ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
センシティブな作品
息子に対して性的な愛着を持つ母親。稀に父親を指すこともある。

概要

概要

息子に対して性的な愛着を持つ母親で、息子コンプレックスの略。

心理学ではイオカステーコンプレックスと呼ばれている。

良くない夫婦仲や離婚、別居などにより夫との関係が希薄な家庭環境だとなりやすいと言われている。本来夫に向けるべき感情を、息子へ向けて満たそうとしてしまうからである。

稀に父親を指すこともある。


なお、母親に対する場合は英語の「マザー」を用いるのに対し、息子に対するそれには「サン(Son)コン」という呼称は使われない。語呂が悪いからか

また、娘に対して異様に愛着する父親の持つ感情を「ムスメコン」や「ドタ(Daughter)コン」と呼ぶような事も、何故かあまり無い。


派生

派生

息子の悪事をなんでも許してしまう溺愛型、息子に近付く悪い虫をセコム化してすべて跳ねのける過保護型、(例えば)授業参観に浮いた服装で来て迷惑をかけてしまう独善型、(例えば)生きた息子に会いたいあまり入院している息子の人工呼吸器を外してしまう自己愛型、息子から無心したり足を引っ張ったりする毒親型など、息子に性愛を抱くのと別の意味で問題のムスコンもいる。

すべて父親×娘、父親×子ども、母親×娘でもあり得るパターンだが、フィクションではなぜか母親×息子に焦点が当たるパターンが多い。


ムスコン持ちな母親たち

ムスコン持ちな母親たち


関連タグ

関連タグ

コンプレックス 近親相姦 イオカステーコンプレックス

母×息子 息子×母

父×息子 息子×父

概要

概要

息子に対して性的な愛着を持つ母親で、息子コンプレックスの略。

心理学ではイオカステーコンプレックスと呼ばれている。

良くない夫婦仲や離婚、別居などにより夫との関係が希薄な家庭環境だとなりやすいと言われている。本来夫に向けるべき感情を、息子へ向けて満たそうとしてしまうからである。

稀に父親を指すこともある。


なお、母親に対する場合は英語の「マザー」を用いるのに対し、息子に対するそれには「サン(Son)コン」という呼称は使われない。語呂が悪いからか

また、娘に対して異様に愛着する父親の持つ感情を「ムスメコン」や「ドタ(Daughter)コン」と呼ぶような事も、何故かあまり無い。


派生

派生

息子の悪事をなんでも許してしまう溺愛型、息子に近付く悪い虫をセコム化してすべて跳ねのける過保護型、(例えば)授業参観に浮いた服装で来て迷惑をかけてしまう独善型、(例えば)生きた息子に会いたいあまり入院している息子の人工呼吸器を外してしまう自己愛型、息子から無心したり足を引っ張ったりする毒親型など、息子に性愛を抱くのと別の意味で問題のムスコンもいる。

すべて父親×娘、父親×子ども、母親×娘でもあり得るパターンだが、フィクションではなぜか母親×息子に焦点が当たるパターンが多い。


関連記事

親記事

兄弟記事

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

センシティブな作品
息子に対して性的な愛着を持つ母親。稀に父親を指すこともある。

概要

概要

息子に対して性的な愛着を持つ母親で、息子コンプレックスの略。

心理学ではイオカステーコンプレックスと呼ばれている。

良くない夫婦仲や離婚、別居などにより夫との関係が希薄な家庭環境だとなりやすいと言われている。本来夫に向けるべき感情を、息子へ向けて満たそうとしてしまうからである。

稀に父親を指すこともある。


なお、母親に対する場合は英語の「マザー」を用いるのに対し、息子に対するそれには「サン(Son)コン」という呼称は使われない。語呂が悪いからか

また、娘に対して異様に愛着する父親の持つ感情を「ムスメコン」や「ドタ(Daughter)コン」と呼ぶような事も、何故かあまり無い。


派生

派生

息子の悪事をなんでも許してしまう溺愛型、息子に近付く悪い虫をセコム化してすべて跳ねのける過保護型、(例えば)授業参観に浮いた服装で来て迷惑をかけてしまう独善型、(例えば)生きた息子に会いたいあまり入院している息子の人工呼吸器を外してしまう自己愛型、息子から無心したり足を引っ張ったりする毒親型など、息子に性愛を抱くのと別の意味で問題のムスコンもいる。

すべて父親×娘、父親×子ども、母親×娘でもあり得るパターンだが、フィクションではなぜか母親×息子に焦点が当たるパターンが多い。


ムスコン持ちな母親たち

ムスコン持ちな母親たち


関連タグ

関連タグ

コンプレックス 近親相姦 イオカステーコンプレックス

母×息子 息子×母

父×息子 息子×父

概要

概要

息子に対して性的な愛着を持つ母親で、息子コンプレックスの略。

心理学ではイオカステーコンプレックスと呼ばれている。

良くない夫婦仲や離婚、別居などにより夫との関係が希薄な家庭環境だとなりやすいと言われている。本来夫に向けるべき感情を、息子へ向けて満たそうとしてしまうからである。

稀に父親を指すこともある。


なお、母親に対する場合は英語の「マザー」を用いるのに対し、息子に対するそれには「サン(Son)コン」という呼称は使われない。語呂が悪いからか

また、娘に対して異様に愛着する父親の持つ感情を「ムスメコン」や「ドタ(Daughter)コン」と呼ぶような事も、何故かあまり無い。


派生

派生

息子の悪事をなんでも許してしまう溺愛型、息子に近付く悪い虫をセコム化してすべて跳ねのける過保護型、(例えば)授業参観に浮いた服装で来て迷惑をかけてしまう独善型、(例えば)生きた息子に会いたいあまり入院している息子の人工呼吸器を外してしまう自己愛型、息子から無心したり足を引っ張ったりする毒親型など、息子に性愛を抱くのと別の意味で問題のムスコンもいる。

すべて父親×娘、父親×子ども、母親×娘でもあり得るパターンだが、フィクションではなぜか母親×息子に焦点が当たるパターンが多い。


関連記事

親記事

兄弟記事

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    転生令嬢、結婚のすゝめ~悪女が義妹の代わりに嫁いだなら~

    原作:三糸べこ 漫画:佐木田すい

    読む
  2. 2

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    悪役令嬢の中の人~断罪された転生者のため嘘つきヒロインに復讐いたします~

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む

pixivision

カテゴリー