ピクシブ百科事典

アスモデウス

あすもでうす

スペルはAsmodeus。 『サタン』を関する大悪魔・魔王・元智天使 『デウス』は神を意味する。 ソロモン72柱。及び七つの大罪。
目次[非表示]

概要

旧約聖書外典『トビト記』等に登場する、ユダヤ教キリスト教悪魔の魔王。
七つの大罪色欲を司る堕天使で、元は智天使であったといわれる。

グリモワールの一つ『ゴエティア』によると、ソロモン72柱の魔神の1柱で、アマイモン配下の東方の悪魔の首座であり、72の軍団を率いる序列32番の大いなる王とされる。

容姿はの頭とガチョウの足、毒蛇の尻尾を持ち、手には軍旗を持って地獄に跨り、口から火を噴くという。 姿を見ても恐れずに敬意を払って丁寧に応対すれば非常に喜び、指輪やガチョウのをくれたり、幾何学天文学などの秘術を教えてくれるという。

アスモデウスの話としてトビト記の書物にこういうのがある。
アスモデウスはサラという少女に取り憑き、彼女が結婚するたびにを殺していた。そんなある日トビアアザリアという若者がやってきた。アザリアはトビアにサラと結婚するように言う。トビアは断ったが、「内臓焚き火に入れれば大丈夫だ!」というアザリアの助言により結婚を承諾。結婚の初夜、焚き火に魚を焼くとなんとアスモデウスが逃げている。と、その直後アザリアがラファエルに変身し、彼を連れ去った!。そう、実はアザリアはラファエルだったのだ。その後アスモデウスはエジプトに幽閉されたとういう。ちなみにアスモデウスはサラには手を出していない。これはアスモデウスが小心者だったからだという(色欲の悪魔なのに・・・)。

また、アスモデウスは唯一ソロモン王に抗えた悪魔でもある。
ソロモン王は72柱の創設者でもあり、ベルゼブブですら適わない。それはから授かった指輪のおかげだった。アスモデウスはこれを盗んで、に投げ捨て(自分が使うことはできない)ソロモン王を無力化し、一時期そこの悪魔の王として君臨したのだ。しかし海にいた魚の中から指輪が出てきた。そう、魚が指輪を飲み込みそのまま釣り上げられてしまったのだ。ソロモンは指輪を再び手にし、アスモデウス共をけちらし、再び王になったのである。それ以降ソロモンは指輪を大事にしたという。と、まあ悪魔の中でも名高いことをしたのである。ちなみに魚の内臓が嫌いなのは魚の内臓から指輪が出たからだと思われる。

デモンブライドのアスモデウス

闇咲紅花のブライド
属性は闇 大罪は色欲
言葉巧みに紅花を唆して契約、彼女からは嫌われているが大して気にしていない。

Fate/GrandOrder魔神柱アスモダイ

観測所フォルネウスの指揮下にあり、当作品では原典のような活躍や狂言回しは無かった。

関連タグ

悪魔 デーモン 七つの大罪 ラスト
色欲 肉欲 性欲

pixivに投稿された作品 pixivで「アスモデウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1250885

コメント