ピクシブ百科事典

だいしゅきホールド

だいしゅきほーるど

正面から抱きついた相手の背後へ両足を回し、腰の位置で自身の体を固定する行為。性的な意味と、そうでない意味がある。
目次[非表示]

※この記事はR-18要素を含みます。ご注意ください。

概要

正面から抱きついた相手の背後へ(挟み込むように)両足を回し、相手のの位置で自身のを固定する仕草動作である。相手の「背後から」抱きつくおんぶとは異なる状態なので注意が必要。
その性質上、このタグが付けられたpixivの投稿作品は、ほとんどがR-18指定で占められている。
⇒ 「これ絶対入ってるよね」「頭がフットーしそうだよおっっ」の各記事も参照のこと。
元来は別の呼称(四十八手の「茶臼がらみ」「座り茶臼」「抱き地蔵」など)もあったと思われるが、後述する「性的ではない行動」としての「だいしゅきホールド」が広く知られるようになり、この呼称が広まったものと推測される。

参考

一説によると2chにおける「挿入中に足をガシっとしてる二次画像ください」というスレッドの、

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/10/03(土) 13:53:08.71 ID:Z+XwIgaj0
どうでもいいがオレはこのことを「だいしゅきホールド」って名前つけて呼んでる

……という書き込みが評価され、翌日には早速「だいしゅきホールドの三次画像ってないの?」とスレ立てされるほどに定着したと言われている。

性的ではない行動としての「だいしゅきほーるど」

ハグの日


周囲の目を気にしない点などから、(抱きつく側の)無邪気さや必死さの表出として描写されやすい。そのため、(もちろん例外はあるが)体重の軽い子供が行う場合が多く見られる。

また、寝技が認められている格闘技(ブラジリアン柔術総合格闘技など)の試合において、倒れた側が上に乗った相手の攻撃を封じる目的で、この姿勢をとることがある。下にいる者が覆い被さっている相手の行動を防ぐための動作であり、ある意味では後述する行為と意図は共通している……のかも知れない。
ちなみに、技としての正式な名称は「クローズド(クロス)ガードポジション」。

性的ではない関連タグ

仕草 ポーズ 動作 / アクション シチュエーション
だっこ / 抱擁 / ハグ
しがみつく  /

性的な行動としての「だいしゅきホールド」

中出し固め」とも称される、女性が自身と性交中の男性の腰に両足を回し、自ら腰を押し付けて中出しを促す行動。
主に、

……の3種に分類される。
また、英語では“leg lock”や“leg wrap”と呼称。

男性側にパートナーを妊娠させる気がなくても、無理やり中出しさせるというやり方でもあり(「固め」の由来でもある)、
「どうしてもこの人の子を産みたい」「既成事実を作る」
……などのために行われる模様。
また単純に「強すぎる性感に耐えるため何かにしがみつく」という、反射的な行為として描かれることもある。

界隈の一部では、
  1. 純愛要素以外の作品(NTR・堕ちもの・ビッチもの・異種姦輪姦etc.)における「相手への愛情は無く、中出しや男性器そのものが好き」といった性欲に起因する行動や、純愛かどうかに関わらず無理やり中出しを促すこと:「中出し固め」
  2. 上記とは対照的に、純愛ものにおいても咄嗟の反射あるいは深い愛情に基づいて行われること:「だいしゅきホールド」
……と定義・区別する向きもある。
これは、「だいしゅきホールド」の「しゅき」の語感が甘々ラブラブなニュアンスを抱かせるためであり、陰惨なシチュエーションには適さないからと考えられる。

性的な意味での関連タグ

R-18 体位 カニばさみ 中出し固め ラブ握り
正常位 駅弁ファック 対面座位 抱き地蔵

関連記事

親記事

だっこ だっこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「だいしゅきホールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105006270

コメント