ピクシブ百科事典

川浪ひろみ

かわなみひろみ

川浪ひろみとは、『愛天使伝説ウェディングピーチ』のキャラクター。

概要

CV:三石琴乃

通称ひろりん。身長157cm。体重44kg。好きな色は赤色と紫色。はねっかえり娘。
その正体は、水の使い手と同時に氷の使い手でもある『水魔アクア族 ポタモス』の仮の姿。水の場所から姿形を変える事が得意で、あらゆる水の空間を通り抜ける事も可能。

イグニスの消滅後に、ももこ達のクラスメイトとして転入してくる。そしてサッカー部マネージャーに入りようすけに近づく。ももこにとっては恋の最大のライバルとなる相手。

元はイグニス直属の部下(イグニス消滅後は悪魔族の幹部として引き継ぐ)だった。普段は悪魔族である素性を隠し、ぶりっ子な少女『川波ひろみ』(アニメ版では『川浪ひろみ』)として愛天使の正体を探り、その傍らでようすけに想いを寄せていた(この時、ようすけの悪魔のウェーブを感じ取っている)。

アニメ版ではようすけを離したくない思いから死ぬまで闇の妖気を出し続けるが、愛のウェーブを最大限にまで高めたピーチによって浄化されたことで、敗北を認め生還。人を愛することの素晴らしさを悟り(この時イグニスの気持ちを理解する)、以後は悪魔界のプライドを一切捨てた地上人『川浪ひろみ』として生きていくことを決意する。

原作では愛天使たちが勝てぬほどの圧倒的な強さを持つが、ヴィエント(ようすけ)のピーチへの強い想いを悟り、最後は「人間としての弱さを捨てられぬ失敗作」という理由でウラガーノに攻められたヴィエントを庇って死亡(消滅)する。

語尾に「〜みたいな」と付けることが多い。呼び方はイグニスは「イー様」と呼び、ようすけは「ようくん」と呼び、たくろうやももこ達は「〜ちゃん」と呼ぶ。

なお、LD-BOXの映像特典『愛天使戦隊最後の戦い』ではエンジェルポタモスとして、まさかの愛天使化。あからさまな公式が病気の具現者として物語を引っ掻き回す。(なお、この物語は特典映像ゆえの楽屋オチであるため、公式ではあるが正規のストーリーではない)

川波ひろみ

上記の通り、アニメおよび企画書では「川ひろみ」と表記され、本項ではそれに準じているが、原作漫画では「川ひろみ」となっている。

これは漫画連載当時における小学生の学習漢字に「浪」が入っておらず、代用字に「波」が指定されていたためである。

つまり番組の仮想視聴購読層である小学生が読めないであろうことを意識しての配慮。特に愛天使伝説ウェディングピーチを連載していた『ちゃお』を販売している小学館は自社が学習雑誌や低年齢向け学習参考書を手掛けていた関係から「学校で習わない文字をふりがな等を用いて読ませる」「年少者に学校で習わない文字を教える」という事には否定的なスタンスを取っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「川浪ひろみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3318

コメント