ピクシブ百科事典

京都アニメーション第1スタジオ放火事件

きょうとあにめーしょんだいいちすたじおほうかじけん

京都アニメーション第1スタジオ放火事件とは、2019年7月18日に発生した、京都アニメーションをターゲットとした大規模な放火殺人事件。
目次[非表示]

初めに

2019年7月18日に起こった事件の被害者のご冥福をお祈りします。また、遺族の方々に哀悼の意を示します。

※事件の詳細について、報道による裏付けの無い情報を本項目に加筆しないでください。また本記事への容疑者・被害者及び遺族の実名の記載は厳禁とします。

事件の概要

2019年7月18日午前10時半頃、京都市伏見区桃山町因幡にある京都アニメーション第1スタジオに液体入りバケツを2つ持った41歳の男が侵入し、1階でバケツに入っていたガソリンを撒いて放火(社員に直接ガソリンを掛けたという証言もある)、「ドーン」や「バーン」の爆発音とともに黒煙が吹き上がる火災が発生、鉄骨コンクリート造り3階建ての建物を全焼させた。

事件の詳細

当時建物内で勤務していたのは外部スタッフ4名を含めた74名。68名が人的被害を受け、同日午後10時の時点で33名(1階:2名、2階:11名、2階階段:1名、3階から屋上に向かう階段:19名)の死亡が確認された。全員が同社の従業員だった。重軽傷者は33名。無事だったのは窓から逃げた人やトイレから救出された人など6名だけで、完全に無傷なのはそのうち1名だけだった。事件発生当時スタジオ内にいたスタッフとは別に、出勤途中で事件が起き、屋外で救助にあたった男性社員1名が煙を吸って軽症を負った。
被害はその後も拡大し、翌日さらに1名が死亡、それから8日後さらに1名が死亡。
9月5日、女性7人が入院しており、そのうち3名が生命の危機にある重篤な病状であり、1名が重体であったことが公表、2ヵ月半後の10月5日に1名の死亡が公表され、死亡者数は36名になった。

中でも3階から屋上への階段で倒れていた人が最も多く、京都市消防局によると、屋上に出る扉は閉まっていたが、鍵はかかっていなかったという(ソース)。2階ベランダから飛び降りた人は助かっており、とっさの判断が生死を分けた。この建物は1階から3階まで螺旋階段を設置しており、これが一気に3階まで火が回った原因でもある。また、建物の規模が小さいためにスプリンクラーを備えておらず、非常階段もなかった(建築基準法の規制には適合している)。なお後の検証で点火から30秒後には塔屋部で92.5℃、3階フロアで300℃に達しており(ソース)、店舗などで一般的なロール式の防火シャッターでは作動に到底間に合わない

7月19日に京都府警は会見を行い、現住建造物放火と殺人事件での立件を視野に入れた100人体制の捜査本部を設置することを表明した。下記の容疑者と目される男について、大阪府内の病院で入院加療中の男を、事件の重大さを理由に実名を公表。逮捕前から実名が公表され「容疑者」呼びで報道されるのは異例の措置であるが、それまでの間、一部ネット上で犯人はNHKディレクターの知り合いだとか、在日朝鮮人・在日韓国人であるといった事実無根の情報が流布した。

第一報が入った時点で、日本では前代未聞のアニメーション制作拠点を狙った放火事件として注目され、被害の全容が明らかになるにつれ、世界各国のアニメファンだけではなく、業界で日々アニメーション制作に携わる声優、監督をはじめ多くのスタッフ達にも大きな衝撃と悲しみが走った。

事件のあった第1スタジオは京アニの主要監督・主力アニメーターが揃っている上に、サーバーセンターが併設されている京アニの要とも言うべき施設であった。八田社長は当初、事件当日はNHKが取材に訪れる予定だったため、一時的にセキュリティシステムを解除していたと説明したが、後に京アニの代理人弁護士は、そのシステム自体が存在せず、普段から無施錠だったと訂正した(ソース)。よって、NHKの取材予定がなくても大きな被害が出ていたと考えられる。

7月21日の京都市議会での消防局報告によると、スタジオの防火設備は法令に適合しており、前年の査察においても十分と判断された。日頃から防災訓練もされており、2014年度に消防局から表彰もされたほどだった。そもそも、現代の建築物は、大量のガソリンが持ち込まれ火をつけられるような状況は想定していない。そのため、京都市消防局は京アニ側の防火対策は適切だったと判断している(ソース)。

報道されている安否不明者の中には著名なスタッフの名も出てきているが、死亡した被害者の多くは外見ですぐ身元が判別できないほど損傷が激しく、DNA鑑定などで全員の特定に1週間近くを要し(ソース)個別の安否については同社や警察からはすぐには公表されておらず、双方とも「被害者家族と協議して時期や表現を判断する」として実名公表を控えるよう要望(ソース)していた。にもかかわらず、解禁前に報道陣が被害者の葬儀に押しかけたり献花台に訪問したファンや親族を追い回す被害が発生している。

京都府警は、本件の死亡者のうち、8月2日に公表に同意が取れた10人のみ氏名を公表(ソース)、した。8月20日には日本経済新聞社など京都府内に取材拠点を持つ報道機関12社でつくる「在洛新聞放送編集責任者会議」が未公表の死亡者の実名を早く公開するように府警に要求(ソース)、結局京都府警側は残る25人の犠牲者の氏名に関し、20人の遺族から反対があったものの報道側の要請に応じる形で8月27日に全員の名前を公表することになった。この公表時期にあたっては、警察庁側から「お盆前を避け全員の葬儀が済んで以降」と指導があったというソース
生存した重軽傷者の名前は公表されていない。家族の心痛が深いことから、京都府警の捜査本部は多くの人数を彼らのケアに当てている(ソース)。名前は公表されていないものの、韓国外交省は韓国人女性スタッフが1名重傷であったことを公表し領事館が支援する方針を表明した(ソース)。

この事件で被害に遭った社員33名のうち、事件から3ヶ月たった2020年10月時点では27名が職場復帰しているという(ソース)。

犯人について

事件の犯人(本来は容疑者と表記すべきだが、身柄確保時の状況から彼が犯行を働いた本人であることは確実であり、容疑者自身も認めているのでこう表記する)は、犯行を起こしたその日に身柄を確保された。

犯行当時、犯人自身も爆発に巻き込まれ、足などに火のついたまま第1スタジオから逃走した(ガソリンの引火性について詳しくは「ガソリン」の項目を参照)が、社屋から脱出した男性社員1人に取り押さえられ、駆けつけた警察が現場から約100m離れたところで確保した。

男は「第1スタジオの1階で液体を撒いて火をつけた」と認め、この時点で、故意による放火事件だったことが明らかになった。また男は、侵入した際に「死ね」と叫んだ様子や、警察に確保され「どうしてやったんだ」と問い詰められると「パクりやがって」「小説を盗んだからやった。社長を呼べ」と叫んだ様子も目撃されたが、この男自身も全身に重いやけどを負って意識不明の重体に陥り、取り調べがすぐにできる状況ではなかった。11月8日にようやく事情聴取が始まったが、犯行に至った動機は現段階では最初の証言と変わってはいない。当の本人は、「どうせ死刑になる」と開き直っていた様子。ソースなお、所持品には20リットル入りの携行缶が2つ、他にも複数の刃物とハンマーが入った手提げ袋があったという。

また、数日前からこの男と見られる人物が近隣の公園や京都市内のネットカフェで目撃されており、時間をかけて複数のスタジオを下見し隙を伺っていたと見られている。ガソリンの購入については、発電機用の燃料を口実にしていたらしい(携行缶での購入はたとえセルフスタンドであっても従業員を呼ぶ必要がある)。

京都アニメーションには数年前から批判や殺人予告が度々送られていたそうだが、今回の事件との関係は不明。容疑者の男は41歳の埼玉県さいたま市在住で、同社に勤務していたことはない。

男は2002年に下着泥棒の疑いで家宅捜索を受け(ソース2012年にコンビニ強盗を起こして逮捕・起訴され、3年6か月の実刑を受けた前科持ちであり、出所後は保護観察施設にしばらく滞在していた。男は、強盗事件当時の住居や本件当時の住居でもアパートの家賃を滞納したり悪臭を発したり、業務用巨大スピーカーを単身者用物件で大音量で鳴らす、退去時にも部屋を破壊するといったトラブルが絶えず(ソース、周辺住民が抗議すると脅迫や暴言を浴びせたという。

