ピクシブ百科事典

プンバァ

ぷんばぁ

「ライオンキング」に登場するディズニーキャラクター
目次[非表示]

プロフィール

名前プンバァ
英名Pumbaa
性別
種族偶蹄目イノシシ科イボイノシシ
日本語CV小林アトム(初代) / 畠中洋(二代目)
英語版CVErnie Sabella
初登場作品ライオンキング


概要

ライオンキング」に登場するイボイノシシの男性で、相棒のミーアキャット・ティモンとの凸凹コンビぶりはあまりに有名。
二人揃って同シリーズの準レギュラーで、スピンオフやテレビ展開を含めれば主役の一人と言っても過言ではないほどにメディアに出ている。

相棒共々『ハクナ・マタタ』をモットーに砂漠のオアシスでお気楽ライフを過ごしていたが、ある日故郷を追われ行き倒れていたライオンの少年シンバを発見。
当初から肉食獣である彼を恐れず、助けてペットとして飼おうとした。反対したティモンの説得にも成功し、シンバを仲間として迎え入れる。

一人称は「オレ」。呑気で間が抜けた食いしん坊だが、優しくお人好しで、いわゆる「バカ正直」と言っても良い純朴な性格。
同時に結構繊細で、捕食者に対してはすぐパニックを起こす等かなりの臆病でもあるが、ブタ扱いされた場合には怒る。また本人はティモンの方が頭が良いと思っているが、実は彼より常識がある。

ティモン共々が大好物で、主食も勿論虫。世界中の虫を食べ歩いていると語り、シンバにも昆虫食やカタツムリ食、ゲップなどを教えた。

また、体臭が臭いらしく、彼というキャラクターの特徴として挙げられる程。
特に強烈な屁の威力は殺獣的なレベルらしく、ハエすら失神し、近くにいて倒れない動物の方が珍しいほど。
すさまじい威力と持続時間を持ち、文字通りの武器(しかも広範囲が対象になる)になる。


元々はイボイノシシの群れで暮らしていたが、上記の要因によって仲間から爪弾きにされて追い出されたらしく、そのせいで友達もおらず自分に自信が持てなかった。しかし、大々親友となるティモンと出会い、その臭いは外敵から身を守れると言われた事で、自分に自信が持てるようになった。

そんな相棒の影響かでっぷりした体の割にはかなり軽快で、中々に器用。吹っ切れ度合いによっては、骨製の檻やハイエナもを吹き飛ばすパワーを見せる。
 
シンバが祖国を取り戻す闘いに向かった時は、友に協力する道を選び、平穏を捨てる事を嫌がるティモンと喧嘩別れするが、彼が来ることを信じてわざとスローモーションで走り、最終的に二人でシンバを救った。
その後はティモンやシンバ達とプライドランドで暮らしており、相変わらずドジも多いが楽しくやっている模様。

余談

名前の意味はスワヒリ語で「馬鹿」。本人もそれを知った時は落ち込み「変えたかった」と祈ったらしい。ちなみに初期の名前は「ハロルド」の予定だった。

また、ティモンよりも、日本における各声優や海外の声優との声調の差が大きく、戸惑う人もいるかもしれない。

1990年版の『ライオン・キング』と同一または別の『キング・オブ・ジャングル』(後のプライドランダーの先駆けである、プライド・ランドのジャングルに棲むプライド「ンドナ」が舞台)限定では、ティモンとは異なり確認されていない。

代わりに、一頭のサイがシンバの味方の一員でクローズアップされている。ただし、別のバージョンでは、ティモンともどもシンバとナラの幼馴染であるという設定もあった(他に、ミーアキャットのテスマ、雌のオオミミギツネのバハティ/ブハティ、性別不明のトカゲのイッギィもいる)。

また、「愛を感じて」の完全版をプンバァとティモンが歌う予定もあったが、グロテスクだから却下されたらしい。

関連動画



…臭いで気づいていなかった両者は、もはや慣れすぎてしまったと言えよう。

関連タグ

ライオンキング ティモン シンバ バンガ(ライオンキング)
フランク・ウェルカー
イボイノシシ

関連記事

親記事

ライオンキング らいおんきんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プンバァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32904

コメント