ピクシブ百科事典

ボギー(ファントム)

ぼぎー

ここでは仮面ライダーウィザードに登場する怪人について扱う。(ウィザードの隣の怪人)
目次[非表示]

「やれやれ...それじゃあ始めますかね...特別研修...」

詳細

人間態 / CV:やべけんじ(33話は声のみの出演)
第32-33話に登場した通常ファントム
宿主は笠原という幽霊の様な雰囲気の男性。

異様な外見だけでなく、宙に浮いて水平移動したり突然消えたりする。

ソラの発案により、「一日で100万円」という破格のアルバイトを餌に多くの人間を集め、その中から効率よくゲートを集める作戦を実行。

騙されたゲート達を、「特別研修」と騙して、洋館に閉じ込めて恐怖で絶望させようとする。

しかし、この作戦でソラにゲート判別の為、利用された事にいら立つミサに情報を流されたウィザードビーストが乱入し交戦する。

人間態と同じく幽霊の様にトリッキーな動きでウィザードとビーストを追い詰めるも、インフィニティーに変身したウィザードにはあっけなく倒された。

こうして仁藤の旧友・土屋真隆を始めとする6人のゲート達は怪人を恐れ、全員が東京を去った。

ソラ「言ったでしょう? 彼は『死んでから』が本番なんだ」

…ところが、ボギーはまだ完全に倒されておらず、魂を複数に分裂させてゲートに憑依、宿主の運勢(主に金運)を操って欲望を刺激、東京に呼び戻した。

そして、大きな幸運と命に関わる不幸を操り、彼らを幸運の絶頂から不幸のどん底に叩き落とすことで絶望に追い込もうとした。

しかし、最終的に晴人攻介にその計画を見抜かれ、ゲートに憑依したボギーは全て倒された事で事件は解決した。

外見

身長217㎝、体重135㎏。
緑色のが生えた様な、植物のファントムである。

戦闘では蔦が絡んだ様なが武器。両足首から下は見えず、常に浮遊している。
笠原の姿でも足が見えない。

能力

名前の由来の「ボギー」は日本ではマイナーな妖精である。

彼らは通称「ブギーマン」とも言われるイギリスを中心とした西洋妖怪であり、親が子どもをしつける為に子供をさらう、食べる等と言われている。

ボギーはそのイメージ通り突然姿を消したり、宙に浮く事が出来る。
また、死後はだけでゲートに憑依、幸運不幸を自在に操る。

この能力は、自身の幸運(=敵の不運)も操ることが可能になり、ただ歩いてるだけでウィザードが犬のうんこを初め、あらゆる不運に襲われた。

ただし、一度宿主に憑依すると、もう二度と復活出来ない。

戦闘では、これらの能力を使いウィザードとビーストを苦しめ、ウィザードをして「今までで一番手ごわい相手だったかもな」と言わしめた。

余談

演じたやべけんじ氏は、過去に『仮面ライダーアギト』に出演している。

スーツは第12-13話に登場したファントム・ヴァルキリーから改造された。武器のもそのまま流用されている。
(第18-19話に登場したヒドラも同じデザインの槍を使用。)

因みにゲートを集めた高層ビルには「トムファンス」という会社名があり、名前からして既にネタバレ。

高層ビルを利用したり、100万円の高額な給料を払える財力がファントムにあるのかと突っ込みたくなるが、これは恐らく生前の宿主(多分笠原)がビルの所有者か経営者で、ファントムが宿主の記憶を利用している為と思われる。


客演

ウィザード劇場版第4作『天下分け目の戦国MOVIE大合戦』にて別個体が登場した。こちらはTV本編に登場した個体と違い、普通に足がある。

武神鎧武により作られた模造ファントムのため、物理攻撃も通用する)

最後はアルゴスヒドラミノタウロスと共に仮面ライダー斬月フォーゼアームズのライダーロケットパンチで倒された。

関連タグ

ファントム
ボギー 妖精一覧

ガマギラー:作戦のネタ元。ただしこちら時給100万円
しかもボギーと違ってビタ1文渡していない

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボギー(ファントム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1213

コメント