ピクシブ百科事典

ハンス・ウェスターガード

はんすうぇすたーがーど

ディズニー映画『アナと雪の女王』の登場人物。
目次[非表示]

日本語版CV:津田英佑/原語版:サンティノ・フォンタナ

概要

ディズニー映画アナと雪の女王』に登場する人物。作中や作品紹介では名前の「ハンス」だけで、、pixivでも「ハンス」のみのタグがほとんど。
エルサの女王戴冠式に招待されたサザンアイルズ王国の第13王子。紳士的で気さくに振舞う明るい性格。
街に出たアナと出会い、同じ末っ子で上の兄弟との関係がうまくいっていない孤独感で互いに理解・共感し意気投合。そのまま電撃的に婚約まで決めてしまう。
しかし、エルサは結婚に反対してアナと喧嘩し、魔法を暴走させて王国を飛び出してしまう。アナがエルサを探しに行く間、ハンスは王国を任されられ、アナたちが留守の間物資を国民に分け与えて信頼も得たが、アナの馬が戻ってきたことで自らも彼女達を探しに氷の宮殿へ向かう。

ネタバレ注意









































エリザによって凍り付いたアナを真実の愛で溶かすためハンスはアナの唇に近づいた。
ここでキスをすればアナは元通りになりハッピーエンドになるだろう、
だが唇に近づけかけた瞬間、彼は表情を変えてこう言った。

「ああ、アナ。君を心から愛する人がいればなあ。」

ハンス王子


実は彼こそ本作のヴィランズ悪役。明るい性格の裏の顔は残忍で冷酷。対人的には善人ぶってその実は腹黒く策謀する。
氷の魔法がかかったアナは魔法を治す真実の愛のキスをハンスに求めたが、キスの直前にハンスは本性を現す。最初からアナを愛してなどおらず、本国では末っ子ゆえに出世の機会もないため、アレンデール王女姉妹に近づいて王国を乗っ取って国王に成り上がろうと画策していたに過ぎなかった。
凍えるアナを部屋に閉じ込め、側近たちには結婚の誓いをした後でアナは死んだと偽り、夫婦となったことで自ら国王であると宣言し、連れ戻したエルサを処刑しようと決断を下した。牢屋から逃げ出したエルサにもアナはエルサの魔法のせいで死んだと嘘を告げて、ショックを受けたところを抹殺しようとした。
しかし、アナが直前にエルサを守り、エルサも魔法を制御して姉妹は仲直りできた。その直後にハンスはアナの痛恨のパンチを受け、その後は本国に強制送還された。

ディズニー作品では珍しく、最初は彼がヴィランズとはわかりにくいタイプのキャラクターとして登場した。これまでのヴィランズは視聴者から見て(作中の登場人物の視点でも)その人物が見た目や言動で悪役とわかりやすいものが多かったが、彼の場合は本性を隠して善人のように振る舞い、視聴者も登場人物も終盤まで彼を善人と信じてしまった。本作にはどう見てもヴィランズなウェーゼルトン公爵もおり、彼が目くらましの役を担っていたとも考えられる。
(というよりは、彼が悪役だということを仄めかす伏線自体が皆無だったと言った方がいいかもしれない)
終盤でアナはハンスを「氷のような心」と呼んだが、監督はハンスの本質を原作「雪の女王」に出てくる「悪魔の作った鏡」と語り、鏡のように周囲の人物の心象を写し出しているのだとしている。悪魔の作った鏡はその破片が刺さった少年カイの誠実な性格を豹変させたものであり、ハンスもまた誠実な性格から豹変した様子が描かれている。
共感相手を求めるアナには共感者として振る舞い、施政者としての彼は「国民の求める王の姿」を映し出し、傲慢な相手には傲慢な態度を取る、といった具合であり、本来の彼自身のアイデンティティはどこにもないのである。
エルサの心の分身とも言えるオラフが作中で繰り返す。「ハンスって、誰?」

彼自身の本性は残虐極まりないものであり、そこに愛など存在しない。はずなのだが、初めて出会ったばかりのアナと一緒に「とびら開けて」を、アドリブで、しかも息ピッタリにシンクロさせて歌うその姿は賞賛に値するレベルである。2回目以降に聴くと会話の内容がどこか胡散臭く感じてしまうのもうまい作りになっているといえる。

その後の登場

本作のスピンオフ短編映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』では、王位継承権と王子としての身分を剥奪されたらしく、サザンアイルズの馬小屋で掃除をさせられていた。

関連タグ

アナと雪の女王 ヴィランズ 美形悪役
ステファンMaleficentのヴィランズ。王族であり自分の富や名誉の為に乙女心を傷つけ魔族の殲滅を企む所が共通している。
ドーン・ベルウェザー副市長ズートピアに登場するヴィランズ。こちらも終盤まで本性を見せず、独善的な理由でズートピアを混乱に陥れた。
ガストン美女と野獣のヴィランズ。気さくかつ陽気な性格で人々から愛されているが、その本性は極めて自己中心的。彼も人によっては最初はヴィランズだとわかりずらい。
エルネスト・デラクルスリメンバー・ミーに登場するヴィランズ。物語後半までは本性を現さず、師弟を毒殺し、師弟が作った曲を自分で作ったと偽り、呪われた運命を作った元凶

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンス・ウェスターガード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127373

コメント