ピクシブ百科事典

アレック・ラッド

あれっくらっど

『機動戦士ガンダムSEEDASTRAY』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

性別男性・コーディネイター
所属ザフト
搭乗機アレック専用ケルベロスバクゥハウンド、アレック専用ブレイズバクゥハウンド


経歴

レオンズ・グレイブスが赴任する以前に、東アジアにおいて指揮官を務めていたパイロット。パイロットとしての腕は確かで、ユーラシアの永久凍土地帯での戦いでは不利な状況にもかかわらず、仲間を鼓舞し、敵を撤退させている。また、東アジアの戦いにおいてもハイペリオンGを駆る叢雲劾と互角に戦ったり、シグーを駆るジスト・エルウェスを撃破するなど、実力は一流。常に正々堂々と戦う姿勢は敵味方から賞讃され、「ミスター・ジェントル」の異名を持つ。

しかし、その性格ゆえに時に強引な手段をとる事も必要な地域制圧の任務には不向きであり、業を煮やしたザフト軍の上層部は、新たに民間の軍事会社よりレオンズを派遣させた。やり方の違いから、常に効率を求めるレオンズとは対立している。搭乗機であるケルベロスバクゥハウンドは彼の潔癖さを体現するかのように真っ白に塗装されている。

レオンズと共に連合、ゲリラとの和平会談に向かうが、地球連合軍と交戦状態となり、レオンズをかばってルカス・オドネルのストライクEの対艦刀で機体を真っ二つにされるが、ソキウスに助け出されて一命を取り留め、終結後はソキウスとの交渉で勢力圏を決めている。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY 機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY

コメント