2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

スマーフ

すまーふ

ベルギー発の漫画作品とこれを原作とするアニメーション作品、及び作中に登場する青い小人族。"Smurf"のカナ表記。
目次[非表示]

日本では漫画が翻訳される前の1979年雪印乳業イメージキャラクターに起用しており、こちらのイメージが強い人も多い。

概要

「スマーフ」は、ヨーロッパのどこかの森の中に住んでいる。
青色の肌をしたリンゴ3個分の小さな体で、短い尻尾がある。

原作

作者はピエール・キュリフォール(Pierre Culliford)、ペヨ(Peyo)というペンネームで知られる。

ベルギーの漫画雑誌『スピルー(Spirou)』で連載していた『ジョアン(Johan)』の続編『ジョアンとピルルイ(Johan et Pirlouit)』のあるエピソード(1958年10月23日)で、スマーフが初登場を果たす。

オリジナルの名称は『シュトルンフ(Schtroumpf)』。多くの言語で『スマーフ(Smurf)』と訳され欧州各国で人気を博し、1959年にはスマーフを中心とした連載がスタート、1960年代初頭にはペヨが監督するスタジオが設立され、多くの漫画家が参加した。

関連イラスト

Smurfs: You never ceased
【スマーフ】映画のグラウチー


スマーフをスマーフしてみた
2の主演メンツ


漫画

『ジョアンとピルルイ』#9 - #16
『オリジナルシリーズ』#1(1963年) - #16(1992年)
1992年、原作者であるペヨが心臓発作で死去。享年64歳。以降は別の作家が引き継いでいる。
『オリジナルシリーズ』#17(1994年) - #31(2011年)

日本では1985年に、原書12巻分を再構成した『スマーフ物語』(訳・村松定史 / 編・小川悦子)全15巻がセーラー出版より刊行された。2002年には新装版で復刊されたが、現在はどちらも絶版。

2011年、小峰書店から再度復刊されているが、こちらも新品での入手は難しいようである。

アニメーション

1961年から1967年にかけて、10本の短編作品が制作されている。
1965年『Les Aventures des Schtroumpfs』(白黒)
1976年『La Flûteà 6 schtroumpfs』(『ジョアンとピルルイ』より)
1980年、合衆国のハンナ・バーベラ・プロダクションによるTVシリーズ『小さな森の精あいあむ!スマーフ(The Smurfs)』が制作され、1981年から1989年まで全9シーズン総計256話と、複数のスペシャルエピソードが放映されている。
2011年『スマーフ(The Smurfs)』(3DCG実写の合成)
2013年『スマーフ2 アイドル救出大作戦!(The Smurfs 2)』
2017年『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険(Smurfs: The Lost Village)』
2021年、CGアニメ『スマーフ』がベルギーとフランスで製作され、アメリカのニコロデオンなどで放送されている。なお、この作品は1981年版の続編である。

関連タグ

Johan&Pirlouit シュトロンフ ピエール・クリフォール ジョアンとピルルイ 小さな森の精あいあむ!スマーフ 森のスマーフ 

外部リンク

List of The Smurfs characters - Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

親記事

バンドデシネ ばんどでしね

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160473

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました