ピクシブ百科事典

目次[非表示]

我々は魔法騎士…! 勝たなければ存在する意味は無い……

プロフィール

本名ノゼル・シルヴァ
年齢29歳
身長177cm
等級大魔法騎士
魔法属性水銀
所属銀翼の大鷲団長
出身地王貴界
誕生日12月30日
血液型B型
好きなもの秩序、鴨のロースト
CV鳥海浩輔


人物

クローバー王国に存在する魔法騎士団のひとつ「銀翼の大鷲」の団長。
編んだ前髪の先に小さな十字架を付けた特徴的な髪型の美青年。

アスタ達の半年間に渡るハート王国での修業後は基本的に風貌はそのままだが、ローブの形が鷲の羽を模した形となっている。

王族シルヴァ家の長男であり、ネブラ・シルヴァソリド・シルヴァノエル・シルヴァの兄にあたる。
王族としてのプライドが高く、魔力のコントロールが出来ないノエルを認めていなかったが、ノエルが黒の暴牛での任務や王撰騎士団選抜試験で合格した事もあってか、徐々に認めるようになっただけでなく、エルフの襲撃の際には王国へ向かう途中襲撃に遭っているハージの村を救う為に途中下車するアスタとユノについて行こうとする彼女を王族だからという理由で引き留めて共に王国へ向かうように命じた。
前述したようにプライドは高いが、自他共に厳しく魔法騎士として非常に誇り高い気概を持っており、クローバー王国では珍しく「上に立つ王族には国と民を守る責任がある」と言う正しい権力者としての価値観を抱いている。白夜の魔眼の罠にかけられ、国をしっかりと守りきれなかった際には「情けないぞノゼル」と自分自身を戒めるように強く言い聞かせていた。
同じ王族であるフエゴレオン・ヴァーミリオンとは、幼少の頃から競い合ってきたライバルのような関係。そのため、弟のソリドがフエゴレオンを貶す発言をした時は「戦いの場にいなかった我々はそれ以下だ」と厳しく咎め、フエゴレオンの仇は必ず取ると心に誓った。
クールで冷徹なイメージとプライドの高さを感じさせる振る舞いで誤解されやすいが、実際はフエゴレオンと同じくらい真面目かつ律儀で正義感が強く、国民や団員そして家族の安全や未来を真剣に考えられる素晴らしい人物である。

また、実力があれば例え平民や下民であっても素直に認める公正さも持ち合わせている。
アスタユノが受けた年の魔法騎士団入団試験でユノが実力を見せつけた時は自分の団に入れようと手を挙げていたり、王撰騎士団に選ばれたアスタを「大事な戦力」と認めている。ノエルが多くの戦いや経験を経て強く成長していく姿を見てからは、対等に接するようになっている。アニメ版152話においてもノエルとのやり取りで彼女が成長したと心から認める発言をしている。
自身もアスタやユノと同じく、魔法帝の座を目指している。

転生魔法の発動でエルフ化した金色の夜明けが王城に集結した際は、シルヴァ邸に侵入したエルフと戦うノエルの成長を目の前で見たことで、母親と似ていた彼女を失うことを恐れ、戦いに巻き込まない為にあえて遠ざけていた本心を告白し、自身の今までの態度を謝罪した。
実のところ、ノゼルがノエルを突き放すような態度を取り続けたのも、彼女が敬愛した亡き母の生き写しだからというだけでなく、家族であり妹であるノエルを失いたくないと言う魔法騎士の前に兄として妹を守りたいと言う不器用な優しさと思いやりから来るものが一番の理由である。

珊瑚の孔雀の団長であるドロシーによると、ノゼルはノエルの事を心から愛しているとの事である。
またドロシーの魔法によるものもあるが、その時のノゼルはノエルを「我が可愛い妹よ」と普段のノゼルからは考えられない振る舞いをしていた(ノゼル自身も図星かどうかは定かでないが、リアルタイムで悪寒を感じていた)。


活躍(エルフ事件終結後)

エルフ事件終結後は率先して現場に立ち、王国の復興に務めている。そんな中、アスタとゴーシュ・アドレイの妹・マリーがダムナティオ・キーラによって断罪され窮地に陥った際には、フエゴレオンと共にユリウスの命で魔法裁判所に乱入し、黒の暴牛にユリウスからの命令を伝えた。また、悪魔の調査に協力するため、ノエルにドロシーの下へ赴くよう伝えている。

アニメ版オリジナルストーリーの半年間の修行編においてはデビル・パニッシャーなどの事件に接触し、中流以下の階級の庶民の光景・現状をその身で感じることが特に多かった。
蛇足にはなるが、デビル・パニッシャーが起こした事件に対しては魔法騎士団団長の中でも出番や活躍がかなりあった。
また、平界・恵外界にノエル達と調査・アスタ達の救出に赴いた際もノエルと行動を共にする場面も多くあった。


スペード王国漆黒の三極性によって金色の夜明け団長ウィリアム黒の暴牛団長ヤミが拉致された直後に緊急で開かれた団長会議の時に再登場。

会議が進む中翠緑の蟷螂団長ジャックが会議を放棄して去ろうとしているのを、彼がスペード王国に単身で乗り込もうとしている事を皮肉を交えながらも止めていた。

その後、乱入と言う形で参加してきた黒の暴牛副団長ナハトからクリフォトの樹に関する情報とナハトが悪魔憑きである事を知る。
更にユノがスペード王国旧王政派の王族である事を知った際は、王族出身ならではの今まで見せていたユノの魔力量の多さや才能も合点が行ったようで納得していた。



そして、ヤミとヴァンジャンスを救い、クリフォトの樹が完成する事を食い止める精鋭部隊の一人として、スペード王国に乗り込む。

ナハトの影魔法でスペード王国城内に潜入し、ユノとランギルス・ヴォードと自身を含む3名で行動している際に漆黒の使徒に遭遇し自ら囮となって戦闘を開始する。

また、亡き母アシエ・シルヴァが当時メギキュラと契約したばかりのヴァニカ・ゾグラティスと交戦している場所のすぐ近くにいた事が判明する。生まれて間もないノエルを抱きかかえて逃げようとした所をまだ赤子だったノエルの泣き声でヴァニカに見つかり、妹の泣き声を鬱陶しく感じた彼女に危うく殺されかけるも、アシエの渾身の一撃によって窮地を脱していた。





シルヴァ家とメギキュラとの因縁、そして・・・











メギキュラが不完全ながらも現世に顕現、ノエル達のいる戦場を蹂躙していくが、アスタの救援と仲間達の奮起でクローバー王国側の戦況を辛うじて持ち直していく。

ノエル達とメギキュラの戦闘が留まる事を知らずにヒートアップする中、メギキュラがノエルにチェックメイトをかけそうになる瞬間にノゼルが乱入する。

ヴァニカの逃亡後、ノゼルはアシエとヴァニカの戦いを見届けていた事と、一族の中で唯一母が呪いを受けたことを知っていたのもあり、何とか母の呪いを解こうと奮闘していた模様。しかしヴァニカの逃亡直前にメギキュラがかけた呪符魔法の副産物である母の死にメギキュラが関与していることを話したら死ぬ、もし話してしまえばそれを聞いた者にも呪いがかかり、伝染病のように広がる魔法を受けていた。その為誰にも話すことが出来ず、徐々に追い詰められていく中たった独りで呪いを解く方法を探していたが、何も出来ないまま一年後にアシエは他界する結果となってしまう。

これをきっかけにノゼルはメギキュラを倒し母の敵を討つと同時に家族を守り抜くと固く誓う。

時が経つ中でソリドとネブラは順調に強くなっていくも、メギキュラには到底敵うレベルではなく、ノエルに至っては強くなりそうもないのならば、いっそのこと閉じ籠めてしまった方が…と思って母を失った戦場から遠ざける為に、冷徹な態度を取ってまで突き放していた。

誰にも言えない秘密を抱えてなおも自らを研鑽していくも、ノゼル自身は誰にも打ち明ける事さえできない葛藤を一人抱えて生きていく事になる。

葛藤を乗り越えたかのようにメギキュラと廻り会えた事を共に戦ってくれた仲間達に感謝の言葉を述べ、激しく攻め立てていく。
メギキュラに凄まじい攻防の末に王手をかけるも、やはり最上位悪魔のメギキュラは易々と倒れず心臓だけになっても生き長らえており、ノゼルの猛攻を以てしても倒せなかったうえにメギキュラは返り討ちにしようとしていた。

そんな中、メギキュラにとどめを刺したのは、母・アシエとよく似ていて自分の勝手な理由で戦場や自分から遠ざけていた存在(家族)である最愛の妹・ノエルだった。

ノゼルは昔ノエルに「何故お前(ノエル)を産むために、母上が死ななければならなかったのか」と冷たく言い放った事があるが、本心では

「違う」「私が殺した」「何も出来なかった役立たず」「また失う事を恐れず逃げた」「守る自信も覚悟もない臆病者」「今の私にオマエと関わる資格はない」

と、ノゼルは物語開始当初からしばらくノエルに酷な振る舞いをし続けていたのは冷酷さや王族としてのプライドの高さが関係していたのは確かだが、本当はいずれメギキュラと巡り合い、その戦場や運命から母・アシエの忘れ形見であるノエルを何があっても絶対に守り抜くと言う修羅の如き覚悟と執念から来るものでもあり、ノゼル自身が自ら背負った業の重さによる戒めであった。(ノゼルが普段から編んだ前髪の先に十字架を付けるようになったのはアシエが亡くなった後からであり、それはノゼル自身が大切と信じてやまない家族の未来を背負う覚悟の象徴である)。

メギキュラとの戦いの中で……

ノゼル 「閉じ籠め 遠ざけるのではなく」
    「共に強くならねばならなかった」

ノエル 「諦めなかった」
    「人間(ワタシ達)の勝ちよ!!!! メギキュラ」

ノエルとノゼルの兄妹二人の何より強い覚悟と想いの強さを持ってメギキュラの心臓を完全に破壊。
メギキュラは人間の強さを認めていく中で遂に消滅する事となり、長年に渡るシルヴァ家とメギキュラの因縁に終止符を打った。

そしてメギキュラの消滅直後、メギキュラに囚われていたアシエの魂が現れ、ノエルと共に抱きしめられて__

アシエ 「二人とも本当に…強くなったね」

その成長と責務の全うを心から認められた。

ノゼルはこれまで誰にも見せなかった弱みや情念、そして背負っていた業から解放された思いの丈を初めて、一筋の涙として現した。



魔法

水銀魔法の使い手。水銀を雨のように降らして攻撃したり、槍の形に変形して操ることが出来る。水銀と言う金属の固さと液体の流動性を両立する性質上、ノゼルの持つ強大な魔力と緻密な魔法コントロールによって、変幻自在・攻防一体な立ち回りを可能にしている。
また、体に穴が空くほどの重傷を負っても、水銀で血止めをして身体機能を補う等の芸当もやっている。自身の魔法であるとは言え、水銀を自分の身体に入れて大丈夫なのかな?

金属の性質から光魔法にも、水銀を瞬時に押し固め、滑らかな形状にする事で容易に跳ね返せる等、特に優位に立ち回れる。実際、白夜の魔眼の党首であるリヒト(それも魔光魔法となってアスタとユノのコンビさえも驚愕せずにいられない魔力を発揮)と影の王宮で相対した時は、見事に圧倒している。

水銀自体が強い毒素を持っているため、生物がまともに喰らえば何かしらの影響を及ぼすのは明らかであるが、「毒としての効果」を中心に据えた技は今のところ登場していない。

銀の雨
広範囲に水銀の雨を上空から降らせる。

銀の槍
水銀を槍の形にして放つ。

銀の弾
水銀を弾丸のように前方へ放つ。アニメ版オリジナルの技。

銀の剣
水銀を複数の剣に変形させ、相手に突き刺す。剣は相手を追尾する。アニメ版オリジナルの技。

銀の煌王槍(しろがねのせんおうそう)
鋭く伸びる槍を前方へ放つ。そのまま降り降ろすことも可能。アニメ版オリジナルの技。

刑戮の銀星(けいりくのぎんせい)
魔力で精製された大量の水銀で辺り一帯を揺り籠のように包み込む。その中では常に水銀で作られた武器が大量に飛んで来たり、盾等の防具を大量かつ正確なタイミングで形成する事すら可能にしている。使用には魔の精密なコントロールが必要。ノゼル曰く、「不可避の監獄」

余談

演じる鳥海浩輔氏は金色の夜明け団所属のハモン・カーセウスと兼役。あらゆる面で似ても似つかぬ両者を、鳥海氏の高い演技力で見事に演じ分けている。
鳥海氏が演じるキャラクターは「イケメン」、「男前」、「クールな人物」、「作品の中では何かしらの実力者」を演じる傾向がかなり強い。

週刊少年ジャンプで行われた第2回ブラッククローバー魔導士総選挙において10位を記録。妹であるノエルは9位と兄妹で仲良くベスト10入りして見せた。
しかし、第3回第4回とベスト10入りはしていないものの、読者から根強い人気があるのも事実である。


関連タグ

ブラッククローバー
銀翼の大鷲 ノエル・シルヴァ ネブラ・シルヴァ ソリド・シルヴァ アシエ・シルヴァ

ヴィンスモーク・ジャッジ:同じく王族の家族である息子を見下していたキャラ繋がりだが、彼の場合はその息子には謝罪せず逆に絶縁を言い渡された。

関連記事

親記事

銀翼の大鷲 ぎんよくのおおわし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ノゼル・シルヴァ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ノゼル・シルヴァ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 365698

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました