ピクシブ百科事典

カイオン

かいおん

カイオンとは「ライオン・キング」シリーズの登場ライオンで、シンバとナラの息子。
目次[非表示]

概要

シンバナラの息子でキアラの弟。長男なのか次男なのか不明。
モハツの曾々孫で、ムファサとサラビとサラフィナの孫で、スカーの甥孫、アハディとウルのひ孫に当たる。キアラ同様、おそらくは兄または姉(便宜名フラッフィー、実写版では兄)がいる可能性がある。コパは別の世界線の兄弟にあたり、ある大切な類似点がある。親友であるラーテルのバンガはシンバの義兄弟でもあるため、カイオンの義理の叔父でもある。

シンバズ・プライド」には登場していないが、「ライオン・ガード」の主人公を務めている。スワヒリ語で「リーダー」を意味する Kiongozi が名前の由来。

スカーの代に途絶えてしまった「ライオンガード」のリーダーに選ばれ、ロアーオブエルダーズの力を授かり、日夜プライドランドの為に活躍している。

シーズン3、つまり数年後にスカーの軍団を崩壊させるものの、スカーと同様に目に傷をつけられ、コブラのウシャリが死の直前につけた毒によって自我を失ったり凶暴化しつつあり、なぜか急に声も低くなった。オーノも目を負傷したため、ライオンガードのメンバーはプライドランドを一旦離れてカイオンとオーノの治療にとある場所へと向かうことになった。

  • コブラのウシャリは、最初はプライドランドに共に生息していて、特に敵対していた訳でもなかったがライオンガードの不注意で何度も傷つけてしまい、それが原因で後にヴィランと化してスカーにつき、最終的にカイオンに毒の呪いをかけて死亡するというショッキングな経歴を持つ。

かなり筋肉質であり、ロアーオブエルダーズ抜きにしても、同年代の頃のシンバよりも圧倒的に戦闘慣れしている。シーズン3ではより成長しており、身体、牙、ロアーの威力の全てが上がっている。声も低くなった。

なお、ライオンガードそのものの宿命とも言えるかもしれないが、捕食者の縄張りを犯してそのままトラブルに発展することも少なくない。

交友関係

We're the Same!


ライオン以外の動物をライオンガードに選んだり、ハイエナと友情を培っている等、これまでのプライドランドのライオン像とは異なる部分を持つ。普段の戦闘では爪を使わない

  • ジャスィリによって明かされたが、殆どのハイエナはサークルオブライフを尊重し、種族の評判を貶めた一部の同族を毛嫌いしているらしい。つまり、シェンジなどが実は少数派だという事である。

誠実で勇敢な為に雄雌問わずに様々な動物から気に入られており、ライオンの個体数も関係しているのだろうが、同族よりも別種族との付き合いの方が目立つ。
  • 同族の同年代の雄がアウトランドのコブしか確認されていないのはまだしも、雌の場合はキアラ・ズーリ・ティーフもいるがそれでも他の種族の雌の方がより交流が深い節がある。チーターのフーリ、ハイエナのジャスィリとは特に仲良しである。
    • フーリは最初、カイオンにライオンガードになる事を要請された際にカイオンの力を疑ったが、その後は強い信頼と絆を築き思考や行動を共有する事が多く、彼が不在の際は二番目のリーダーとして行動することがよくある。
    • ジャスィリとは、初対面の際はカイオンがジャスィリをハイエナだからという理由で信用しなかったが、彼女に助けられて彼も彼女を助けて親しくなった。二名のデュエット「Sisi ni Sawa」は、シリーズ屈指の名曲として有名。二名の間にはこれまで、シンバとナラや、キアラとコブを思わせる場面もあり、下の動画がそうだが、今では両思いとも取れる様な描写がされている
    • これが本当なら、キアラもカイオンも「父の敵だった種族と恋仲になる」という運命を歩んでいる。コパとアサンテの将来がどうなるのかは不明だが、アサンテを両親に紹介し、種族の垣根を超える事を望んでいる事は判明している。
    • シェンジたちの子孫でありカイオンの宿敵であるジャンジャは、ジャスィリと彼女の一族を本気で殺そうとするなどの敵だが、ジャスィリの魅力に心が惑わされ、カイオンとジャスィリの関係に嫉妬しているかもしれないという複雑な状況にある。
    • 短編コミックでは、とあるエピソードで、ズーリに好意を持たれるか冷たい反応をされるかの分岐ルートがあるが、どちらにしろカイオンは気にしていない。

カップリング

上記の通り、これまではジャスィリと恋仲を思わせる描写が何度か重ねられてきた。

最終シーズンにて、監督がフーリとの恋仲を否定して(姉弟のような仲であり恋愛感情はないとコメントした)アジアチーターのアザードが登場し、突如インドライオンのラニなども登場し、結構な数のファンを置いてきぼりにするバウムクーヘンエンドとなってしまった。これにより数多くのファンが激怒し、監督のSNSのアカウントが炎上し更新停止する事態となった



そんな状況ではあるが、

  • 最終回、ラニが登場してカイオンとの恋愛描写があった後にも敢えてカイオンとジャスィリの友達以上恋人未満な描写が挿入されている (この様な表現が用いられたのは初)
  • 最終シーズンにていきなりカイオン、バンガ、フーリのカップリングが用意された
  • 他の動物達の殆どが明確にカップリングが示唆されたにも関わらず、ジャスィリとジャンジャに関しては明確な描写は一切避けられている
  • カイオンとフーリの恋仲を監督がSNSで明確に否定して質問にも何回も答えていながら、カイオンとジャスィリに関しては言葉を濁す、というか質問にも敢えて答えなかった
  • カイオンとジャスィリに関するエピソードは監督が直に脚本を書いていたり、それまで一切キャラクターに関する内容を投稿しなかったのがカイオンとジャスィリの組み合わせの内容を投稿している

などの要素から、なんらかの大人の事情に逆らえなかっただけで、監督自身はカイオンとジャスィリのカップリングを望んでいたのではないかと海外で推測されている。

余談

  • ジラ達を厳密にアウトランドに追放した(物理的に吹き飛ばした)のはカイオンの「ロアー」であった。その際に、コブだけは吹き飛ばさなかった。
    • 実は、コブとヌカとの初対面時、アウトランドのライオン達を(昔の出来事を知らなかったため)プライドランドに住める様にシンバに掛け合う事を提案した。その際のヌカとコブの反応を見ると、そのまま親友になれた未来もあったかもしれない (尤も、カイオンと友達になろうとしたのはコブだけだったが)。特にコブはキアラに会えると思って目を輝かせていた。
  • カイオンとジャスィリの関係は、コパとアサンテの関係に似ている部分がある。アサンテは、スカーの死後に最初にプライドランドに戻ったハイエナである。
    • カイオンとジャスィリは「アサンテ」という言葉を原語版で使う。スワヒリ語で「ありがとう」を意味する。
  • カイオンとジャスィリの原語版のCV達は誕生日が同じ8月18日である
    • カイオンとジャスィリの日本語版のCV達も二名の関係を気に入っている事を明かしている。
    • ついでにいうと、カイオンに命と引き換えに呪いをかけたコブラのウシャリの原語版のCVも同じ誕生日である。
  • コパの他、シンバズ・プライドで登場が予定されていたシャニ(キアラ)の兄弟のチャカがモデルになっていると思われる。

関連動画

(シーズン3にて更に威力が上がったロアーの例)

(ジャンジャの敵意と嫉妬の混じった?歌「ひどいハイエナさ」。実はスカーに対して歌っているが、この後ジャンジャはジャスィリと彼女の一族の子供達を本気で殺そうとした。)

(01:00~01:12の部分で、ジャスィリに当たっていたスポットライトと彼女の影がカイオンが飛び込んだ瞬間にハート型になっていてカイオン自身の影もハート型になっている。)

関連タグ

ジャスィリ シンバ ナラヤングナラ キアラ(ライオンキング) コブ コパ
プンバァ ティモン
ライオンキング ライオンガード シンバズ・プライド

関連記事

親記事

ライオンガード らいおんがーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カイオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3358

コメント