ピクシブ百科事典

王様ランキング

おうさまらんきんぐ

「王様ランキング」とはマンガハックにて2017年より連載している漫画作品である。 作者はとかただ(別名義:goriemon、aaa)。
目次[非表示]

王様ランキング とはマンガハックニコニコ静画マンガボックスインディーズにて連載中の漫画作品。
絵本のような絵柄から繰り出される、魅力的なキャラクターと引き込まれるストーリーが特徴。

ストーリー

”王族の長男で、巨人の両親を持ちながらも、自身は体が小さく、短剣すらまともに振れないほど非力な王子ボッジ。

しかも耳が聞こえず、言葉が話せないボッジは、周りからは次期王の器ではないと噂され、どこか空虚な毎日を過ごしていた。

しかし、ひょんなことから心が通じる「カゲ」という友達を得て、人生が輝き始める。
 作者公式サイトより”


中世ヨーロッパのような世界に魔物や魔法、呪いの存在する王道ファンタジー世界が舞台。
王様の強さ、優れた部下、民の幸せさ など様々な項目から各国の王様をランキングにする
「王様ランキング」。
ランキング7位の王様を父親を持つボッジ王子は非力で耳も聞こえず、周囲からは王に相応しくないと
噂されるが、ひょんなことからカゲという影状のヒト?と友達になる。
世界一立派な王様になることを目指すボッジは、王様が亡くなり遺言によって次期国王となるはず
だったが民衆の前で次期国王として公表されたのは第二王子のダイダで・・・

登場人物

ボッジ

ダイダラボッチの子どもたち


ボッス王国の第一王子。人を思いやる優しい心を持ち、ランキング1位の王様になることを夢見ている。
巨人族の両親から生まれたが小柄でショートソードすらまともに持てないほど非力。
耳が聞こえずまともに喋れないことが、実は読唇術を心得ている。
ショートソードこそ持てないものの、身のこなしは抜群でヘビの集団、鳥の集団を無傷でやり過ごすだけでなく、冥府騎士団の団長の本気の攻撃をかわしきるほど。

カゲ

闇にイキル


影状の見た目を持ち、暗殺業を生業とする影の一族の生き残り。
ボッジの言う事はなんとなく分かる。
初めはボッジから高価な衣服を巻き上げてカモにしていたが、
皆から陰口をたたかれても平気なふりをして我慢し、世界一立派な王様を目指すボッジを見てどんな時でもボッジの味方になることを決意する。
幼いころから一人で生きてきたからか言動は少々乱暴だが、根は素直。料理はできるほう。

ダイダ

ボッス王国の第二王子。弟ながらも身長も膂力もボッジより上で、剣術の腕は大の大人に勝つ程ではあるがまだまだドーマスにはかなわない。
ボッジより優れているという自負がある反面、甘やかされているボッジを羨む心が少なからずある。
新国王となり魔法の鏡の入れ知恵に賛同するものの、自分の信念を曲げず入れ知恵をはねのける
強さも持っている。

ボッス

ボッス王国の国王にして建国者。巨人族でありその力と打たれ強さでモンスターを退け、国王となった。亡き先王妃との間にボッジを、現王妃との間にダイダをもうけた。
病床で死期が近づきつつあり、次期国王をボッジ王子とすることを遺言に残す。
その強大な力にはある秘密が・・・。

ヒリング

ヒリング王妃


ボッス王国の王妃にして、ダイダの母。巨乳。カゲ曰く「ヒステリックボインババア」。
キツイ言動から初めはいやな人物に思えるものの、その言動は心から国や人々を思いやったものである。
先王妃の形見であるボッジを心から思いやり気を掛けていて、時にはその思いやりからボッジの行動を制限してしまう事も。
元僧侶で癒し(ヒーリング)の能力があり、ボッジや大切な人が怪我をしたときはとてもマズいマジックポーションを飲みつつ、MPの使い過ぎでぐったりするまで癒している。
キツイ外見、言動から繰り出される人々を思いやるさまはギャップ萌えを禁じ得ない。

その人気から本タグでの投稿イラストの多くがヒリング王妃となっている。

ドーマス

四天王の一人のソードマスター。武器はしなった刀身の大剣を使う。
騎士団の剣術指南役でありボッジ王子の剣術指南担当。
ボッス国王に憧れ剣術の才能を開花させソードマスターと呼ばれるまでになる。
ボッジ王子の剣術指南としてやる気を出すものの、己の「力の剣」はボッジの非力さでは習得不能であり、どう育てればいいか悩んでいる。
ダイダと手合わせした事からダイダの才能を感じ取り、惚れこむ。

ベビン

四天王の一人のヘビ使い。武器はフランベルジュを使う。
諜報、警備担当でダイダ王子の剣術指南担当。
ニヤニヤした笑いが特徴的で何を考えているかわからない。
ボッジ、ダイダのどちらにも傾注しているようではないらしい。

アピス

四天王の一人の「王の槍」。武器は長槍を使う。
常に表情が硬く、感情を表に出さないため「王の槍」と呼ばれる王のお付きとなった。
昔は才能にあふれるものの臆病であったが、あることがきっかけに今の自信ある硬い表情となった。

ドルーシ

四天王の一人の王妃の護衛。武器はトゲの付いた盾を使う。
ボッス王の攻撃を後ずさりはしたが受け切ったことからヒリング王妃の護衛に任命された。
初めは王の信頼を失ったために異動させられたと思っていたが、ヒリング王妃の人柄に触れて護衛の仕事に誇りを持つようになる。
走るのが遅い(いつも重い金属鎧を着こんでいるため)。

魔法の鏡

ダイダの所有する魔法の鏡。
この世で一番強い者を当てる、などの魔法が使える。
ダイダに入れ知恵を行うなど、なにやら思惑がある様子。

関連タグ

ボッジ カゲ ヒリング王妃

この記事のカテゴリ

マンガ

pixivに投稿された作品 pixivで「王様ランキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273371

コメント