ピクシブ百科事典

ギガゾンビ

ぎがぞんび

大長編『ドラえもん のび太の日本誕生』及び『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の登場人物。

概要

CV- 永井一郎(日本誕生) / 大塚芳忠(新・日本誕生)

本作の黒幕「精霊王」の正体。7万年前の日本でクラヤミ族と呼ばれる原始人(たぶん原人)を配下として操り、同じく原始人の一族であるヒカリ族(新人/クロマニョン人)を支配しようとしている。ギガゾンビに対抗してドラえもんドラゾンビと名乗ったのは有名。

当初は単なるまじない師かと思われていたがその正体は未来人であり、過去の世界を拠点として世界を支配下に置こうと目論む23世紀の時間犯罪者。22世紀の技術で作られたひみつ道具を持つドラえもんをも超える未来の技術で5人を苦しめた。
リメイク版では時空乱流を故意に引き起こしていた黒幕という事も追加されており、亜空間破壊装置を使って時空乱流を発生させ、自分が支配する時代に誰も干渉出来ないようにしようとしていたなど、より明確で危険な思想の持ち主らしさが追加されている(ドラえもんに時空乱流によってこの時代が消滅するかもしれないと危惧されても構わず行おうとしたなど)。

終盤ではドラえもん達を地中に閉じ込めて完全に逃げ場を無くしたが、のび太が事前にマンモスに扮していたタイムパトロール隊に発信機のスイッチを貰っていたためにパトロール隊に基地を特定されてしまい、ドラえもん達とヒカリ族は救出され、最後は自身もパトロール隊に追い詰められて逮捕された。
リメイク版ではタイムパトロールではなく、主人公であるドラえもん自身がギガゾンビとの戦いに終止符を打っている(その際ギガゾンビは機械を分解する能力を持っていたが、ドラえもんはククルが使っていた本物の石槍でギガゾンビを倒し「偽物の時代が本物に勝てる訳が無い!」と言い放った)

歴代の大長編では数少ないドラえもん達を全滅寸前まで追い込んだキャラの一人。また、主人公ドラえもんと一対一で戦った数少ない悪役でもある。

終盤で素顔が明らかになり、原作及びリメイク版では眉間に深いシワの刻まれた悪人面を披露する。
旧作ではなぜか目つきが貧相な上に出っ歯で、冴えない中年男といった雰囲気。
名前も山田博士という親しみやすい本名を与えられている。

FC『ギガゾンビの逆襲』では未来刑務所を脱獄し、過去の悪役たちを蘇らせて再度時空改変を企む。
また、家族がいることも判明する。

関連項目

映画ドラえもん 悪役
ドルマンスタイン キャッシュ ストーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガゾンビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39322

コメント