ピクシブ百科事典

魔王アズール

まおうあずーる

魔王アズールとは、アーケードゲーム「モンスター烈伝オレカバトル」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

水属性。クラス☆☆☆☆。悪魔族。
新1章の魔王。
海賊の服を纏った巨大な半魚人のような姿をしている。
神殿を海底に沈め、悪の居城にした。

  • ほほえんでいる

何もしない。

  • 召喚★
自軍の空きにクラス★のモンスターを召喚する。

  • こうげき
相手一体に自分の攻撃力の50%のダメージを与える。

  • こうげき!
相手一体に自分の攻撃力とほぼ同等のダメージを与える。

  • 会心の一撃
相手一体に自分の攻撃力の2倍のダメージを与える。

  • 必殺の一撃
相手一体に自分の攻撃力の2.5倍のダメージを与える。

  • 魔王の一撃
相手全体に自分の攻撃力の1.4倍のダメージを与える。

  • 魔海ルーレット
「深海の魔晶」を持たせていると覚えることがある。
相手全体からランダムで1体に水属性のダメージを与える。
ダメージ量はムラがある。

  • バルバドスの水
「深海の魔晶」を持たせていると覚えることがある。
攻撃力を上げる代わりに素早さが下がる。
3回使用すると眠り状態になる。

EX技

  • (EX)サルガッソ・スパイラル → (超EX)絶望のサルガッソ・スパイラル

発動条件:レバーを回転orコマンド入力

水属性の魔法攻撃。
凄まじく渦を巻く水流を発生させ、相手全体にダメージを与える。

ボスとして

クラスの合計が10~12の時にランダムに出現する。
お供に『ブリュー』と『タツドン』を連れている。
「ほほえんでいる」や「ためる」が多く、行動しないことも多いが、開始早々に最初のスロットにある「魔王の一撃」を喰らうと最悪ピンチに陥ることがあるので油断は禁物。
火属性と毒属性の攻撃に弱いので、それらの属性攻撃が使えるモンスターをチームに加え、短期決戦を狙いたい。
バトル後は勝敗に関係なくカード化できる。

ちなみに出水ぽすか先生の漫画「オレカモンスターズ冒険烈伝」の1巻に封入されている『さすらいの剣士ダンテ』をチームに加えると、相手モンスターを選ぶ際に表示される魔王アズールのイラストが出水ぽすか先生書き下ろしの限定イラスト版に変化する。
もちろん戦うことができ、バトル後は限定イラスト版の魔王アズールを入手できる。

派生モンスター

邪神アズール

魔王アズールが黒く染まり、邪神化した姿。
戦う条件は「第1章(新1章でも可)のモンスター(Lv.10)を全てチームに加える」「魔剣士ダンテ(Lv.10)」or「ロボ零式(Lv.10)」をリーダーにする。

邪神ムウスと同じく、凄まじく高い体力と攻撃力を有している。

大魔王アズール

第1回オレ最強決定戦及び、第4回オレ最強大合戦に登場した大魔王に覚醒したアズール。
「こうげき!」「会心の一撃」「必殺の一撃」「魔王の一撃」「魔海ルーレット」を覚えない代わりに以下の技を覚える。

  • 海王の海開き
水属性の物理攻撃。
相手全体に自分の攻撃力の1.5倍のダメージを与える。

  • 魔海のしもべ召喚★★★(★★★★)
自軍の空きに★★★はクラス3以下、★★★★は全ての水属性のモンスターを召喚する。

  • 海王のたわむれ
プライベートチケットで戦った大魔王アズールがたまに落とすアイテム「魔海ブイヤベース」を持たせていると覚えることがある。
全てのスロットにある「ほほえんでいる」「海王のたわむれ」を「海王の海開き」「魔海のしもべ召喚★★★」「バルバドスの水」からランダムで置き換える。







※ここから先はネタバレになるので、観覧は自己責任で。












2ndサイン「アビス」に彼が参戦する事が決まった。
彼以外にもかつては息子だった剣士かつては娘だった少女亡き妻だけじゃなく、どういう訳かかつての自分も出てくるらしい。

なお、同じ魔王である火の魔王土の魔王風の魔王は参戦するかは現時点では不明である(コミカライズの主人公だった本来は魔王である彼女魔王等も
)









関連タグ

オレカバトル 海賊 半魚人
????:ネタバレ注意!
ソロモンプログラム 
 
章のラスボス
魔王ムウス魔王アズール魔王サッカーラ

関連記事

親記事

オレカバトル おれかばとる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔王アズール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「魔王アズール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7230

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました