ピクシブ百科事典

風摩ようすけ

ふうまようすけ

風摩ようすけとは、『愛天使伝説ウェディングピーチ』のキャラクター。
目次[非表示]

愛天使伝説ウェディングピーチ』の登場人物。

プロフィール

生年月日1982年10月31日
星座蠍座
血液型O型
趣味サッカー(部活込み、観戦も含む)
好きな教科数学
CV上田祐司(現・うえだゆうじ


人物

聖花園学園中等部に通うももこの同級生。

サッカー部に所属。サッカー部でのポジションはゴールキーパーの補欠だが、その実力は優秀で、プロ選手の梶のシュートを顔面で受け止めるという犠牲の覚悟で防ぐほど。後にレギュラー選手となる。普段は真面目ながらも茶目っ気のある性格だが、指輪を奪われ戦意が喪失していたももこを救うためにアクエルダに対し自ら立ち向かうなど、正義感の強い健気な心の持ち主。

ももことの関係は、サッカーの試合の取材に来たももこのことを度々『ももピー』、『ももフグ』と呼んでからかってももことは対立ばかり繰り返していたが、そんな彼女のことを心底恋焦がれており、終盤においてももこの方も彼の想いを悟り、相思相愛へとつながっていった。

自らの危機に際して異様な力を発揮することがあり、愛天使や悪魔族を当惑させる。ももこの弱点を突く手段としてプリュイにさらわれた際、ピーチの正体がももこであることを知ったが、プリュイとの戦いを終えた後にアフロディーテによって愛天使や悪魔に関する記憶は消される。

幼いころに父親が失踪しており母子家庭の身の上となっている。

原作では母親と二人暮らし。休日には、よく母親に連れまわされる「友達親子」めいた関係だが、本人は年頃である事もあって少し鬱陶しいと感じている。父親に関しては「自分を捨てた」と思っており鬱屈した感情を抱いているが、それでも父を信じている母のために、それを表に出すことはない。母親から「父が持っていたもの」として、禍々しいデザインの腕輪をお守りとして持たされている。

アニメ版では母親が父の遺産で外国に留学している(留学しながら失踪した父親を捜している)ため、一人暮らしである。船乗りの父が仕事で花園町を離れる際、自分を守ってくれるという「お守りの鈴」を託されており、触れ合う時間は少ないながらも「父の愛情」をしっかりと感じて過ごしていたため、原作と異なり父に対して鬱屈する感情を抱いている描写はない。


※以下、ネタバレ注意!













その出自(以下節、ネタバレ注意!)


子記事「ヴィエント」も参照

終盤で、悪魔族の中でも最強といわれる風魔族(アニメ版ではラファール族)の血を引く『戦士ヴィエント』であることが明らかになり、その出自によって心ならずも、ももこを苦しませ、愛天使たちを苦境へと追い込む事となった。
理由を問わない「怒り・憎悪のウェーブ」を高めることによって悪魔に変身する事ができ、その力を行使できる。

原作版

「異様な力」が原因でスカーレット小原から疑いの目を向けられ、愛天使たちに呼び出される。そして「父親が残した腕輪」が原因でサルビアの聖ピュアソードで殺されそうになる。(その腕輪がスカーレットの「前世(サルビア)の記憶」の中にあった悪魔族ウラガーノの持ち物であったため)
それでも、ようすけを守ろうとするももこだったが、サルビアとピーチの対立の最中にウラガーノとポタモスが乱入。そしてウラガーノは、ようすけごと愛天使たちを抹殺しようとする。
苦しむ愛天使たちと、その愛天使たちを苦しめる原因が自らの父である現実に、ようすけは怒りを募らせ爆発させ、よりにもよって、ももこの目の前で悪魔族として覚醒。そして父によって悪魔界に連れていかれ、自らの出自を教えられるとともに「ウェディングピーチはヴィエントに怯えた」「その仲間である愛天使たち(というか実際はサルビア一人のみだが)もお前を殺そうとした」という事実を突きつけられ、結果として地上人としてのプライドを捨てレインデビラに忠誠を誓うとともに「ピーチを殺すのは俺の役目だ」と他の悪魔族に宣言。父ウラガーノの言いなりに愛天使(というかピーチ)を殺そうとした。だが、そこには大きな裏の思惑があった。(詳細はヴィエントの項目を参照)

