ピクシブ百科事典

プリンセスバブルガム

ぷりんせすばぶるがむ

プリンセスバブルガムとはアニメ『アドベンチャータイム』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

名前ボニベル・バブルガム(Bonnibel Bubblegum)
通称プリンセスバブルガム(PB)
年齢自称19歳(初登場時は自称18歳)海外版ゲームによると実年齢は827歳らしい
職業キャンディ王国の王女(サイエンティスト)
肌色ピンク(ピクルスの液体をかけられると緑色に)
髪色ピンクの長髪(ガムで出来ているのでたまに長さが変わる)
宝物マーセリンから貰ったロックTシャツ
CV田中理恵(パイロット版:ヒンデン・ウォルチ. ペイジ・モス)


キャンディ王国の統治者。科学技術に長け、一代でキャンディ王国を築いた。世界をつかさどる、火、氷、キャンディ、スライムの4つの元素のひとつであるキャンディを支配している。教えの書の鍵となる宝石の所有者の一人。マッシュルーム戦争の後、知能を持った粘菌から分化した。服装のバリエーションが多い。全部ピンク。可愛い。

性格

一人称は「わたくし」。科学が大好きで、よく城の中にある研究室に閉じこもって色々な物を作っている。好奇心旺盛で様々な実験を行うが、その結果トラブルを起こすこともある。国民思いで、よくイベントを開いて楽しませている。

科学万能主義

科学万能主義者。(社交辞令状、初期は口には出していなかったが)魔法は馬鹿げていると考え、全ての魔法は科学で説明できると信じている。国民の頼みを聞き魔法使いの町へ行った際は、魔法使いの長と口論となり刑罰を受けるほど。周囲はバブルガムを"科学オタク"と評している。
高い知識と技術を持ち、様々な発明品によって国民の生活を安定させてきた。その研究や発明がトラブルの種になることもしばしば。
生命科学は得意分野で、様々なキャンディ生命体を生み出している。しかしレモングラブやゴリアドのように思い通りにいかない事もしばしばある。

施政

国民の安全を第一に考えており、時には多数のために少数の犠牲を容認するリアリスト。
生まれたばかりのフレイムプリンセスを王国の脅威と判断した際は、王国を追い出したフレイムキングを説得し、小さなランプに閉じ込めた。フレイム王国の地下資源に細工をして大量破壊兵器を無力化した際は、フレイムプリンセスにバレて嘘つきだと思われた。
疫病治療の協力を得るためアイスキングを拷問しようとした事もある。
国民からの信頼は厚く。一度は選挙に落選しプリンセスの座を退位したが、国民の声によって王位を取り戻している。

軍事力

スーパーマリオで言うところの所謂「ピーチ姫ポジション」であり主人公のフィンの宿敵アイスキングから婚活と称して攫われては助けられると言うのが一連の流れ。…かと思えばそうでもなく、アイスキングに攫われたフィンとジェイクを救出したり、自ら前線へ出て王国への侵略者と戦ったりと、覇王的な側面もある。

変身、変化

バブルガムは体がガムでできているので、ときおり様々な姿に変身や変化する。いずれも後の回で元に戻っている。

ハゲ頭(緑色)

フィンが投げて遊んでいたブーメラン型の瓶に入った薬品を浴びて毛髪がなく全身緑色の状態になってしまった。この際、溶液入りのスーツを着たり、溶液の風呂が据え付けられたカートに乗り外出している。ナッツ公爵の仕業と決めつけ高笑いするバブルガムを見たジェイクは「イカれてるな」と評した。

リッチ化

アイスキングのミスで汚染された沼に落とされた際に、リッチに憑りつかれ全身が放射性物質で汚染され肉体がどろどろに溶けてしまった。一度は元の姿に戻るが、フィンを利用して多量の危険物質を取り込み巨大化して暴れた。後にアイスキングに凍らされ、崩れ落ちた際、バラバラ遺体のようになるが、後記の女児化で難を逃れた。

女児化

重傷を負って手術を受けた際、体の一部が足りずに年齢退行(13歳化)してしまった。後に国民の肉片(キャンディ)を取り込み元の姿に戻った。

顔面切断

アイスキングに顔の一部を切り取られてしまった。片顎がなく置き場を失った舌がだらりと垂れていた。終始、呂律(ろれつ)が回っておらず、ある意味必見である。

ゾンビ

自ら生み出したゾンビ薬のせいでキャンディピープルに噛まれてゾンビと化した。

キャンディ王国

建物や人、地面までもがキャンディでできた王国。中世を思わせる町並みだが下水や電力網が整備され部分的に近代化されている。住民には知らされずに無数の監視カメラが仕掛けられている。
強力なレーザー砲を備えた二体の番人に守られている。強力な大砲や科学障壁なども備えられており、強大な敵が現れた場合に用いられる。
警察はバナナガードが担っている。かつてはガムボールガードがバナナガードの代わりを勤めていた。暴力的すぎたためバブルガムの手によってほとんどが処分されたが、最後の一体はプリンセスの工作員として活動している。

