ピクシブ百科事典

ノリシロン-12

のりしろんとぅえるぶ

ノリシロン-12とは、激走戦隊カーレンジャーに登場するロボットである。本稿では他のバリエーションについても説明する
目次[非表示]

概要

第37話「恐怖の大宇宙ハイウェイ計画」に登場。
暴走皇帝エグゾスが、全宇宙の悪者向けに出版している情報雑誌「宇宙ランド」の付録の組み立て式ロボット。
実際に発売されている雑誌のペーパークラフトのように台紙から切り取り線に沿って切り離し、各部位に割りピンをはめ込んで完成する。劇中では発明家グラッチがせっせと組み立てて完成した。

二本の牛の様な角と胸にある「12」の文字が特徴。武器は赤い斧。

エグゾスとガイナモの指示を受けたゼルモダが操縦し、地球に送り込まれ出動したサイレンダーの攻撃を加速で回避し、ボーゾックに連勝している事で調子に乗りまくっていたカーレンジャーが操るVRVロボの攻撃をわざと喰らいカーレンジャーたちをさらに調子づかせたが、ビクトリーツイスターをサイレンダーを盾にして回避し、武器である斧を使った必殺技「ノリシロン暴走切り」でVRVロボを窮地に追い込んだ。

しかしグラッチが右腕の割りピンをしっかりはめ込まなかった為右腕がもげてしまい、形勢不利を判断し撤退した。(その後グラッチはエグゾスからお仕置きの電撃を受けた)

第38話にも再出撃したが、PPチープリの若返りパックを受け元の付録に戻ってしまった。

ノリシロン-最終(ファイナル)

第46話でエグゾスがボーゾックに与えた「最終最強ロボット」である強化型ノリシロン。
初代と違い色がになり、斧のほかに二連ランチャーが追加。口からは突風「ファイナルターフーン」、両足でのキック攻撃「ファイナルキック」、両目からの怪光「ファイナルフラッシュ」といった必殺技を持ち、ノリシロン版ビクトリーツイスターともいえる二連ランチャーからの砲撃「ファイナルツイスター」が武器。

ゾンネットがボーゾックを去ったことで悲しんでいたガイナモがエグゾスの言葉でゼルモダ、グラッチと共に乗り込み、カーレンジャーに戦いを挑む。
Vガンの連射を斧で防御し、上述した三つの必殺技で圧倒。ファイナルツイスターを発射したが、直前にVRVファイターに分離される。

ファイナルツイスターを手当たり次第に乱射したがVRVファイターの連携に圧倒され、再びVRVロボに合体した瞬間に攻撃しようとしたが、ビクトリーツイスターとの撃ちあいに負け大破した。

ガイナモ達は自力で脱出したが、この戦いはエグゾスが100万年に一度酒樽座の流す酒で大宇宙が赤く染まり、全ての星座が酔っ払った時を狙いカーレンジャーたちの力の源である「5つの自動車の星座」を取り込むという真の目的を覚られないための時間稼ぎに過ぎなかった。

ノリシロン-増刊

OV「カーレンジャーVSオーレンジャー」に登場する宇宙ランド増刊号の付録であるノリシロン。
カラーは赤くなり、自動で動く。斧は持っていないが、伸縮自在の角と放電で攻撃する。

VRVロボとオーレンジャーロボと戦うSSスタタンゾとバラモビルの援軍として送り込まれ、放電で苦しめたが、サイレンダーの出撃で逆転。
スーパークラウンソードで角を折られ、サイレンバルカンを受け大破した。

関連タグ

激走戦隊カーレンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「ノリシロン-12」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96

コメント