ピクシブ百科事典

バリンガーZ

ばりんがーぜっと

『激走戦隊カーレンジャー』に登場するはずだった、幻の男のロマン溢れる最強最後の『宇宙ランド』付録ロボット。

???「ジャンジャジャーン!バリンガーZ、参上!行くわよーー!」

概要

暴走皇帝エグゾス宇宙暴走族ボーゾックに貸し与えた、最強最後の『宇宙ランド』付録。

巨大な剣「バリバリブレード」を武器としており、両腕は「バリバリパンチ」構造で、2つのランチャー砲撃「バリバリツイスター」で武装されている。胸部からはバリンガーZ最大最強の必殺技である数万度もの高熱破壊光線「バリバリファイヤー」を放つことが可能。

今まで登場したノリシロンシリーズの中で最強最悪の戦闘能力を誇り、総長ガイナモが「ボス」、副長ゼルモダが「ヌケ」、発明家グラッチが「ムチャ」と名乗って操縦し、我らが激走戦隊カーレンジャーVRVロボと死闘を演じ、大苦戦させるハズだった………。

そう、ハズだったのである

名前からして分かる人には分かると思われるが、元ネタはかの有名な巨大ロボット・マジンガーZで、姿も見れは一発でそれと分かるデザインとなっている。

とはいえ版権元に無許可であったために東映の上層部は流石にこれはまずいと判断した事。そしてガイナモの中の人自身の持ちキャラでもあるボスになり切って演じた事が切っ掛けとなり、あえなく封印されてその役割はノリシロン-最終へと引き継がれることとなってしまったという。

ちなみに急な差し替えだったらしく、映像で一瞬だけその姿が確認できるらしい。また、当時の児童雑誌には大々的に登場する事が予告されて掲載されていたため、現在でも画像検索でその姿を見ようと思えば出来ないことも無い。

なお、製作されたスーツは頭部がオーレンジャーに登場したバラケリスの頭部と差し替えられ、パワーレンジャーで新規怪人として登場することとなる。

関連タグ

マジンガーZ 封印作品 公式が病気
マジンガーZERO:顔の表情がバリンガーZに近いデザインをしている。

関連記事

親記事

ノリシロン-12 のりしろんとぅえるぶ

コメント