関連人物

友人

フィン

バブルガムに思いを寄せている本作の主人公。バブルガム本人にはその気がなく、頼れる王国のヒーロー、可愛い弟分として接している。ジェイク(28歳・犬)がお膝にすりすりしてくるのは許したがフィン(13歳・人間)がするのは許さなかった。バブルガムが13歳の姿になってしまった時には本音を漏らした。

「できれば、ずっとこのまま、フィンと一緒にいたいけど…。」

フィンがフレイムプリンセスと付き合い始めた際には、バブルガムは二人の仲を引き裂こうとした。ジェイクはそれを嫉妬によるものだと邪推したが、実際はフレイムプリンセスの火力が高まり過ぎるのを防ぐためだった。

ジェイク「やきもちぃ~?」バブルガム「・・・うるさい。」

バブルガム自身が長命のため、フィンの前世ショウコとも関係している。

マーセリン

バンパイアクイーン。古くからの親しい友人。時には喧嘩もする事が、最後には仲直りをする。
バブルガムはクローゼットに二人で写っている写真を貼り付けているほど親しい間柄である。二人だけの時、マーセリンはバブルガムを「ボブルガム」と呼ぶ。マーセリンは赤色を食料としているため、バブルガムの肌から直接色を吸う事もあるほど。
バブルガムはマーセリンから譲り受けたTシャツをパジャマとして着ており、時おり臭いを嗅いでいる。なおこのTシャツは、マーセリンのぬいぐるみハンボを取り戻すため空の魔女マージャに渡された。マージャによると、とても強い思いが込められているとの事。
フィンと共に真実の扉の前で立ち往生した際は、マーセリンのバブルガムへの思いがこもった歌が歌われた。

「マーセリン、その歌嫌な感じだわ」
「好きじゃないっての?それとも嫌いなのはあたし!?」

レディ・レイニコーン

ジェイクの妻。ジェイクと結婚する以前から交友関係があり、時にはレディの背に乗って外出もある。レイニコーンの言葉(ハングル語)を理解している。

「!"#$%&'`{+}<>」
「パスタの硬さが何よ!」

ネディ

キャンディ王国の地下に住まうドラゴン。同じ粘菌から分化したバブルガムの弟。孤独を愛している。木の根を吸うと体から体液が流れ出る。体液は王国の水源になっている。

国民

ペパーミントバトラー

黒魔術を使うバブルガムの侍従。死の国の王との親交があり、悪魔を使役している。
バンパイアキングのサインを欲しがっていた。

ガムボールの番人

建国時から王国を守り続けてきた巨大なキャンディロボット。バブルガムが作り上げた。

シナモンバン

バブルガムの従者の一人。当初は声色が異なり、デブキャラの声をしておりなにかと抜けているが、プリンセスからは重用されている。悪魔が憑依している。
バブルガムの提案でランタンに閉じ込められたフレイムの事情をしっており、フレイムの従者となった。

バナナガード

キャンディ王国の防衛組織。数が多く同じ見た目をしているため見分けがつかない。平時の衛兵としての仕事は難無くこなし、法を犯したフィンを王国から追い出す事もある。しかし有事には全く頼りになららない。

ガムボールガード

バナナガードが配備される前に王国を警備していたロボット兵。好戦的なプログラムであったためプリンセスの判断で処分されてしまった。うち一体は処分を逃れている。その一体は公には処分されたことになっているが、バブルガムの密命を受け影から王国を守り続けている。

ゴリアド

バブルガムがキャンディ王国を統治するために作った生命体。永遠の命と心を読む能力を持つ。寝不足なバブルガムを気づかって、フィンとジェイクが教育係に立候補するも、大変なことになってしまう。

Mrシュークリーム

バブルガムの元彼。建国時代に付き合っていたが詳細不明。後に(第一話)ゾンビ化して王国を襲った。

ジェイムズ

変わり者のキャンディピープル。楽観的でいつもおかしな行動をとっている。ジェイムズが命を投げ出してバブルガムを助けた事から皆に尊敬されるようになった。
後にクローンとして再生された際は、勲章を欲して、バブルガムのために死んだふりを何度も行った。死ぬたびにクローン技術で再生されたため全部で51体もいる。

