ピクシブ百科事典

ターム(ロマサガ2)

たーむ

ゲーム「ロマンシングサガ2」に登場するシロアリの一族。
目次[非表示]

概要


ロマサガ2の世界に生息しているシロアリの一種。シロアリとしてはかなり大型である。
現実のシロアリと同様に女王アリを中心とした社会集団を築いて生活しており、オスアリのマンターム、兵アリのタームソルジャー、羽アリのタームバトラーといった種類がいる。地下に営巣して生活する。

このシロアリの特徴は他の生物に卵を寄生させることで、寄生した生物の中で孵化して内側から食い破ってしまうという凶悪性である。実際、バレンヌ皇帝がサバンナを訪れた時は東の集落が壊滅させられていた他、地下にもともと住んでいたモール族も多くの者が被害にあっていた。最終的に皇帝とその護衛によってここの女王クィーンは倒され、サバンナのタームは壊滅するが、この戦いでクィーンが皇帝の体に卵を寄生させていた。そして後の時代、当時の皇帝が葬られた地下墓地で卵が孵化。母の記憶を受け継いだ新たな女王アリ(リアルクィーン)となり、ターム族を生んでアバロンを攻撃する。

このシロアリ一族だが古代人の時代から脅威とされてきたモンスターであり、当時の古代人たちを服従させようとして攻撃を仕掛けていたが、巣に乗り込んできた七英雄によって女王アリ(ドレッドクィーン)が倒され、この時代のタームは壊滅している。

女王アリは一般的なシロアリの女王以上に巨大な体つきをしており、産卵器官がものすごい長さになっている。それだけではなく女王が羽化することも可能なようで、羽化すると人間の女性のような姿になる。サバンナのクィーンは羽化する前に退治されているが、最終皇帝の時代のリアルクィーンは羽化しかかった状態で登場する。七英雄の時代のドレッドクィーンは当初は羽化しかかった状態で登場し、倒されると真の力を解放し、完全に羽化した、人間の上半身を持つ昆虫のような姿になる。

みんなのトラウマ

ネタとして浸透している面もあるものの上記のイベントは作中屈指のトラウマイベントとして語られてるが、
それ以上に羽アリ・タームバトラーのムチャクチャな強さが語り草。一例としては味方のHPが999カンストなのに

  • 小型ザコでありながら5934という高いHPを誇り倒しにくいうえ、2体同時に出現することがある。
  • ただのキックで1000オーバーのダメージを与えてくる。
  • 全体攻撃のストーンシャワーは耐性0だと850前後のダメージを受ける。
  • 一列攻撃の地獄爪殺法で1000近いダメージを与えてくる
という、ムチャクチャな攻撃力に集約される。初見でコイツに全滅させられたプレイヤーは数知れない。
虫系モンスター特有の状態異常耐性が低いという点を知っていればスタンハメや(皆)死ね矢で簡単に倒せるため、
ただのカモでしかないのだが本作では剣と大剣が強いためこれらばかり鍛えていると穴を付く手段が
武器固有技の分子分解しかないうえ、本作屈指の有用陣形であるラビッドストリームを使っていた場合、
全員が地獄爪殺法の餌食になるため1ターンで倒しきれないと次のターンで高確率で全滅が確定してしまい、
コイツに悩まされるプレイヤーが続出した。

関連

(後日追記)

pixivに投稿された作品 pixivで「ターム(ロマサガ2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23

コメント