ピクシブ百科事典

六道輪廻

ろくどうりんね

仏教の世界観の一つ。 この世は10の世界に分かれ、多くが内6つの世界を生前の善悪の多少に起因して転生し続けているという思想。 この輪を脱し、上位4世界に到達することが仏教の目的である。

六道輪廻とは、仏教世界観の一つである。

概説

仏教における転生論。
我々は、天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道の「六道」と呼ばれる6つの世界を常に転生し続けており、その行き先は常に生前の善悪の多寡に因るとされる思想。

この六道は「欲界」または「六欲界」とも呼ばれ、によって常に心身を惑わされ、悪事に手を染めたり、自分勝手な発想で他者を虐げてしまったりと、悪因悪果の連鎖に苦しめられ、自らをより業の深い世界へと堕落させていく危うさが付きまとっている。

仏教の目的は、この延々と巡る「六道の苦輪」から自ら脱することであり、その方法こそ覚者釈迦尊を始め、四聖道へと達した先人たちの持つ「悟りの智慧」を身に着けることであるとしている。

関連タグ

仏教 思想 世界観
転生 輪廻 無限ループ
六道

関連記事

親記事

六道 ろくどうまたはりくどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「六道輪廻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 918

コメント