ジェイムズ「くーんしょ!くーんしょ!」
バブルガム「さびしくはないわ・・・」

レモンホープ

芸術の才に長け、自由を求めるレモンピープルの少年。レモングラブの生み出したレモンピープルなので、バブルガムにとって孫のような存在。レモングラブの会食に付き合わされたバブルガムがバスルームで保護した。
バブルガムはレモンホープがレモン王国の新しい統治者になる事を望んでいたが、
その期待を重圧と感じていたレモンホープはキャンディ王国から逃避し放浪生活を送る事となる。
放浪生活の途中で砂漠で脱水症状で危ないところを、バブルガムを彷彿とさせる老人の「フランネル・ボキシングデイ」に保護される。フランネルとの旅の中で自身の役割を思い描き、やがて持ち前の音楽の能力でレモングラブを倒しレモン王国の英雄となる。
バブルガムは、レモンホープをたたえる歌を作り、彼がレモン王国に残る事を望んだ。しかしレモンホープは自由を求め、身支度を整えてから「1000年後くらいに戻る」と言ってまた旅に出てしまう。1000年後、レモンホープは故郷に戻ってきた。

敵対

アイスキング

婚活中のアイスキングからは第一希望的な存在で狙われている。アイスキングの意思を持つ心臓「リカルディオ」(やたらと顔が濃い)から執拗に迫られる。
4シーズンまたいで再登場したリカルディオと肉弾戦で対峙しボッコボコにした。
一部の広告映像ではアイスキングと共に写る場面があり、赤地と青地の色の対象を見せた。

レモングラブ

バブルガムの化学実験によって生み出された生命の一人。バブルガム曰く失敗作。最初に生み出されたためキャンディ王国の王位継承権二位の立場にいる。慇懃無礼で他罰的。自身がこのような性格になってしまったのはバブルガムの責任だと考えている。
バブルガムが13歳の姿になってしまった時には代理としてキャンディ王国を治めたが、その独裁者的な振る舞いから、元の姿に戻ったバブルガムから追い出された。
後に自分の王国や国民を求めて暴走する。バブルガムはもう一人レモングラブを作り食料を与えたが、性格が災いし暴君と化した。

ショーコ

フィンの前世。幼い頃、両親がコンピューターと引き換えにするため右腕を失っている。
ならず者集団「バス・ボーイ・ギャング」の依頼を受け、バブルガムの首に下げていた"お守り"を盗むため、正体を偽ってキャンディ王国を建国中のバブルガムに近づく。番人の制作を手伝うようになるが、身の上話に同情したバブルガムの優しさに触れ罪悪感が芽生える。
バブルガムに義手を作ってもらい涙するが、結局はギャングの命令に逆らえずバブルガムから"お守り"を奪う。しかし完成した番人の攻撃を受け毒の川へ転落し、腕で這うことしかできない見にくい姿となり、ツリーハウスとなる小さな木の根元で眠りに付いた。後にフィンに予知夢を見せ、バブルガムにお守りを返させた。

ウーの王

キャンディ王国の国民から信頼されているペテン師の男。拝金主義者でバブルガムからは憎まれている。
プリンセスの施政に疑問を持っていたキャンディピープルを扇動し、選挙によってキャンディ王国の二代目プリンセスとなる。
その間、バブルガムは王位から退き郊外に移り住んでいたが、煙のヴァンパイアが王国を襲った際の救助活動が国民に認められ、再び王位を取り戻した。

バブルガムが王位を返した後も、ウーの王は反政府勢力に支持されている。

発明品

復活の薬

死者を生き返らせる薬だったはずが失敗してゾンビを生み出す薬になってしまった。後にフィンが解いた数式の「4」をヒントに、薬を完成させて死んだ国民を生き返らせている。

物見の玉

フィンの「教えの書」の居場所を教えた。迫力を出すためにバブルガムが最後に「ぷしゅ~」と言った。

ボールブラムバーグラーバー

爆発する弾を連射する強力なバズーカ砲。

P-Bot

人工の魂を持ったプリンセスの分身ロボット。本物よりも色恋に積極的。プリンセスにプロポーズするため醜いミュータントと化したブラゴのになった。

小ネタ

  • 戦争で滅びた直後の世界に繁殖していた粘菌がバブルガムの顔のような形をしていたが関連性は不明。飢えたサイモンと幼いマーセリンを助けた。
  • 非常事態や事故などによって髪型やスタイルが変わることが、翌回にはいつもの長髪に戻っている。




関連タグ

アドベンチャータイム
プリンセス ガム マッドサイエンティスト

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンセスバブルガム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409225

コメント