2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:小原乃梨子

概要

タイムボカンシリーズ第6作『逆転イッパツマン』の登場人物で、本作での三悪ポジションである『クリーン悪トリオ』の女性リーダー。
26歳にしてシャレコーベリース社オストアンデル北部支社の支社長を務める美女。スタイルも抜群でありチャイナドレスが似合い、その名の通り色気を振りまく。
小説版では本名が「頓 紋々」(とん もんもん)と設定され、そちらでは中国系の人物に設定されていると思われる。

センシティブな作品


コン・コルドー会長の命令で出動してタイムリース社の妨害業務にあたる時のコスチュームは胸も強調され、歴代女ボス中、色っぽさは露出度の高いムージョと双璧。

しかし才色兼備とは言い難く、コスイネンキョカンチンとで率いる同支社の成績は万年最下位。会議でも冷遇される。
特に、常に首位であるオストアンデル西部支社長隠球四郎とは折り合いが悪く会う度にいがみ合っている。

街で会った豪速九を「ミスターX」と呼んで恋心を抱き、社宅にところせましとその写真を飾っている。
後半にミスターX=豪である事を知り、敵側の人間である事にショックを受け葛藤するが、非情のコン・コルドー会長にそこを利用されたこともあった。
終盤には豪への想いを絶ち切るが、彼と星ハルカが結婚した際は放夢ランと同様に激しくショックを受けていた(実際はとある事情による偽装結婚であり、事実を知った際にはホッとしていた)。
豪が宿敵イッパツマンである事は最終回まで知らなかった。

最終盤にてシャレコーベリース社が計画倒産し職を失い、最終回でイッパツマンとの戦いに決着がついた後にコスイネンやキョカンチンと別れて幸福行の電車に乗っていずこかに去る。
だが同じ電車に二人も乗っていることには気付かなかった(このオチは昭和版『ヤッターマン』最終回のドロンボーを彷彿とさせる)。

シリアス化する物語の中で最後までギャグをやり続けたためか、笹川プロデューサーは「お嫁にいけないアバズレになった」と語った。

関連タグ

逆転イッパツマン 三悪 クリーン悪トリオ コスイネン キョカンチン

女性リーダー関連

ミレンジョ姫(ヤットデタマン)ムンムンヤンヤン(イタダキマン)

関連記事

親記事

クリーン悪トリオ くりーんあくとりお

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86340

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました