ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本来は「電子式卓上計算機」の略だが、JISでは「電卓」が正式名になっている。

同じ機能を備えたパソコン携帯電話搭載のソフトウェアも「電卓」と呼ばれる。デスクトップのあるパソコンはともかく、携帯電話の電卓は既に「卓」関係ないんじゃとかツッコミ禁止。

1963年、英国で世界初の電卓が登場した。翌1964年にはシャープが国内で初めて電卓を発売している(商用としては世界初)。この時点での電卓は現在のレジスターレベルの大きさだった。

今のような手元で使える程度の大きさになったのは、1970年代初め頃。最初のマイクロプロセッサ(ワンチップCPU)はインテルが日本の電卓メーカービジコンの発注を受けて開発したもので、このCPUを搭載し1971年に発売されたLE-120Aは世界初のポケットサイズの電卓となった。1972年に登場したカシオミニは12,800円と画期的な低価格で(大体2019年の5万円前後に相当)、電卓が個人向けにも一気に普及するきっかけとなった。

1970年代においては新技術の実験台的な役目を果たしており、マイクロプロセッサやLED太陽電池液晶は、いずれも70年代の電卓で初めて実用化されたものである。

複雑な計算ができる関数電卓にプログラミング機能を持たせ高機能化したのがポケコンである。

派生

1980年激しい競争の結果、小型液晶電卓が供給過剰になっており、シャープでは液晶の他の用途を模索していた。ところが、これまで電卓以外では時計ぐらいでしか使われていなかったところに京都のおもちゃメーカーから意外なアイデアが持ち込まれた。そして、誕生したのが今日の携帯ゲーム機の始祖といえる「ゲーム&ウオッチ」(G&W)である。

同時期のカシオも似たような発想を抱いており、G&Wとほぼ同時期に「ゲーム電卓」を発売した。1980年のシューテシングゲーム電卓を皮切りに、ボクシングゲーム電卓、占い電卓、囲碁電卓、パチンコ電卓などを次々リリースし好評だったが、これらはあくまで電卓の付加機能でしかなかったのでG&Wのゲーム性に対応しきれなくなり、1980年代後半には生産を終了している。

使い手

金融機関や経理部門などでは異様に高速で電卓を叩く。計算の高速化のため、商業高校や会計学校等では利き手とは反対の手で打つよう指導される事が多い。筆記具から手を離さないためであるが、そのうちそちらのほうが利き手より速くなる。当然ながらタッチタイプの技能が必須であり、視野に入れるとしても液晶の数字表示部くらいである。

プロ仕様になると、四則演算しか使わない会計電卓でも使い手を選ぶ・・・というか計算の際の操作論理やキー配列がメーカー各社でまちまちで、先述の通りタッチタイプであるので仲間内ですら互いに安易な電卓の貸し借りができない。

関連タグ

計算 計算機 そろばん/算盤
カシオ カシオミニ キヤノン
コンピュータ 電子手帳 太陽電池 液晶

関連記事

親記事

計算 けいさん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「電卓」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「電卓」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101028

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました