ピクシブ百科事典

OtakuWouldNeverYieldToTerror

おたくはけっしててろにはくっしない

『オタクは決して、テロには屈しない』京都アニメーション第1スタジオ放火事件を受けて、表現の自由を守りテロに屈しないとするオタク達の決意表明である。
目次[非表示]

Otaku Would Never Yield To Terror.
オタクは決して、テロには屈しない』

概要

2019年7月18日京都アニメーションの第1スタジオが放火され、35人が死亡するという事件が起きた。世界各国がテロの脅威にさらされる中で、日本でもこのような悲惨なテロ事件が起きてしまったのだ。

この事件をうけて、世界各国のオタク達が『PrayForKyoani』のタグなどで追悼の意を表明する中、テロ・暴力による表現の自由の侵害に対し『テロには屈しない』というオタクの強い意思を表明する一文となった。

……のだが、実際には犯人は犯行声明を出しておらず、シャルリー・エブド襲撃事件やデンマーク連続銃撃事件のような宗教的・思想的な理由で犯行に及んだ訳ではないと考えられるため、この事件そのものは既存のテロの定義にあてはまらない可能性が高いと考えられる。

しかし、いかなる宗教的・思想的理由があろうと、犯行声明があろうとなかろうと、既存のテロの定義にあてはまらないとしても、テロはテロである。

現代のテロリズム


現代のテロリズムは世界的に非常に複雑化している。また、テロを起こす人物が『必ずしもテロ組織に所属しているとは限らない』ため、かつてのテロの定義が当てはまらない可能性も多い。
現代はSNSも発展し、世界中の情報などが早く行き交う状況である。
そんな中、SNS等を通じて過激な思想を植え付けて、テロ行為に走らせる。テロ組織と接触させる必要も無い。

この手のテロリズムを『ホームグロウンテロリズム』と呼び、非常に対処が難しく、欧米などでも重大な脅威とされている。
過激思想に共鳴し、各国で独自にテロを起こすテロリストを『ローンウルフ』と呼んだりもする。

今回の事件に対し『犯人は悪くない』と言うYouTuberや、京都アニメーションを侮辱し、犯行を正当化する大学教授、それに賛同する人々も現れている。
このような状況はシャルリー・エブド襲撃事件後の状況(フランス国内の移民を中心に、実行犯に共感する人々もいた)にも酷似しており、『暴力によって表現の自由を侵害する事を正当化する』過激な思想こそがテロの本質とも考えることもできる。

【写真用素材】オタクは決して、テロには屈しない



関連タグ

京都アニメーション第1スタジオ放火事件
PrayForKyoani

ISISちゃん…イスラム国の過激な思想から人々を遠ざけるため、考え出されたキャラクター。

関連記事

親記事

京都アニメーション第1スタジオ放火事件 きょうとあにめーしょんだいいちすたじおほうかじけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「OtakuWouldNeverYieldToTerror」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12602

コメント