ピクシブ百科事典

木下陰人

きのしたかげと

木下陰人とは、『焼きたて!!ジャぱん』のキャラクター。

概要

CV:佐藤せつじ

パンタジア」南東京支店勤務。パンタジア主催のパン教室に来ていたところを梓川月乃スカウト(ほぼ誘惑)され惚れ込み、南東京支店に入店。実は日本最大サーカス・木下隊サーカスの御曹司で、それゆえ他人のパンのコピーをすることが得意(冠茂が新人戦で作ったパンの『パンオアルグ』コピーですら95%のコピーをやってのける)。さらに分身の術まで身につけており、何人にも分身し、仕込み・陳列・応対・会計という南東京支店の全ての業務を1人だけでやってのけていることができると、ピエロ並の脅威を見せ付けた。ただオリジナルのパンを作ることに関しては全くダメなため、ほとんど注目はされず影が薄い。おまけに生理的な嫌悪感を人に与えるタイプであり、店の前に実演販売をしても逆に客がサンピエールに流れるという始末になっている(霧崎曰く「彼が作ったパンを食べたくないのだろうな」)。その影の薄さを、敵である霧崎雄一梓川雪乃からも憐れまれたほどである。南東京支店休業後は正論ながらも空気を読まない発言が目立った(大抵無視されるかお仕置きを受ける)。松代健曰く、アルコールの臭いを嗅いだだけで酔う程に弱い。月乃が社長に就任した際は、一人だけ南東京支店に取り残され、完全に一人で支店の切り盛りをする破目に。3年後には南東京支店店長へと大抜擢されたが、やはり店員は彼一人であるが、パン職人そのものをやめさせられてしまった河内恭介に比べれば、まだマシな扱いとも取れなくも無い。アニメ版においては彼の母への手紙が話のモノローグに使われたり、河内のリアクション内にも登場している。

関連タグ

焼きたて!!ジャぱん 梓川月乃 松代健

関連記事

親記事

パンタジア ぱんたじあ

兄弟記事

コメント