ピクシブ百科事典

藤崎真菜

ふじさきまな

アニメ『おねがいマイメロディ』のキャラクター。

CV:杉本ゆう

解説

夢野歌の同級生で小学校からの親友。一人称は「うち」で、関西弁で話す。本作の主なツッコミ役。
ボーイッシュ志向であり、制服時はスパッツを着用、私服はパンツスタイル。なお制服時もピアスをしているものの校則違反ではない模様。
スポーツ好きで身体能力が高く、男子に混じってサッカーをしたり、陸上部の助っ人に出るのみならず、ジムに通っていたり格闘術の心得もあったりする(合気道を習得している柊恵一には敗れていた)。スポーツ中継を楽しみにしていたりと鑑賞する方も好き。近所の小学生に指導をつけることもある。

そして可愛いものが苦手。そのレベルたるや反射的に回避し拒絶反応までも出るほど。元々あまり好きではなかったところを、幼少期従姉妹のハルミにぬいぐるみの山に押し潰されたことが決定的なトラウマとなった。
それ故可愛いの塊であるようなマイメロを進んで触れない程苦手で、触られそうになると体が拒絶し酷くなった場合気絶する。しかしマイメロにはやたら気に入られており苦労は絶えない。仲良くなりたい気持ちをテーマにされた「マナちゃんらぶ」という歌まで存在する。
しかし面倒見はいいので、歌の家の居候だからと何だかんだでマイメロの世話は焼いており、一応会話にも応じている(「嫌い」ではなく「苦手」と言っている辺り最低限の情はある様子)。
ここまで主人公や可愛いものを終始避けようとし、一貫して苦手意識を示す女児向けアニメのメインキャラもそうそういないのではなかろうか。

あくまで「可愛いものが苦手な女子」で性自認は女性であるため、悪夢魔法で男性同様の効果が出た際には複雑な反応をしている他、バレンタインで後輩の女子からチョコレートを貰った際も心外な反応を示している。また、魔法で一同が花に変えられる中自分だけだったことには落ち込んでいた(後にこの件はマイメロママに精神攻撃の材料にされた)。
意中の男性はいないが、理想の男性は「鼻中隔下制筋が通ってて三角筋と上腕三頭筋を鍛えている」。スポーツ好きゆえか筋肉フェチでもある模様。

可愛いものへの抵抗は徹底しており、無印終盤にて歌達と共に『夢防衛少女隊』に変身させられた際は、衣装のフリルを変身中に破り捨て頭に付いたリボンを投げ、咄嗟に衣装をカスタマイズした(『くるくるシャッフル』でも同様の演出でコスチュームを破り捨てている)。
『すっきり♪』にて半端に黒音符が取り憑いた際には強制的にマイメロ好きにされた。そのマイメロ目がけて駆け寄る様はクロミバクに「2度見てきた世界滅亡よりもある意味大事件」と評される。その後真菜に残っていた本心から、マイメロに駆け寄る最中手だけが硬直する事態に陥り、最終的に本心を取り戻してマイメロを空に殴り飛ばした。やはり嫌いなもんは嫌いらしい。

関連タグ

おねがいマイメロディ 夢野歌

pixivに投稿された作品 pixivで「藤崎真菜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48589

コメント