ピクシブ百科事典

シェンジ

しぇんじ

シェンジとは、『ライオンキング』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:ウーピー・ゴールドバーグ
吹:片岡富枝(1994年版)/沢城みゆき(2019年版)

悪のハイエナたちのリーダーを務めている雌のハイエナ。名前はスワヒリ語で「獰猛」を意味する。普段はバンザイエドと共に3頭で行動している

ムファサがプライドランドを統治していることを快く思っておらず、王位奪還を狙うスカーと手を組み暗躍する。

メスのハイエナらしく非常に気が強く、リーダーシップに優れている (ハイエナは女系社会であり、メスの方が身体も大きく力も性格も強い)。

象の墓場でシンバナラを狙うシーンでは、ムファサに向かって果敢に立ち向かう姿が確認できる。また、国を統治したスカーに対して言及するシーンもあり、彼女の気の強さが伺える。

スカーとの関係

スカーとハイエナたちは昔から付き合いがあり、ミュージカル版でバンザイがそのことに関して少し触れている。番外編の絵本(未日本語化)でもかなり前からスカーと交流している描写がある。

ラフィキの話を引用すれば、スカーがムファサの失脚または殺害を目論んでライオンガードのメンバー達を殺害したことでロアーオブエルダーズの力とライオンガードの資格、プライドランドでの地位を失い、その際にシェンジたちと知り合った?と思わしい。

狭義の公式ではない世界線も含めれば、アハディが悪のハイエナたちを追放したのは「食べるためではなく楽しむために狩りを行ってきた」からだとされている。

しかし、シェンジ及びハイエナたちはヴィランズ側のサイドキックに多い「ボスに付き従うタイプ」ではなく、彼らなりのやり方や正義を掲げている。故にスカーとは基本的に別行動であり、
「手下」というより利害一致によって信頼が成り立つ「同盟関係」に近い。

そのため、終盤でシンバに追い詰められたスカーが自分たちに罪をなすりつけたことに怒り、シンバに敗れた彼を群れで食い殺し、その後はプライドランドから逃走した。

実写映画版

原作映画放映から25年後に放映された実写映画版では、原語版ではフローレンス・カサンバ、吹替えは沢城みゆきが担当した。

雄のアジジやカマリ(原作におけるバンザイとエド)に指示を出したりなど、原作よりも野生のハイエナらしい姉御肌なキャラクターで、スカーとの同盟関係も対等のイメージがより濃く描かれている。また本作ではナラのライバルとなっている。

余談


口車だが、ティモンに口説かれたことがある。
(シェンジが多数の自然の掟に反すると断ったが、最初からティモン達を捕食する気でいたから相手にしなかった)

ジャンジャ


また、ライオンガードで悪役となっているジャンジャの一族は、シェンジたちの子孫である。ジャンジャはカイオンの姉であるキアラよりも年上と考えられるそのことから、シェンジたちはすでに子供を作っていた可能性もある。

なお、実はシェンジたちのような悪のハイエナの方が少数派であり、殆どのハイエナ達は種族の評判を貶めた彼女たちを毛嫌いしているらしい。

  • スカーの死後、コパの世界線ではアサンテと呼ばれる雌がプライドランドに戻っている。
  • カイオンと親密であるジャスィリと彼女の一族はハイエナ・レジスタンスを結成し、ライオンガードと同盟を組んでスカーの軍団に立ち向かい、プライドランドとアウトランドを悪から守っている。

関連イラスト

ビープリペードツリー



関連タグ

ディズニー ディズニーヴィランズ 三悪 姉御肌
ライオンキング スカー 
ハイエナ ブチハイエナ

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シェンジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98546

コメント