ピクシブ百科事典

ロトスコープ

ろとすこおぷ

実写映像を基にしてアニメーションやイラストをつくる技法のこと。
目次[非表示]

概要

ロトスコープとは、モデルの動きをトレースした作画をアニメーションさせる手法。
一番一般的なものは、動画撮影などを行って入手した画像の上から、ソフトやツールを通して描き込みをしたりして創っている。背景は実写的描写だが、描かれている人物や物がイラスト調になるため、一風変わった作品が出来上がる。
動画撮影→トレースという手順を取る以上、通常よりも制作時間と費用が掛かるが、実写の動きをトレースしているために大変精巧な動きを見せることが出来る。
ロトスコープを全編使用した有名アニメでは、ディズニー映画の『白雪姫』や、アニメ版『指輪物語』(ロード・オブ・ザ・リング)など。

日本のアニメではあまり例がないが、2013年にアニメ『惡の華』に採用され、話題となった。


ロトスコープを使用した日本アニメ


また、80年代のTVゲームにおけるアニメパターン制作にこの技法が用いられた例もある。
パソコンゲーム「プリンス・オブ・ペルシャ」「カラテカ」がそれで、当時の解像度の低い機種の中にあって、驚くほどに滑らかなアニメパターンによるリアルな動きを実現したアクションゲームとして有名である。

関連動画



関連タグ

映像 アニメーション アニメ 技法

pixivに投稿された作品 pixivで「ロトスコープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126069

コメント