ピクシブ百科事典

山口弁

やまぐちべん

『山口弁』とは、主に山口県で使用される方言。
目次[非表示]

概要

大別して県西部(長州域)で使用される『長門方言』、県東部(防州域)で使用される『周防方言』の2系統があり、そこに地域特性が加わった狭域諸方言に細分化される。

構成

戦国時代までは地方豪族であった多々良氏を源流とする大内氏が32代、江戸時代以降は毛利氏毛利輝元を始祖とする長州毛利家)が13代に渡って統治し続け、「約700年の間に統治者の入れ替えが2回(大内→陶→毛利)しかなかった」という歴史的背景もあって全域から見た方言格差は比較的小さい一方、県西部は古来より大陸玄関口として港町が栄えた赤間関(下関市)を中心に博多弁と伊予弁、さらに北前船の重要拠点であった事から関西弁(わや、しばく、ぎっちょなど)、県東部は隣接地域によって広島弁や石見弁などそれぞれの影響を受けながら発展した。

歴史創作、特に幕末を舞台とした作品に登場する山口弁は古語表現が色濃く残る周防方言が主であり、長州の本藩が置かれたにちなんで『萩ことば』とも称されるが、県民同士の日常会話において使用される現在の一般的山口弁は標準語に近い構造を持ちつつ広島弁の影響が加わった長州方言を主としている。

つまり、県西部に比べて県東部、もっと言えば萩地域周辺にこそ純然たる山口弁が多く残されており、県西部では皆無に等しい「幸せます」(=非常に嬉しく感じます)もその1つである。

特徴

山口弁特有の表現には、会話内容によって「~っちゃ」「~いーね」「~そ(ほ)」「~じゃけぇ(やけぇ)」に相手の同意を尋ねる「~のんた(=~ですが、あなたはどうですか?)」の古典方言を加えた5つの語尾変化が存在する。このうち、「のんた」は絶滅危惧方言の1つに挙げられており、県内在住の古老を除けば常用者は極めて少ない。

また、特徴的な動詞に「やぶる」「はしる」「なおる」、形容詞に「えらい」が挙げられる。

やぶる

山口弁の「やぶる」には、標準語で言う所の「破る」に「壊れる」という意味も含んでおり、対象の大小に関わらず広く使用される。このため、山口弁ではテレビといった頑丈なものが壊れた場合にも紙や布同様に「やぶれた」と表現する。

<用例>
「ねぇお母さん、さっきっからテレビがまるで映らんのよ。やぶけたんかねぇ?」
「お前、せっかく買うてもろーたスマホもうやぶいたんか。は?俺の使わしてとか嫌いーね、貸さんっちゃ。」

はしる

山口弁の「はしる」には、標準語で言う所の「虫酸が走る」「悪寒が走る」と同じように何かが体内を駆け巡る状態、特に痛みを表現する際に使われる場合がある。しかし、現代の一般的山口弁では常用されない古典方言に分類される。

<用例>
「ちょっと歯医者行ってくるけぇ。うん、昨日から虫歯はしってぶち辛いそ。」
「あー、いけん。風邪ひいたんやろーか、背中に寒気がはしりよる。」

なおる

山口弁の「なおる」には、標準語で言う所の「治療する」「修理する」「正す」の他に「片付ける」の意味も含んでおり、多岐に渡る用法から他県民が首を傾げる方言の1つとされている。

<用例>
「あんたぁ猫背やけど姿勢なおさんかね。ほっぽらかしとったら、背骨が一生なおらんよーなるぞ?」
「お母さん、なおったゲーム機どこになおしたん?は?風邪なおさんと出してくれん?んな怒らんと機嫌なおしてーね。」

えらい

山口弁の「えらい」には、本来の「偉大な」という意味とはまるで異なる疲れや倦怠、辛苦を表す意味も持ち、同様に相手への慰労を意味する武家言葉「大儀」が形を変えた「たいぎ」、さらには関西弁の「しんどい」も存在する。山口弁では身体的なものに「えらい」を、精神的なものに「たいぎ」を使い分けて意味を強調し、それほど厳密な区分を必要としないものに「しんどい」を使ってそれぞれの状態を表現する。

ここで注意すべきは「ぶちえらい」と「えらそーな」の2語であり、前者は言葉の前後で「非常に偉い」という尊敬の念か「とても辛い」という状態を表すか、後者は同じく「踏ん反り返る」という軽蔑の念か「辛そうに見える」という心配を表すかに分かれるため、この用法を誤ると途端に会話が奇妙な方向に逸れてしまう。

<用例>
「今日の体育って確かマラソンやろ?あーあ、今からたいぎな。」
「そーそー、5kmも走らされてぶちえらかったっちゃ。見てみーね、まだ膝が笑ろーとるけぇ。」
「お兄ちゃん、えらい(この場合は「ぶち」と同義)しんどそーやねぇ。早よーお風呂入ってから寝りって。」

その他

軍人敬語表現「~であります」は山口弁であり、これは大日本帝国初代陸軍卿に就任した山縣有朋率いる陸軍閥の影響によるものとされている。

山口弁には標準語とは異なる独特のアクセントを持つものがあり、その代表が「あります」と「おいでませ」、「やまぐち」の3つである。

(標)「ありす」→(山)「ります」
(標)「やぐち」→(山)「まぐち」
(標)「おいでせ」→(山)「おいませ」

特に、「やまぐち」については「山口県」は「やまぐちけん」、「山口市」は「やまぐちし」と標準語と変わらないのに対し、地名の「山口」に限り「まぐち」に変化するため、山口県民は相手がどこにアクセントを置いて地名の「やまぐち」を発音するかで同郷者か否かを即座に見抜き、茨城県民が他県民に対して「茨城は『いばら』でねぐ『いばら』だ」と諭すのと同様に「山口は『やぐち』やのーて『まぐち』なんよ」と読みを改めさせる傾向が強い。

関連イラスト

  • 山口弁教本(長州版)
山口弁
山口弁【其の二】



  • 山口弁教本(防州版)



関連タグ

日本語 方言
長州 山口県 山口市 下関市

関連記事

親記事

方言 ほうげん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山口弁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54873

コメント