ピクシブ百科事典

八紘一宇

はっこういちう

八紘一宇とは、日本の建国において、建国者である神武天皇が唱えた建国精神である。
目次[非表示]

概要

日本建国者である神倭伊波礼琵古命が、大和を平定し土着の氏族の降伏を受け入れて、橿原神宮で初代天皇である神武天皇として即位した際の即位式において、神武天皇は

「六合を兼ねて都を開き、八紘を掩いて宇となさん。また可からずや」

と述べている。
「六合」とは『国のうち』「八紘」とは『天の下』「宇」『家の屋根』を意味しており、ここから『八紘一宇』という言葉が生まれた。

『天の下』とは「世界」という意味とされるが、これは当時の時代の価値観おいて、「世界」とは「国」のことであり、戦国時代などで言われる『天下統一』『天下』も同様の意味である。

よって八紘一宇の言葉の意味は『国を一つの家とする』という意味になる。
これは神武天皇の即位式に集まった、もろもろの氏族や土着の部族に対し、

「これからは国じゅう一軒の家のように仲良くしていこう」

という願いを述べられたものである。
言うなれば長い戦争のあとの平和宣言であり、同時に日本の建国の精神を示したものでもある。

神武天皇とユダヤ人

戦時中、日本は同盟関係にあったドイツから、ユダヤ人迫害政策への協力を再三申し入れられていたが、当時の日本政府はこの問題を内閣で最も重要な会議であった五相会議にて議論し、その中で当時の陸軍大臣だった板垣征四郎大臣が、

「神武天皇がこの国を開かれたとき、天皇は“八紘を掩いて宇となさん”と仰せられた。ユダヤ人を迫害するのは神武天皇のお言葉に反する」

との発言をし、これによって日本はドイツの協力要請を斥け、世界で唯一ユダヤ人を差別しない国策をとり、亡命ユダヤ人を受け入れている。

関連タグ

日本 皇室 天皇
神武天皇 建国者
建国精神

pixivに投稿された作品 pixivで「八紘一宇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49649

コメント