ピクシブ百科事典

神戸かわさき事変

こうべかわさきじへん

艦隊これくしょんのオンリーイベント「神戸かわさき造船これくしょん7」で起きた2件の炎上騒ぎをまとめてこう呼ぶ。
目次[非表示]

概要

神戸で行われてきた艦これのオンリーイベントである神戸かわさき造船これくしょん
2020年は新型コロナウイルスの流行によりコミックマーケットを含む大小様々は同人即売会が中止に追い込まれる中、主宰者は「感染防止対策を徹底して開催する」とし、2020年8月16日に「神戸かわさき造船これくしょん7」が開催された。

しかし、そこで予想だにしないところから炎上騒ぎが発生することになる。

事の大きさから艦これの運営元であるC2機関が動くことになったことで、外部のニュースサイトでも取り上げられており、下手をすれば艦これのみならず、他のオンリーイベントにも波及しかねない極めて深刻な事態である。

トレパク合成グッズ事件

ハンドルネーム「なのとら」氏が主催するサークルである「川崎組榛名会」にて海上自衛隊の制服を着た榛名が描かれたクリアファイルを1枚300円で頒布していたのだが、イベント終了直前になってその榛名のイラストが「コニシが描いた複数の絵からのトレパクではないか?」という疑問が持ち上がり、有志が検証した結果、海自きりしまと018年末の一番くじが初出のクリスマス榛名の表情をキメラ合成したトレパクであることが確定した

トレパクに使用されたイラストがイラストだけに艦これの権利元であるC2機関、DMMGAMESのみならず、海上自衛隊とBANDAI SPIRITSも巻き込んだ非常にややこしい構図になっている。

このトレパクが発覚してからのなのとら氏の香ばしい奇行も話題になったが話の本筋から外れるため、ここでは割愛する。興味があれば各自ググっていただきたい。

余談になるが、有志によってなのとら氏のpixivアカウントが掘られた結果なんと、過去にガルパンでもトレパクを行なっていたことが発覚した(現在、該当作品は全て削除されている)。
しかもキャラクターのみならず、 ロゴにまで手を出しており、ガルパン公式が同人グッズの作成を禁止している原因なのでは、という嫌疑まで掛けられる始末である。

フェイスマスク事件

サークル「#艦これはみんな仲良く」の「小岡賢治」氏が田中謙介の顔をプリントしたフェイスマスクを「田中Pのコスプレ」と称して作成。それが田中氏の肖像権を侵害しているのではないかとされた。
小岡氏は当初は前述の通り「コスプレである」と主張していたが、神戸かわさき造船これくしょんでのコスプレは参加費を払う許可制であり、イベントの規約に違反していることになる

それに加えて神戸かわさき造船これくしょん7で「#艦これはみんな仲良く」が頒布した新刊の奥付にスペシャルサンクスとしてC2プレパラートや田中謙介、さらには全く艦これと関係ない人物のTwitterアカウントが当人に無許可で載せられていたことが発覚し、大きな問題となった。
また同人誌の内容も田中氏やC2機関に対するほめ殺し、ないしは直球のdisネタと取られる内容がメインとなっており、人によってはヘイト創作と感じられるものであったこともそれを加速させた。

中には「ネット上での艦これアンチのノリを同人即売会というリアルの現場に持ち込んだ」ことを恐怖する参加者すらいたほどである。

どうしてこうなったの?

原因と考えられるのは見本誌のチェック体制の甘さである。
通常は一律で義務付けられている見本誌の提出が当日は「新型コロナの感染防止対策」名目で簡略化され、グッズ類に対するイベント主宰者のチェックが甘くなっていたとされており、その脇をすり抜けてしまった、というのが有力と見られる説である。

各所の反応

これを受けてC2機関はTwitterにて「残念なことに先日行われた同人誌即売会で、一般的な同人活動の枠を大きく外れた法に抵触する悪質な販売が複数あった報告を受けました。また、それ以前より、関係社/者への業務妨害や誹謗中傷に該当する報告もあります。該当案件は確認を行い、今後必要な警察への通報や法的処置を順次行っていきます」という声明を発表。
現在は民事ではなく刑事事件としてことを進めていることを示唆している
しかし、これ以降の進捗は報告されておらず、訴訟などの具体的な動きに移っているのかわからないため、一部では「口だけなのでは」とC2機関に対して懐疑的な視線を投げかける者もいる。

さらに「#艦これはみんな仲良く」の同人誌の奥付にTwitterアカウントを載せられた人物が神戸かわさき準備会に回答期限付き公開質問をリプライで突き付ける事態になる。

関係者への誹謗も相次ぐ中で戦艦大和会がそれを諫める声明をツイートし、さらには駆逐艦菊月會が「界隈内部の自浄作用が働くことを期待します。」という非常に厳しい声明を出している。

神戸かわさき造船これくしょんの主宰者は「【頒布物について】皆様にご心配と御迷惑をおかけしております。 公式運営・関係者様より連絡があり次第、協力を行い厳粛に対応いたします。また、今後の開催については判断保留とし対応を検討させていただきます。」とツイートし、頒布ルールの大幅な見直しを余儀なくされたことから、予定されていた12月27日の開催は2021年8月15日に延期されることが発表され、1年間の開催休止となってしまった。
また、この問題を起こした「川崎組榛名会」、「#艦これはみんな仲良く」の両サークルはサークルの活動に問題がないことを確認できるまで神戸かわさき造船これくしょんへの参加禁止処分が下された。

なお当事者であるなのとらは雲隠れ、小岡は艦これのアカウントをBANされたことでプリコネに逃げ、C2機関の鈍い動きも相まって炎上自体は鎮火状態になってしまった。

事件発生から半年以上が経った2021年4月1日にC2機関が「訴訟の準備が整った」として今春中に裁判の提起をすると公式Twitterで報告。
そして5月13日に「東京地裁に訴状を提出し、受理された」ことを報告し、本格的な法廷での戦いが始まることになった。

まとめ

所謂「厄介」がチェック体制の甘さを突いて好き勝手したせいでイベント運営、界隈全体、権利者、果ては無関係の第三者にまで大迷惑をかけたという深刻な事件である。
今後、同人イベントにおいてこうした厄介をどうやって排除していくかもイベント運営の大きな課題になっていくだろう。

そして二次創作をカサに着て好き放題やり、権利者を本気で怒らせたらどんな裁きがなされるのかのが示されるかもしれない。

関連タグ

神戸かわさき造船これくしょん

トレパク ヘイト創作 厄介

ポケモン同人誌事件

外部リンク

関連記事

親記事

サブカル関連の事件・騒動の記事一覧 さぶかるかんれんのじけんそうどうのきじいちらん

兄弟記事

コメント