ピクシブ百科事典

FFUSA

ふぁいなるふぁんたじいゆーえすえー

ゲーム「ファイナルファンタジーUSAミスティッククエスト」の略称
目次[非表示]

日本名は「ミスティッククエスト」である。
アメリカで開発・発売されたファイナルファンタジーシリーズの外伝作品が、翻訳輸入されたもの。

概要

「FINAL FANTASY USA Mystic Quest」
日本では1993年9月10日にスーパーファミコン (SFC) で発売。
前年にアメリカで「FINAL FANTASY Mystic Quest」として発売されたものを翻訳逆輸入したもの。
作中のタイトル画面で「FINAL FANTASY」と表示されるのはアメリカ版のみであり
他の日本版・ヨーロッパ版では付かない(日本版のタイトル画面では「Mystic Quest」のみ)

なお「USA」と付くが実際の開発は日本のスクウェア大阪が担当。
元々は、海外でFF4が難易度を下げてFF2として出された(後に日本でもイージータイプとしてリリース)のだが人気が振るわず、その原因を「まだ難易度が高すぎたのか」と考えたスクウェアが大幅に難易度を簡単にしたFFとして本作を作ったとのこと。
しかし海外ではあまり評価されず、日本でもFFという名前が付きながらストーリーが単純明快すぎて難易度も低いことで異色な作品となってしまっている。
これを受けて海外版FF6(FF3)はほぼ日本の難易度のままでリリースされることになった。

後にバーチャルコンソールで配信されている。

ストーリー

FFの定番「クリスタル」がとても深く物語に関わっている。
またとてもストーリーが短くあっさりしており、それでいてキャラが生き生きしている。
聖剣伝説のような、アクションRPGの要素がある。

システム

武器・魔法は回数制。
敵はシンボルエンカウントで、フィールド上でジャンプなど出来る。
セーブは何処でもでき、武器やアイテムで道を切り開く。
DQのようなフロントビューと、FFの中でも異彩を放っている。
同じ開発スタッフのGB版の『サガ3時空の覇者』とも酷似しているが、システムは本作の方が単純である。

キャラクター

主なボス


余談

ヌルゲー扱いされることが多く、作品としてはマイナーだが、
笹井隆司川上泰広両名による楽曲の評価は高い。
特にバトル曲やラストダンジョンのBGMは人気が高い。
キャラクター、世界観もいいと言われている。

本作のロックFF6ロックは偶然同じ名前・年齢・職業になったらしい。ザッシュカレンレッドフェイも他のスクウェア作品に同名のキャラが登場するが、こちらはメーカーからの説明はない。
FF7と並ぶダブルヒロインのどっちがメインヒロインか不明なFFシリーズだが、恋愛描写は控えめである。

主人公のザッシュは後にシアトリズムやピクトロジカ等のオールスター系ゲームに出演している。

Pixivにおいて

pixivではダブルヒロインであるカレンフェイのイラストが多い。
フェイの「あーぜつぼうてきよ」の台詞が一部で有名である。
EDのザッシュが仲間に見守られて感動的に旅立つシーンが、修羅場やらロック駆け落ちするホ○EDに見えるやら言われているが、公式ではない。

関連タグ

ファイナルファンタジーシリーズ ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト レトロゲーム
ザッシュ カレン(FFUSA) フェイ(FFUSA) ロック(FFUSA) レッド(FFUSA)

pixivに投稿された作品 pixivで「FFUSA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70199

コメント