ピクシブ百科事典

オルドレイク・セルボルト

おるどれいくせるぼると

サモンナイトシリーズに登場する敵キャラクター。1と3に出演。

概要

CV.徳丸完(サモンナイト)、山崎たくみ(サモンナイト3)
召喚術によるリィンバウム支配を目論むテロ集団「無色の派閥」に存在する、ある一派のボスであり、セルボルト家の現当主。
元はセルボルト家の人間ではなく、ツェリーヌ・セルボルトを娶ることで家名を継いだ婿養子。
強大な力を持つ召喚師で、霊界鬼妖界の2属性召喚術を操ることができる。ただし何らかの理由で弱体化したのか、初代サモンナイトでは霊属性のみになっている。

冷酷な野心家であり、初代サモンナイトに登場するバノッサやパートナーキャラ(ソルorキールorカシスorクラレット)は彼の子供であるが、魔王召喚計画のための道具として利用している。なお、オルドレイクは妻ツェリーヌの他にも多数の女性と肉体関係を持っているらしく、パートナーたちがツェリーヌとの間に生まれた子かどうかは定かではない。バノッサとその母親のことは過去に捨てていた。

サモンナイト終盤にて、全ての真実を知ったバノッサの怒りを買い、殺害される。
過去の物語であるサモンナイト3では、弟子だったヤードに研究対象の魔剣を盗まれ、抜剣覚醒したイスラの反逆により負傷している。
都合の良い駒として利用した相手に反逆されて痛い目に合うのは、因果応報といったところか。
タロットカードでの位置付けは「塔」。正位置・逆位置どちらも悪い意味しか持たないカードに配置されたのも納得がいく。

関連タグ

バノッサ ソル キール カシス クラレット ヤード
サモンナイト サモンナイト3 無色の派閥

pixivに投稿された作品 pixivで「オルドレイク・セルボルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 892

コメント