ピクシブ百科事典

シンバズ・プライド

しんばずぷらいど

ディズニーの長編アニメーション映画「ライオン・キング」の続編として制作されたビデオ作品。 正式名称は『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』。
目次[非表示]

ストーリー

プライド・ランドの新たな王となったシンバと妻のナラとの間に誕生した王女のキアラは、かつて策略を用いてプライド・ランドを支配した悪のライオン、スカーの養子であり跡取りのコブと仲良くなる。
しかしそれは、アウト・ランドへ追放されたスカー派のライオンたちによるプライド・ランド乗っ取りの企みだった。

登場キャラクター


キアラ

キアラ


該当記事を参照。

コブ

コブ


該当記事を参照。

ジラ
原語版声優・スザンヌ・プレシェット、吹き替えは中村晃子。

アウトランドのメスライオンを束ねるリーダー。ヌカ、ビタニ、コブの母親。
スカーの妻であり、アハディとウルの義理の娘、ムファサの義理の妹、シンバの義理の叔母、キアラの義理の大叔母にあたる。
夫のスカーをそのまんま女にしたかのような悪人面である。
スカーが生きていた頃はプライド・ランドのメスライオンの頂点に君臨していたが、夫の死亡後、一族でアウトランドへ追放された為、シンバを激しく憎む。
コブをスカーの跡取りとして育て上げてプライド・ランドへ舞い戻り、再び栄光を取り戻す事を夢見ている。
復讐憎しみに駆られており、その邪魔をするなら実子でも容赦しない冷酷な性格。
しかしヌカが死んだ際には我が子を想う愛情深い母親らしい一面が垣間見えたが、ヌカが死んだのはコブのせいだとして顔を殴り、スカーと同じ左目に傷を付けた張本人。
その後群れを率いて、義理の甥であるシンバと対戦するが、キアラとコブに阻まれる。
キアラの言葉に心を揺さぶられ改心し、娘や仲間達がシンバ側についても亡き夫の恨みを晴らそうと一人でシンバに立ち向かうがキアラに動きを止めに入られる。
キアラとの戦いの際に崖に転落し、濁流に落ちそうになり、キアラが助けようと手を差し伸べるが、その手を取ろうとせず振り払い続け、最後は川に転落し、濁流に飲まれ溺死する。

ヌカ
原語版声優・アンディ・ディック、吹き替えは真地勇志

ジラの息子(第一子の長男)。三兄弟の長子でビタニとコブの兄。(コブの場合は異父兄。)
たてがみが縮れて体格も痩せている為、やや貧相なオスライオン。
年下でなおかつ実の息子でもないのに、スカーの跡取りとして期待され大切に育てられている弟のコブを快く思っておらずコブの事を母親のいない所では「シロアリ小僧」と陰口を叩いている。
間抜けで要領が悪い面はあるが、負の感情に駆られている母親を一途に愛して付いていく。
弟に向いている母親の視線を自分に少しでも向けようと必死になっており、むしろ観ているこちら(視聴者)の胸が痛くなるキャラクターである。スカーに一番よく似ているのはある意味ヌカだったのかもしれない
母親に少しでも良い所を見せて褒められようと頑張るが、無茶をして従兄のシンバを捕らえようとするも失敗。足を滑らせた上に丸太が頭部を直撃し、死亡する。


ビタニ

ビタニ


該当記事を参照。

前作の主要人物・仲間・その他


シンバ
先代の王、ムファサとサラビの息子で現プライド・ランドの王。
モハツの曾孫でアハディとウルの孫。
キアラの父親であり、前作の主人公。
幼少期にプライド・ランドから逃げ出すが、立派に成長してから帰還。
叔父のスカーと対決し、勝利した後、見事王となり、幼なじみのナラと結婚し、キアラを授かる。
心配性で過保護な父親。又、独身の頃の一人称は「僕」と「俺」だが、キアラの誕生としての一人称は「私」になった。
声も成長しているが、決して年寄りという訳ではない。

ナラ
サラフィナの娘。キアラの母親で、シンバの幼なじみにして妻。冷静かつ慎み深い王妃として、シンバを支え、キアラとコブの恋を優しく見守る。

ラフィキ
プライド・ランドのご意見番であるまじない師のヒヒ。折りにつけ、亡き王ムファサの霊と対話して助言を仰いでいる。

ティモン・プンバァ
シンバの親友かつ育ての親のミーアキャットとイボイノシシ。
キアラのお目付役をシンバから頼まれているが、見つからないように尾行しているはずがすぐに発見されてしまったり、しょっちゅう見失ったりと、ドジも多い。

ザズー
かつて、シンバの教育係をしていたサイチョウ。今作はかつてムファサにしていたように、シンバの執事を勤めている。おしゃべりな性格は未だに健在。

故キャラクター(シンバの夢の中で登場)


ムファサ
アハディとウルの長男であるアフリカライオン。プライド・ランドの先代の王。
シンバの父親でキアラの祖父。シンバが子どもの頃、スカーの策略によって命を奪われた。
空の星となり、王となった息子のシンバを見守っている。

スカー
アハディとウルの次男であるバーバリライオン。本名は「タカ」
ムファサの実弟で、シンバの叔父でありキアラの大叔父。ジラの夫でヌカ、ビタニ、コブの父親(但し養父)。

過去に自らが王となるべく、実兄のムファサを殺し、シンバをプライド・ランドから追いやった。
一度は王国を乗っ取ることに成功し、コブを跡取りとして育てるも、帰還したシンバとの戦いに敗れ、同盟を組んでいたハイエナたちに殺されるという破滅の道を辿った。
シンバの夢の中ではシルエットの姿で大笑いし、甥であるシンバはヌーの暴走で崖をあがくムファサを助けるが、シンバの足を握り締めて、ムファサを付き落とす。その後、シルエットの姿であるスカーがコブの姿に変化し、シンバを付き落として殺害されるという悪夢で現れる。


挿入歌

「He lives in you (ヒー・リブズ・イン・ユー)」
冒頭のキアラ誕生の儀式のシーンで歌われる本作のオープニング曲。

「We are one」(私たちは1つ)
父親のシンバと娘のキアラが会話をしながら将来について歌い、「女王」になる為に今からしっかりと学ばなければいけないという葛藤をシンバが歌に乗せてキアラに優しく教える曲。
歌詞を分かりやすく要約すると「百獣の王のライオンたる者、決して後ろを振り向いてはだめだ!自分の道を信じて、使命を持って頑張っておくれ!大丈夫!私達がいつも見守っているよ!」という内容である。

「My lullaby」(私の子守唄)
本作のヴィランズソング。
スカーの妻でありプライド・ランドから追放されたジラが一族総出で歌う壮大(騒がしい)な子守唄。
取り敢えず、ライオン達の咆哮が無駄にめちゃくちゃカッコいい。
最初はコブに優しく語りかける様に「いつかお前も大きく強くなる、お前は王になる。」と始まるが、その後は子守唄とは言えないほど騒がしく殺伐としている。
自分達をアウトランドへ追いやり、愛する夫を殺したシンバに息子のコブを王として育て上げ、必ず復讐してやるという子守唄というよりかは恨み辛みたっぷりの内容である。

「Upendi」(ユペンディ)
この単語の意味は英語では無くスワヒリ語で「愛の場所」という意味。
ご意見番のラフィキがまだ若いコブとキアラを桃源郷の様な場所へ導き、2匹の心の発展を手助けするという曲である。
内容はざっくりいえば「愛の場面のシチュエーションが整ったら、一段と愛が芽生えて、愛を感じると自分の冷静な思考が働かなくなるんじゃよ~~!!だが怖がらないで、その身をありのまま見せればいい!恋愛は苦しい時もあるがその反面楽しさもあるんじゃよ~!愛はどこにでも存在するんじゃよ~!!」と人生?の大先輩であるラフィキ爺さんの熱弁により、「ラブマジック」という名の催眠術にかかる曲である。

「Not one of us」(私達の中の一人では無い)
シンバとコブの男同士の話し合いをしているうちに、コブ側の群れのライオンに包囲され、危うく殺されかけ、シンバはコブが自分をだまして油断させたと思いこんでしまう。
その後コブが誤解を解く為に群れに行き、話しをしようとするも、シンバが断固として聞かず、プライドランドからの追放を命じた時にライオン達だけではなく、プライド・ランド全ての動物達がコブに攻撃的になり、「お前は仲間では無い。」と強く訴えている悲しい追放の歌である。

「Love will find a way」(愛は道を探し出す)
コブが追放され離れ離れになったにも関わらず、すなわち、逢いたいという気持ちと力に寄ってお互いを惹きつけて、また再会出来るという、目に見えない愛が、お互いの居場所の道しるべをした歌。

ライオンガードとの繋がり

ライオンガードのシーズン3では、カイオン達がなぜシンバズ・プライドに登場しなかったのか、霊体となって復活したスカーと彼の軍団がどうなったのかも明かされるらしい。

関連タグ

ライオンキング ライオンガード
スカー ディズニー
ロミオとジュリエット(題材)・三吉と小女郎・田代川の鬼・・・お互い敵対している家族の娘と息子がこっそり交流を深め、やがて恋に発展する点が共通しているが、『田代川の鬼』がシンバズ・プライドと同様で主役の二名がハッピーエンドに成る部分が異なる。

関連記事

親記事

ライオンキング らいおんきんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンバズ・プライド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1032

コメント