このような男の前歴や、京アニの作品の多くが原作付きであるため「京アニが自分の小説を盗んだ」と言う主張には首をかしげるアニメファンも多い。同社は「京都アニメーション大賞」で小説の投稿を受け付けているが、八田英明社長はこの男が過去に応募したことはないとしていた。だが、のちに社内で確認したところ、容疑者の男と同姓同名で住所も一致する人物からの小説の応募があったことがわかり、同賞に応募したと思われる小説原稿も容疑者宅から発見・回収された。代理人の弁護士によると、形式面の問題で一次審査を通過していなかったため、社内でも情報が共有されていなかったという。弁護士は「(容疑者の応募した作品は)京アニ作品との間に同一または類似する点は無いと確信している」と述べている。

このほか、男の自宅の家宅捜索では、破壊された巨大スピーカーなどとともに『響け!ユーフォニアム』など京アニ作品のDVDやサイン色紙、関連書籍などが多数押収され、男が京アニ作品に強い関心を持っていたことがうかがわれる。犯行前に『響け!ユーフォニアム』のゆかりの場所付近を歩いていたという証言もある(ソース)。放火に関しては、7年前に犯したコンビニ強盗事件時点ですでに強い関心を示していたという証言もある(ソース)。

後に取り調べで犯人は「これ(放火)なら大勢の人間を殺せると思った」等と供述している。

被害と影響

京アニは作画スタッフのレベルの高さでも知られ、第1スタジオには特にその中でも精鋭メンバーが集まっていた。その作画を支えた優秀なスタッフを多数喪ったり、負傷による長期離脱を余儀なくされたことからその被害は大変大きなものであった。

また、第1スタジオにあったこれまでの作品の原画や資料なども多くが失われた。八田社長は当初、第1スタジオにあった資材が火災により全て失われたと発表していた(ソース)が、代理人弁護士によると、サーバールームは焼損を免れており水もかぶっておらず、7月29日に専門家によってサーバーからデータを無事取り出す事に成功した。その中にはデジタル化された原画データ等も含まれていたという。(ソース)

死亡者数36人はこれまで(近代以降の)日本最悪の単独犯による大量殺人だった昭和13年(1938年)の「津山事件」の30人(負傷者は3人)を上回っており、現場がアニメーション制作拠点であったことを含めても、たった一人の犯人が起こした凶悪事件としては異例中の異例であり、平成以降の放火としても最悪レベルの死者を出した事件となってしまった。

また、事件を受けて、イベントや劇場公開の延期や中止も起きている。

  • 公開中の映画『Free! Road to the World―夢』にて、7月19日より解禁予定だった同作続編情報の公開を中止。また、11月に当初2020年7月としていた公開時期の延期(時期未定)が正式に発表された。
  • 7月20日から開始予定だった『響け!ユーフォニアム』の京阪電鉄コラボイベントを延期し、11月1日からとなった。
  • 2020年1月に全世界で公開される予定だった『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は「鋭意製作中」として延期され、2020年4月公開予定と発表された。しかし、年明け後の新型コロナウイルスの世界的な大流行の影響で2020年9月18日に再延期され、予定通り同日に公開された。
  • 2020年11月3・4日に予定されていた、「第4回京アニ&Doファン感謝イベント『届け!京アニ&Doのいろいろ編』」は、9月に正式に中止が発表された。なお追悼イベントとして「お別れ そして志を繋ぐ式」が11月2日に関係者を招いて行われ、3・4日は一般参列日となった。
  • 2020年2月28日に、京アニ版『アニ×パラ』(NHK放送)の制作中止を発表。

25日には消防庁がガソリンスタンド事業者団体に、京都市消防局が市危険物安全協会などに、同様の事件の抑止のため、携行缶でのガソリン販売について身分証の確認と、身元や使用目的等の詳細な販売記録作成を要請した。

その後

事件から2日後の7月20日、八田社長は第1スタジオを取り壊す意向を示した。全焼した建物を見たくないという人もいると考え、残さずに取り壊したいとしており、跡地に碑を建てようとの声もあるとしている。(ソース)

9月6日に2週間限定の公開を予定していた『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝-永遠と自動手記人形-』については事件の前日、配給会社・松竹に作品を納品したことから期間を3週間に延長し予定通り公開、キャリアが浅い入社1年未満のスタッフも藤田春香監督の意向によりエンドロールに名前が載ることとなった。

凄惨な事件の現場となった第1スタジオは事件の後仮囲いがされていた状態であったが、2020年1月から解体作業が開始され、同4月28日に完了。当面は更地のまま立ち入りができないように塀で囲むことになっている。京アニ側は解体後は公園のように整備し、追悼のための祈念碑を建立する意志を示していたが、現場周辺の住民から全員の署名と共に、これに反対する意見が出されている。(ソース

1992年の放送開始から、ほぼ1ヶ月半に1回の周期で製作工程の一部を請け負っていたTVアニメ「クレヨンしんちゃん」であるが、2020年1月11日の放送回で事件後はじめてOPで「京都アニメーション」の社名がクレジットされた。事件後はじめて制作の現場に復帰した事例と見られる(ソース)。

容疑者については2019年7月20日付で逮捕状が請求されたことが京都府警から発表。同26日に逮捕状の内容が「放火による火災で死亡した事が確実な33人の殺害・住居不法侵入・放火」に変更(変更前の内容は不明)、8月14日までに「35人の殺害、負傷者35人への殺人未遂、現住建造物等放火、等々」の内容で逮捕状が取り直され、事件発生から10か月後の2020年5月27日にようやく逮捕に至った(ソース)。

世界での反響

Kyoto Animation


世界的にも、「銃器や爆弾を使わずテロリストでもない個人の殺人事件」として重大な事件となったため、アニメファン以外も含む諸外国の人々にも大きな衝撃を与え、各国のメディアで大きく報じられた。SNSでは各国のアニメファンが嘆きや見舞いの言葉を投稿した。中国、フランス、エストニア、アメリカ、ブラジル、ノルウェー、トルコなど各国の領事館・大使館の公式アカウントは一斉に見舞いやお悔やみのコメントを発表し、国連のグテーレス事務総長、カナダのトルドー首相、台湾の中華民国総統・蔡英文なども声明を出した。
ベルギー大使館はタンタンラッキールークスマーフなどのキャラが黙祷を奉げるイラストをツイッター上で公開した。(件のツイート

また、21日にはロシアのモスクワで行なわれたイベントにおいて、およそ280人のアニメファンたちがこの事件の犠牲者たちに黙祷を捧げて追悼した。

同業のディズニーが「社員一同ショックを受け、心を痛めています」と日本語で声明を出したほか、京アニ作品も配信する中国の動画サイト「ビリビリ動画」は京アニへの直接支援を表明。同サイトのコメント欄は「祈福」(お見舞い申し上げます)「京阿尼挺住」(京アニ諦めないで)などのコメントで溢れかえった。Appleのティム・クックCEO、フィギュアスケート選手のジョニー・ウィアー氏など財界人や各界の著名人もお悔やみを述べた。

アメリカで京アニ作品の配給を担うSentai_Filmworksは事態を重く受け止めて、すぐさま50万米ドルを目標とした復興支援クラウドファンディングを実施。Twitter上でも#PrayForKyoaniのハッシュタグと共に瞬く間に共有され、寄付も続々と集まったことから目標金額も75万米ドルに引き上げられている。Adobeも5万ドル(1ドル=108円換算で、およそ540万円)の寄付を申し出た(ソース)。

2020年1月25日(現地時間)に、アメリカ、ロサンゼルスで行なわれた第47回アニー賞の追悼コーナーで犠牲者の追悼と短編作品「バジャのスタジオ」の上映が実施された。(ソース

日本国内の反響

日本国内でも多方面のクリエイター、著名人が本件へのお悔やみを述べた。
京都を地盤とする政治家や、自らもオタクであることを公言している議員のみならず、安倍晋三首相兼自由民主党総裁(当時)や立憲民主党代表・枝野幸男をはじめとする与野党の党首・多くの国会・地方議員が、参議院議員通常選挙の選挙戦のさなか、相次いでお悔やみコメントを出した。

アニメ業界では、アニメイトがお知らせでアニメイト各店舗で募金箱を設置すると発表した(発表当時は募金終了の時期は未定としていたが、9月1日をもって終了した)。設置当時は日本国内でこの他に義援金の送り先が全くといってなかったため、既に初日から募金箱がぎっしり埋まるほど来店客からの募金が集まっている(アニメイトの募金箱は透明式になっており、募金箱の中にはお札が多く入っていることが珍しくないことがツイッターなどでアップされている)。

京アニ自身も、多数の寄付申し出の声に応え寄付の受付を開設した。参照

XJAPANYOSHIKIも1000万円を寄付(ソース)。私企業への寄付は所得の課税対象となることから、超党派議員で作る漫画アニメ文化を支援する議連「MANGA議連」は菅義偉官房長官に同社への支援を要請(ソースソース)、菅も「義援金の受け入れに関して課題がある..しっかりサポートしていきたい」としている(ソース)。

また、鳥取県と岩美町も「Free!」で舞台設定での関わりがあった為に今回の放火事件での事態を重くみており、県と観光協会が県内各地に募金箱を設置して義援金を募っている。

9月6日、京都アニメーション公式ページにおいて義援金口座に寄せられた義援金全額を京都府に移管し、配分などを京都府が設置した配分委員会によって配分することを発表、9月20日付けで移管された。合わせて、寄せられた義援金は「特定寄付金」として税法上の優遇措置が受けられることになった。ソース ソース

京都府に移管された義援金口座は、10月31日で受付を終了し、配分委員会の最初の会合を11月12日に実施すること、これまでに集まった義援金は暫定集計で32億円を超えたことが発表されている。(ソース

2019年12月27日、京都府は知事の定例会見の場で義援金が最終的に33億4138万3481円となり、その全額を犠牲者遺族及び負傷者に配分することを発表した。遺族の家族構成や負傷の度合い、仕事への影響などを勘案して基準を定める方針。(ソース
また2020年2月の会合で、事件発生当時第1スタジオにいて、負傷を免れた1名についても義援金配分の対象者とすることがきまった。これにより配分対象者は70名となる(ソース)。

たまこまーけっと」のうさぎ山商店街のモデルとなった京都市の桝形商店街はアーケード内にメッセージを掲示した(ソース)。

8月16日、松竹マルチプレックスシアターズが、「京都アニメーションの皆様が生み出した数多くの素晴らしい作品を映画館の大スクリーンでお客様に観ていただく機会を作りたい」という趣旨で、「京都アニメーション特集上映」(いわゆる「リバイバル上映」)を開催することを発表、8月23日から「新宿ピカデリー」、「MOVIX京都」で上映が開始された(ソース)。特に「MOVIX京都」は京アニの地元であることもあり、1作品を1週間ずつ、合計18作品にわたり上映が開催される(ソース)。

「パクられた」に関して

容疑者の逮捕後の調べで、彼が「(応募作を)パクられた」と主張する作品の具体的なタイトルが出てきているが、京アニ側は「(自社の作品が応募作と)似る余地はなかった」と「盗作」を全面否定している。容疑者が投稿した小説は内容以前に応募規定を満たしていなかったために選考に進むことなく落とされており、京アニ関係者の目に触れることはなかったという(ソース)。京都府警は「パクられた」との主張を一方的な言い掛かりとみている(ソース)。

また、仮に京アニが容疑者の投稿作をヒントに脚本を作っていたとしても、彼の言い分が認められる可能性は極めて低い。「ボツ作品を(出版社などに)盗まれた」と主張するデビュー前の作家は多いが、仮に落選作を部分的に参考にしていたとしても(道義的にはともかく)法的には問題がないとされることがほとんど(参照)。「著作権」「パクリ」の記事に詳しいが、設定やストーリーラインから細部の表現までほとんどが一致している(=丸々パクっている)ような作品ならばともかく、ジャンルや大まかなストーリー展開のようなものは勿論のこと、セリフの部分的な一致、キャラクターの属性が共通している程度では盗作には当たらない。そもそも、こういった作品の細部が偶然一致するのはよくあることである。

この事件以降、京アニは「京都アニメーション大賞」の開催を休止し、「企画資料等をご送付いただいた場合、原則として開封せずに廃棄させていただきます」としている。

関連タグ

放火 火災 殺人 ガソリン 京都アニメーション PrayForKyoani

外部リンク

京都アニメーション放火殺人事件 - Wikipedia
京都アニメーション放火事件 - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

無差別殺人 むさべつさつじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「京都アニメーション第1スタジオ放火事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 268043

コメント