ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ルナマリア・ホークのファンからの通称のひとつ。

劇中で射撃を外し肝心な場面で敵を取り逃がす場面が多かったことから、当時のファンからこう呼ばれてしまった。

彼女に射撃で狙われるのは生存フラグ扱いされてしまうことも。


オーブ攻防戦ではジブリールの乗るシャトルを落せず、射撃時のうっかりっぷりをネタにされたが、

漫画などで「最大加速しながらの射撃は難しい」とキラ・シンも外す姿が描かれ、フォローされた。


なお、射撃を外すことは多いが、作中で味方を誤射してしまったことは一度もない。

あくまで当たらないだけである。


「あたし、射撃苦手なのよね~」はルナマリアが戦闘中につぶやいた台詞。

射撃が苦手にもかかわらず砲撃主体のガナーザクウォーリアに乗っている理由は、かつてバスターガンダムを駆っていたディアッカ・エルスマンに憧れたからである。



各種スパロボにおいても精神コマンド「必中」の扱いという形でネタにされている。

Zにおいては消費SPが30とかなり高め(大抵は20のことが多い)に設定され、Kでは最後に習得する精神コマンドが必中、さらにその一つ前に覚える精神コマンドが「愛」(必中が効果に含まれている)であるといった具合。

第2次Z破界篇でも消費30だが、再世篇では25となった。LやUXでは普通だが、そもそも必中を覚える時点でネタ扱いという気もする。ちなみに「集中」はKでしか覚えない。

ガンダムVSシリーズでは、連合VSZ.A.F.TシリーズでのCPU僚機のルナマリアは誤射が多く、特に「狙いは完璧よ!」の台詞と共にチャージショットを誤射してくる姿はよくネタにされる。その一方でガンダムvsガンダム及びNEXTでのアシスト時は本編とは打って変わってかなりの命中精度を見せるようになったため、「実はパイロットが違うんじゃないか?」なんてあんまりな説が囁かれたことも。

EXVSシリーズのガナザクは覚醒技/エクストリームバーストでシンの乗るインパルスを突撃させるのだが、このときインパルスを誤射で破壊してしまったときに専用セリフがある。

また、EXVSではステージ6-Bの敵CPUガナザクがレグナントに向けて誤射をする姿がよく見られた。


しかし続編の『SEEDFREEDOM』では大幅に腕を上げており、核爆発させることなく飛行中の核ミサイルを迎撃する(ビームライフル誘導装置及びニュートロンジャマーキャンセラー(※)が存在するミサイル先端のみを狙い撃つ)という神業を披露している。

射撃を克服したためかインパルスガンダムSpecⅡでも積極的にブラストシルエットを使用するようになり、多くの敵にビームやレールガンを命中させて撃墜するという多大な戦果も上げた。


(※)SEED世界では地球のあちこちにニュートロンジャマーが存在し、核兵器及び原子力発電などが使用出来ない状態となっている。その為核兵器には使用可能にするニュートロンジャマーキャンセラー搭載が必須であり、逆にここさえ破壊出来れば、核兵器不発に終わらせることが出来る。


関連イラスト

描きあがった2週位あとにセンシティブな作品

ルナマリア!


関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ルナマリア・ホーク ザクウォーリア

誤射 誤爆 狙撃


当たらなければどうということはない-むしろ当たらなすぎる方である。

関連記事

親記事

ルナマリア・ホーク るなまりあほーく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50708

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました