ピクシブ百科事典

無色の派閥

むしょくのはばつ

サモンナイトシリーズに登場する派閥の1つ。

蒼の派閥金の派閥等とは違う、原理主義的な召喚師による集団・・・と言うよりもはやテロ集団と言っても間違いはない。
過激派が多く、サモンナイトサモンナイト3では召喚術を利用して世界を滅ぼそうとしたり、国家の転覆をもくろんでいたオルドレイク・セルボルトによって物語が大きく動くこととなる。
ちなみにオルドレイクは「派閥全体のボス」ではなく、「派閥の中の一派のボス」という位置づけ。
所属する者全てが同じ方向に行動しているわけではないらしい(サモンナイトコレクション・スタッフコメントより)。

実は「王国」時代におけるエルゴの王の重臣として活躍した召喚士達の集まりとも言われ、実際に無色の派閥の創設者は、エルゴの王の右腕として活躍した召喚師ゼノビスである。古の秘伝を引き継いだ、現在では得体の知れない強力な召喚術を扱う召喚師も少なくない。


関連タグ

サモンナイトシリーズ サモンナイト クラフトソード物語 無色 
【ぴーさも】

コメント