だが、この事態にもともと聖サムシング・フォーの破壊と愛天使抹殺の任を受けていたポタモスが暴走。ヴィエントを慕っていた事も相まって「あたしがピーチ消しちゃえばヴィエントの手間なんて取らせずにすむ、みたいな?」という毎度お馴染みナナメ上の自己中発想を爆裂させ、ヴィエントの宣言を無視して、ももこの抹殺に動き出す。
この事態にようすけは、ヴィエントとして激怒し、ポタモスの敷いた策の渦中に乱入して、なんとももこを助けてしまう。その事がウラガーノに自らの本心を悟られるキッカケとなってしまい「人間の下らぬ心を捨てられぬ失敗作」として、再びももこもろともに誅殺されかかる。
だが、そんなようすけ(と、ももこ)を助けたのはなんとポタモスだった。自らの代わりに犠牲になって(して)しまったポタモスの姿にようすけは激怒。自らを、そして父を許せぬと力の差も厭わず敢然とウラガーノに立ち向かう。
だが、ももこはそれをよしとしなかった。ももこはようすけとウラガーノの戦いに割って入り、身を挺して二人を説得する。その姿は、二人にとっては他ならぬ「大事な人」である「ようすけの母親」にオーバーラップするものだった。ももこは「風摩家の家族愛」をヴィエントとウラガーノの前で体現し、そして示して見せたのである。

そして最終的にようすけ(と、ウラガーノ)は、自らも慕う「母の愛」を体現して見せた、ももこの大きな愛情に心を打たれて彼女との共闘を受諾し、自らが望む「ももこと共に歩める未来」を手に入れるためレインデビラへと立ち向かう決意をする。

最終決戦後は困難を乗り越えた恋人同士として、ももこと共に戦いの終結と共に互いの両親・家庭を取り戻す。戦いの記憶はそのままで、アニメ版に見られるような「戦いの記憶は邪魔」とするような描写はなく、それに関しては「二人の大事な思い出であり歴史」として昇華されている。かくて原作のラスト(10年後)ではももことの結婚に至ることになる。

アニメ版

当初はレインデビラからの暗示とともに女王直配下の悪魔であるカチューシャより憎悪のウェーブを注入される事で強制覚醒させられて、愛天使達と聖サムシングフォーを狙うようになってしまう。
ただ暗示と強制覚醒による無理な変身であったため、それを解いた後は関連の記憶を一時的に失っていた。ピーチとの戦いにおいてラブリーオペラシオンタンピートとセレーソの力を合わせた相乗浄化によって、ヴィエントの体から注入されていた悪のウェーブが飛び散り、ようすけの意識が覚醒。自身の正体を知ることになり、絶望。ネガティブとなり世のすべてを拒絶してしまい、ももこの言葉すら届かぬ自己破滅願望を吐露するヤケクソ状態に陥った。
が、それでも自分を救おうと奮闘してくれる変わらぬももこの優しさに心を打たれて立ち直る。さらにレインデビラ直属の分身たちと戦い、他ならぬレインデビラこそが自らの父親を殺した張本人であった事を知る。そして父の残留思念との邂逅を果たし「風魔族は悪魔界の秩序を監視する存在」であることを知り、これを取り戻すことを遺言される。これ受けて、良心に従い愛天使たちに最終的に協力を約束し、レインデビラ打倒に成功する。
レインデビラとの戦いを終えた後は、ももこの「普通の人間の恋人同士として平穏に生きたい」という願いを受け入れ、ももこと共にアフロディーテからヴィエントとしての記憶を消され、再び地上人として生きるようになる。

関連タグ

愛天使伝説ウェディングピーチ

花咲ももこ プリュイ
ポタモス川浪ひろみ

スカーレット小原 - (原作で)命を狙われる。
ヴィエント - スカーレットに命を狙われた原因。もうひとつの姿。

pixivに投稿された作品 pixivで「風摩ようすけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8439

コメント