けられる。
2014年3月 海外向けの製造も終了。最後のビッグサムはボリビア向けであった。

関連イラスト

ビッグサム



関連タグ

○○ に関係するタグがありましたら、紹介してください。
トラック デコトラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビッグサム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289

コメント