ピクシブ百科事典

タイガー計算機

たいがーけいさんき

機械式計算機の一種。日本では広く普及し、機械式計算機の代名詞となった。

スウェーデン人技術者のウィルゴット・オドネルが開発した機械式計算機の一種。
オドネルは設計を広く使用する事を許可し、様々な国や企業で同じ設計のものが製造された。

タイガー計算機は、大阪府の大本鉄工所が大正12年に開発したのもので、当初は「虎印計算機」と名乗っていたが「タイガー計算機」と改称した。
日本では、他に殆ど同じ設計の機械式計算機を製造する会社が複数あったが、スーパーカブ(ビジネスバイク)やホチキス(ステープラー)と同様にタイガー計算機以外の同じ機能の機械式計算機も殆どが「タイガー計算機」と一括して呼ばれた。

この計算機は電卓に取って代わられるまで、そろばん計算尺とともに日本で最も多用された計算機であった。

四則演算の他に乗除算などが可能という性能の高さから、特に複雑な計算が行われる機械建築物、光学機器のレンズなどの設計に威力を発揮した。

外部リンク

タイガー手廻計算機資料館

ニッコール千夜一夜物語… この種の計算機を使用していた当時の様子の証言がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「タイガー計算機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント