ピクシブ百科事典

カビラドグラー

かびらどぐらー

『光戦隊マスクマン』に登場する怪人・地帝獣の1体。
目次[非表示]

「メビウストンネルー!!」
CV:山口健
登場話:第4話「燃やせ!F1魂!」

概要

Capila-Doggler

(イラスト右が寄生獣カビラ、左が地帝ドグラー。)
地底帝国チューブ地帝獣の一体で、赤いを思わせる姿の地帝ドグラーにヘビのような寄生獣カビラが合体した姿。両者が分裂した状態でカビラの吐く白いガスとドグラーの放つリング状の光線とをトンネルに放つことで、入ってきた者を同じ所を永遠に巡って二度と出られなくさせる異空間・メビウストンネルを創りだすことが可能。
また、ドグラーは花弁の中央から桃色の光線、カビラは頭部から黄色の電撃を放って攻撃する。

活躍

トンネルを異次元空間に変えて社会を混乱させる、オヨブーの「メビウストンネル作戦」に従事。手始めにメビウストンネルに変えたトンネルの異常を感知して出動したマスクマンをオヨブーと共に攻撃してその場を撤退するも、異空間の正体が空間を捻じ曲げるほどの高エネルギーであることを見抜かれてしまう。
そして姿レーシングチームが開発したより強力なF1・スピンクルーザーでレッドマスクがトンネルに突っ込むとトンネル内の異空間が爆発、その際のダメージが本体に流れ込んでダメージを受け、たまらずトンネルから逃亡。
戦闘ではアングラー兵・バラバ・オヨブーと共にマスクマンを追い詰めるも、スピンクルーザーやマスクローダーによる連携攻撃の前に翻弄され、ショットボンバーを受け敗北。

直後地帝王ゼーバが呼び出したオケランパの光線により巨大化。分離した状態で光線攻撃、ドグラーが放つ花粉でグレートファイブを空中に浮かせてのカビラによる電撃攻撃、ドグラーの両腕の鞭やカビラの頭突きといった多彩な攻撃で攻めるものの、最終的には怯んで合体した所にファイナルオーラバーストを叩きこまれて爆散した。

余談

名前は「花びら」と思われる。
初期ゆえの贅沢さで、たった1話でカビラ、ドグラー、カビラドグラーと、計3体もスーツが作られた。

関連タグ

地底帝国チューブ 地帝獣

関連記事

親記事

地帝獣 ちていじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カビラドグラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント