ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

\解説/ 編集

横浜優勝」とは、文字通りの意味だと「横浜優勝」という意味となり、「横浜に関連した事項が何かにおいて優勝すること」を意味する言葉である。


しかしインターネットでは、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)が試合に勝利することを意味して使用されている言葉となっている。


そもそも、ベイスターズは弱かった


その前身である「大洋ホエールズ」時代からの弱小球団であり、ベイスターズとなってから、1998年平成10年)に日本一になったことはあるが、その後TBS時代は長い長い、いわゆる「暗黒時代」を味わう事となった。

連戦連敗、毎年毎年、シーズン100敗さえも見えてしまう、いつ終わるともわからない真っ暗闇の中、それでもベイスターズの勝利を信じ、ファンは応援を続けていた。


そんな中、生まれたのが「横浜優勝」のネットスラングである。


2ちゃんねるで、実況板で、なんJで、そして現在ではTwitterで、

横浜ベイスターズが試合に勝てば「横浜優勝」。

あるいは、例えばWBCに日本代表としてベイスターズの選手がいて、もしも日本代表が優勝すれば「横浜優勝」。

または、他球団がリーグ優勝、もしくは日本一になって、もしもそのチームにベイスターズ出身者がいれば、それだけでもう「横浜優勝」。


つまり「横浜優勝」とは、勝利に飢えていたベイスターズファンの心の叫びなのである。


2017年レギュラーシーズンは3位に終わるものの、クライマックスシリーズでは阪神タイガース広島東洋カープを破り、下剋上でCSを突破。ある意味「横浜優勝」を果たした。

(ちなみに日本シリーズでは福岡ソフトバンクホークスに対し、第5戦まで粘るものの、第6戦で痛恨のサヨナラ負けを喫し、惜しくも日本一を逃した)


2023年交流戦は激戦の中、ソフトバンク、オリックス巨人と同位1位に並び得失点率差で優勝。交流戦とはいえ「横浜優勝」を実現した。


そんなわけでファンは、いつかリーグ優勝する日が来ることを信じて、今日も「横浜優勝」と叫び続けている。

そして昨今では球団・選手側にもこの言葉が認知されていることが明らかになっており、「横浜○○」(漢字四文字)という名の球団スローガンが作られたり、トレバー・バウアー選手等がヒーローインタビューで口にしたりしている。

しかしながら近年では戦力的には充実し度々優勝候補に挙がりながらも怪我人の続出や機動力不足、早打ちによる出塁率の低さ(このことから攻撃は大味、繋ぐ意識が無く淡泊と評されることが多い)、選手起用、そして勝負弱さ等が原因で最終的に優勝を逃すシーズンが続いており、一部では12球団で最もリーグ優勝から遠のく現状への落胆や皮肉、フロントの経営努力との対比の意味をこめてこの言葉が持ち出されることもある。


なお、現在では「横浜が優れて勝つ」という意味の言葉として解説されることもあるが、これはぶっちゃけ「後付け」であるので注意のこと。


\関連リンク/編集

 LivebayWiki - 横浜優勝

ニコニコ大百科の同項目


\関連タグ/編集

横浜 横浜市 神奈川 神奈川県


プロ野球 日本プロ野球 NPB


大洋ホエールズ 横浜大洋ホエールズ

横浜ベイスターズ 横浜DeNAベイスターズ

ホエールズ ベイスターズ


広島優勝:「横浜優勝」からの派生ネットスラング。なお、「阪神優勝」というパターンも存在する模様。


\横浜優勝/

:「\/」の記号を万歳ポーズとして見立てた「横浜優勝」のネット上での有名な用例。

しかしpixivでは全角表記である「」がタグとして使用出来ないため、pixivタグとして使用出来ない表記である。


\横浜優勝/:「/」が半角/」に変換された表記揺れタグ


\横浜優勝/:「\/」が半角「\/」となった表記揺れタグ。


勝利

優勝


横浜高校:こちらは何回も優勝しているため、文字通りの意味で使われることになる。

関連記事

親記事

横浜DeNAベイスターズ よこはまでぃーえぬえーべいすたーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141222

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました