ピクシブ百科事典

新潟弁

にいがたべん

「新潟弁」は新潟の方言。
目次[非表示]
  1. 新潟市周辺で話される方言。
  2. 新潟県で話される方言。(長岡弁、高田弁、佐渡弁を含む)

の2種類ある。

新潟市周辺で話される方言

特徴

  • 「イ」と「エ」の区別が無い、またはごっちゃになる。
    • 下記の「色鉛筆」の例や、苗字の「井口」(ぐち)と「江口」(ぐち)、越後ちご)とちご)などに発音上の区別はない、など。
  • 女性でも一人称が「」。特に俺女という訳ではないが、ごく普通に使われる。
    • 特に高齢者の間で顕著だが、若い人の間では廃れつつある模様。
  • 「そうだ」が「そうら」になるなど、語尾の「~だ」が「~ら」に変化する。
    • 「やらぃやー」(嫌だなあ)「そうらぃや」(そうだよ)などのように小さい「ぃ」が入ることもある。

例文(単語)

新潟弁標準語
びちゃる(ぶちゃる)捨てる
なまら ※1、ばっかすごく、とても
えろいんぴつ色鉛筆
よむ ※2果物などが)熟す

※1北海道出身者がかなりの頻度で使っているため北海道弁と解釈されるケースが多いが、ルーツは新潟(主に下越で使われる。逆に上・中越ではほとんど使われていない)である。
※2活用形は「読む」と同じだが、「む」のほうにアクセントが来るように発音する。

例文(文章)

新潟弁 :「新潟はめしがうんめすけ、一度は来てみてくんなせや!」
標準語 :「新潟はご飯がおいしいので、一度は来てみてくださいね!」

新潟弁 :「自転車に乗っている人!危ねすけ、降りなせ!」
標準語 :「自転車に乗っている人!危ないから、降りなさい!」

新潟弁 :「今、なんかアルビが流行ってるみてぇらろも、試合見てるだけでおもっしぇえんらろっかねぇ?」
標準語 :「今、なんかアルビが流行ってるみたいだけど、試合見てるだけで面白いんだろうかね?」

新潟弁 :「この、ばっかよーよんでてうんめそうらね」
標準語 :「この柿、とても良く熟していて美味しそうですね」

関連タグ

新潟 言葉 会話 方言

pixivに投稿された作品 pixivで「新潟弁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27859

コメント