ピクシブ百科事典

ドコン団

どこんだん

ドコン団とは、『太鼓の達人』シリーズに登場するチームである。
目次[非表示]

概要

『めっちゃ太鼓の達人DS 7つの島の大冒険』から初登場した悪の軍団。それ以降はライバルキャラとして立ちふさがったり、イベントキャラや踊り子として登場したりと、どん達とは仲良くなっている。

メンバー

※因みにドコンを含む主要キャラの声はドラボット以外全てたかはし智秋氏が担当している。

総帥

ドコン
CV:たかはし智秋
ドコン団の王者。水色の肌をしており耳が長い。本来はごく普通の優しい少年だったが、『7つの島の大冒険』において太鼓の腕前を周囲にバカにされて落ち込んでたところをギガドーンによって洗脳されてしまった。
性格も洗脳時は自身の部下も気にくわない言動をすれば容赦なくカスタネットで石にしてしまう冷酷な性格だったが、ギガドーンとの一件以降は生意気な子供っぽさは健在なものの普通の優しい少年に戻っており、どんちゃんに気さくに話しかけてきたり、子供と言われてムキになったり、さも嬉しそうにクリスマスパーティーを開こうとしたり、仲間の安否を心配したりと随分丸くなった。
目つきについては基本鋭い。『7つの島の大冒険』にて洗脳が解けた直後は真ん丸の可愛い目に変化したが、以降の作品では鋭い目つきのままになった。

3人組

主に行動するメンバー3人(正確にいえば、1人、1匹、1機だが)。
3人とも演奏曲は「われら無敵のドコン団」。

牡丹
CV:たかはし智秋
3人組のリーダー格で、ニャンキーとドラボットと共に暴れまわる。勝気な姉御で、言葉はきついが本当はいい人。正々堂々としたところもあり、道場主対決では唯一バクダン音符を使わない(一方でお色気攻撃のオジャマは初見だとなかなかキツかったりする)。太鼓の達人シリーズのキャラにしては恐らく一番の巨乳。『ドドーンと2代目!』ではどん達からは「牡丹のアネキ」と呼ばれており、説明書によると最近ではカラオケが趣味とのこと。

ニャンキー
CV:たかはし智秋
口だけは達者なやんちゃなネコで、負けず嫌いな暴れん坊。牡丹には頭が上がらない。動きは機敏で、オジャマでは分身を出しながら画面を隠してくる。

ドラボット
CV:加来量一
ドコン団が作った迷惑騒音ロボットで、ドラムの形をしている。気は優しくて力持ち。大きな体で動きは遅いが、持ち前のパワーで相手を捻り潰す。腹部からザコボットやワルドンなどを放出する。

3人組の部下

ザコボット1号
ドコン道場を守る第1の迷惑騒音ロボで、「ニャンニャン島」のボス。
頭のシンバルを打ち鳴らして騒音をまき散らしてくる。錆びやすいので雨の日は嫌いらしい。
モデルはハイハットシンバル
演奏曲は「Ridge Racer」。

ザコボット2号
ドコン道場を守る第2の迷惑騒音ロボで、「おめん島」のボス。
目と体である3つのパーカッションを鳴らして騒音をまき散らしてくる。
怒ると体を風船のように膨らませて相手を威嚇する。モデルはトムトムと思われる。
演奏曲は「さいたま2000

ザコボット3号
ドコン道場を守る第3の迷惑騒音ロボで、「おとめ島」のボス。
ドラボットのダウングレード版で、お腹のドラムを打ち鳴らして騒音をまき散らしてくる。
身体の大きさには似合わず攻撃的。モデルはバスドラムと思われる。
演奏曲は「ゴーゴー・キッチン

ワルドン&ワルカツ
メカドンメカカツのプロトタイプの設計図を基に作られた、騒音を出す太鼓型ロボット。一部のステージで戦うことになり、4人対戦で1位を取らなければならない。大量生産されており、帽子や服を変えたような様々なタイプがいる。
『Nintendo Switchば〜じょん!』のアップデートで追加されたe-スポーツトーナメントでも同名のキャラがCPUとして登場するが、こちらは顔と胴の色が暗いグレーがかった青紫色で口には牙と胴回りにトゲが生えた見た目となっており、現時点ではドコン団の方のワルドンとの関連は不明である。


各作品での活躍

めっちゃ太鼓の達人DS 7つの島の大冒険

7つの島に「ドコン道場」を建て、「ドコン流を広める」という名目のもとに騒音を撒き散らしては周囲を困らせるほか、騒音を撒き散らす以外にも橋を壊したりお面小僧のお面を盗んだりと、数々の悪事を働いた。

「りゅうぐう島」ではニャンキーと戦い、「メカ島」ではドラボットと戦い、2人に勝利し、「どらゴーン島」で牡丹と戦うことになる。

3人と戦った後にドコンが現れ、ドコン島で決着をつけることになる。勝利後、ドコンはギガドーンに操られたことが発覚し、ラスボスのギガドーンと戦うことになる。(ちなみに、演奏曲はドコンとギガドーンの2人はいずれも「闇の魂」という曲で戦うがドコン戦ではオフボーカルver.になっている)

ラスボスのギガドーンに勝利後、ギガドーンが消滅した事でドコンが普通の少年に戻り、ドコン流を広める理由はなくなった。

エンディングでは、「ドコン団」から「ニャンキーズ」に改名しているが、以降の作品には登場していない。

太鼓の達人DS ドロロン!ヨーカイ大決戦!!

ドコンが7章のボスとして「魔術師ドコン」という名で(ただし本人は関係を否定している)登場している。他の3人も、牡丹がサキュバス、ニャンキーがミイラ、ドラボットがフランケンになっている。
演奏曲は「常闇の森」。

太鼓の達人Wii

ストーリー内で、牡丹・ニャンキー・ドラボットがツッパリの格好で登場し、どんにあまり良くない影響を与えることになる。

太鼓の達人Wii ドドーンと2代目!

ストーリー内に登場。ワルメカの一種であるタンタルにドラボットがやられたらしい。
エンディングでは牡丹は同じくワルメカのイットリウムとアルミと共に歌っており、ドラボットはタンタルとタンタルのプロトタイプであるタングステンと共に神輿を担いでいる。

太鼓の達人 ぽ〜たぶるDX

おみこしバトルのボスとして登場。
演奏曲は「伝説の祭り」(1回目)「LOVE戦!!」(2回目)

太鼓の達人 どんとかつの時空大冒険

追加クエスト⑥「われらさばくのドコン団」で登場。クリスマスパーティを行おうとした所、突然発生した時空のゆがみの影響で砂漠でバラバラにはぐれてしまった。ドコン・牡丹・ニャンキー・ドラボットの4人を見つけたあと、和田どんに演奏バトルを申し込む(演奏曲は「われら無敵のドコン団」)。戦闘後、ドコンとドコン団が仲間になる。

関連タグ

太鼓の達人 憎めない悪役

関連記事

親記事

太鼓の達人 たいこのたつじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドコン団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8942

コメント