ピクシブ百科事典

ヤミノリウスIII世

やみのりうすさんせい

ヤミノリウスⅢ世とは、エルドランシリーズ第二作『元気爆発ガンバルガー』の悪の魔導士。もとい愛すべき馬鹿。 
目次[非表示]

CV:曽我部和恭
ヤミノリウスのタグで登録されている作品が多いが、正確にはこちらが正しい。

概要

 エルドランシリーズ第2作「元気爆発ガンバルガー」の悪役もとい愛すべき馬鹿。一部では「ヤミノさん」と呼ばれている。
 魔王ゴクアークが再封印される瞬間放たれた大魔界の闇の魔導師。魔界歴43年5月8日生まれ。身長225cm(気分によって変化)、体重21kg。趣味は料理と散歩、魔人の召喚、新たな魔法の開発。特技はモップでの掃除。好きなものは魔界鍋と日本酒。嫌いなものはカレーライス。電気コードを見ると抜きたくなるのが癖。好きな異性はサマンサ。苦手なものはガンバーチーム

 人間界を混乱に陥れ、魔王復活を含め魔界獣を召喚し使役するのが任務。普段は青空小学校の理科実験室に置いてある骨格模型を隠れ蓑にし、一方でジャーナリストの闇野響史やバスガイトの闇野リウ子として雑踏に紛れる。左手に嵌めているのは魔人を遠方から呼び出す魔界リングでお洒落アイテム。

 地上に降り立った時はすっぴん状態であったが、青空町の新鮮な空気を嫌い、大魔界の空気を充満させたフラスコを被っている。首や関節、足は存在しない(魔界獣の一種と言われるのはその為)。

ヤミノリウス様 第1話バージョン



初期は一応美形悪役路線だったのだが、3話で早くもギャグキャラ化。以降視聴者を和ませる萌えキャラ化の一途を辿る。要は前作ベルゼブタイダーを足して割ったらこうなる。

性格

 任務にはとても忠実で、魔王への忠誠心も極めて厚いのだが、ドジでマヌケな性格が全てを台無しにしている。妙に公正なところがあり、野球の審判を務めた際にはまともに審判を行った。
 またチクタークなどの魔界獣にいらんことを言って反論されたり、振り回されることも多い。そして魔界獣の能力を喰らい大概ひどい目に遭っている。一応は大魔界のエリート家系の出であるが、その中でも落ちこぼれだったらしい。
 小学生の虎太郎や幼稚園児の哲哉と秋絵に笑われからかわれる挙げ句、青空町の住民からは「町で騒動を起こす迷惑おじさん」と認識されている。
 ガンバルガーとゴクアークの決戦では、援護しようとしたら間違えてゴクアークを二度も攻撃してしまいガンバーチームを逆転勝ちさせてしまう。
 しかも攻撃力は高いんでこうかはばつぐんだ!ドジっ子属性恐るべし!

 責任を感じてしょんぼりとしていたが、電線に引っかかってたゴクアークの魂を吸収してパワーアップ。超魔界獣を作成できるようになった。それからは魔界獣のネタ探しに頭を悩ませる姿が散見されるが、「魔界料理食べたい」とか「バカップルへの憂さ晴らし」といったしょうもない理由で超魔界獣を作ってもいる。
(ゴクアークを吸収した後は尻尾と肩にゴクアークの意思が宿っている設定なのだが、彼の間抜けさが感染ってしまっていた)

さあ出でよ、今こそ解き放て!
プンプン


 
 人間界にひとりぼっちで寂しかったらしくお嫁さんを欲しがっていたが、その願いは思いもよらない形で叶うことに。→ヤミ亜衣

巨大化したゲキリュウガーにレンズドンと一緒に殴り飛ばされた時に、思わず『負けるもんか! 元気爆発だ!!!』と虎太郎の決まり文句を言ったことも・・・

偉大なる大魔界

この姿を 見よ~☆


 歌うとイケメンボイスなヤミノリウスのキャラソン。どんよりとしたイントロを裏切る軽快なカントリー調と、大魔界を称える歌詞のギャップが笑いを誘う。
 曽我部さんの伸びやかなサビやハモりは一聴の価値あり。

その他

 次回挿話予告にて「魔界獣○○、次はお前だ、ハズラムサライヤ~!」と次回登場の魔界獣を紹介もしている。

関連イラスト

ネタ切れ…ウス…【再投稿】
ヤミノリウスⅢ世 生誕記念
ヤミノリウス
部屋を明るくして離れて観るのだぞ
夜間指定で頼もう
おお〜?!



関連タグ

元気爆発ガンバルガー エルドランシリーズ 魔導士
人外) 魔界獣

憎めない悪役/愛すべき馬鹿/残念なイケメン
ヘタレ/ドジっ子/萌えキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤミノリウスIII世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8405

コメント