ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ゼーバ様、マスクマンとやらの命、このグロンドグラーにお任せを」

「他愛もない。これがマスクマンか…」
CV/演:中田譲治/石渡康浩
登場話:第34話「愛と殺意のブルース」 40話「甦れ!愛のメロディー」

概要

地底帝国チューブ地帝獣の一体で、アナグマス曰く「地帝獣の中で最も凶暴」。
強靭な肉体による戦闘、口からの破壊光線、フルートにも変えられる両刃の槍を武器とし、ゼーバから白いスーツの人間の男・ヒカルに変身する能力も与えられた。

かつて、戦いで負傷して地上に出た所を人間の女性に助けてもらった過去があり、光と愛のある地上世界に憧れを抱くようになった。

活躍

<34話>
自身を助けてくれた女性への思いから、冷凍洞窟の氷を解いて単身ゼーバに謁見。打倒マスクマンと引き換えに人間への変身能力を得る。

地上に出てアングラー兵を引き連れ、モモコとケンタを襲撃するが、モモコにあの女性の面影を見て撤退、人間態で再度登場してアングラー兵を倒し、マスクマンを助ける。その後ヒカルの姿でモモコにデートを申込み、彼女も満更でなくデートを楽しむも、偵察にやって来たイガムにより、三日以内にマスクマンを倒さねば闇空間に落とされるのを想い出し狼狽、マスクマンを1時間以内に倒すことを約束する。人間態でモモコを殺めんとするも叶わず、彼女にマスクマンを脱退するよう頼みこむも断られる。
翌日、モモコに本当の姿を知られたくない一心で、人間態で彼女以外の4人に槍で戦いを挑むも、人間態では力を揮えず、見兼ねたゼーバの光線によって人間態と人間の優しい心を失い、ただ暴れるだけの存在となった。モモコを喰らわんとするが、マスクマンの放つジェットカノンを受け倒される。

その後イガムが呼び出したオケランパの光線により巨大化。槍から光弾を放ち攻撃するも、最期は鉄拳オーラギャラクシーを喰らい爆散した。

そして、モモコは彼が人間に生まれ変わることを願いながら、フルートでいつかの曲をお返しするのであった・・・。

<40話>
ハニワドグラーニメンドグラーと共に、メルメ族の女性の奏でる音楽に心を奪われ、平和な心を取り戻していた。

余談

人間態を演じた石渡氏は、前作『超新星フラッシュマン』にてブルーフラッシュ/ブンを演じており、中田氏とも共演していた。

関連タグ

地底帝国チューブ 地帝獣
哀しき悪役

関連記事

親記事

地帝獣 ちていじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グロンドグラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント