ピクシブ百科事典

黒の暴牛

くろのぼうぎゅう

黒の暴牛とは「ブラッククローバー」に登場する架空の集団である。
目次[非表示]

概要

九つの騎士団から編成された魔法騎士団のうちの一つ。シンボルは。シンボルカラーは黒。
武功よりも被害額が上回るならず者たちの集まった魔法騎士団。まともな団ではないと周りからは敬遠されていて、魔法騎士団の中で最低最悪の団と呼ばれている。

実際のところはヤミがスカウトしてきた面々ばかりであり(裏口入団とも言う)、元囚人、落ちこぼれ、武者修行中にたまたま出会ったら着いてきた、や試験は受けても実力はあるが性格に難があり敬遠されたなど一癖も二癖もあるメンバーばかり。今の魔法帝で無ければ割と存続が危うすぎる団ではある。……そもそも、ヤミ自身が魔法帝にスカウトされたようなものではあるが。

作中当初はマイナスに相当する「黒星」が30個あるなど問題が多かったが、アスタ入団以降、数々のダンジョン攻略、敵国ダイヤモンド王国やテロ組織白夜の魔眼との戦闘で実績を重ねていった。

構成団員

『闇』魔法を使う魔法剣士。アバウトで横暴なところもあるが皆の良き団長。

空間魔法が得意な貴族家系に産まれたが攻撃では無く支援魔法しか覚えられなかった。女好きで暇な時はナンパに行っている。アっシー君(移動係)に使われやすい。

『毒』魔法の使い手。不気味な外見と小声が相まって恐ろしく見えるが、実際は友達が欲しいシャイボーイ。

アスタと同じく下民出身の団員。見た目通りのヤンキーだが、後輩の面倒見はいい。野球をモチーフとした『炎』属性の魔法を使う。

専ら飲んでいる露出度の高い魔女。『糸』属性の魔法で味方をサポートする。

属性は『雷』。優れた戦闘能力と魔力探知能力を持っているが、破錠した性格の持ち主。しかし、アスタやノエルと共に戦ったことで協調性が芽生えた。

元囚人で、重度のシスコン。膨大な魔力を持ち、『鏡』という変わった属性を持つ。妹以外誰も信用していなかったが、アスタとの共闘を経て変化する。

いつも何かを食べている食いしん坊。属性は『綿』で、ファンシーな見た目に反して非常にパワフル。

正体は可愛い女の子なのだが、極度の恥ずかしがりやで、普段は変身魔法により別人の姿になっている。変身魔法は無機物にまで使用可能という特異性を持つ。

民衆を痛めつける魔法騎士団員を辻斬りめいた形で襲撃していた男。団には寄り付いていなかったが、王選騎士団(ロイヤルナイツ)選抜試験を経て団員として名乗りを上げる。

主人公。魔力を全く持たないが、そのため反魔法の剣を振るえる。諦めない精神と仲間を信じる心で団員達を変えていく。

王族、シルヴァ家の娘。尊大な態度を取っているが、実際は典型的なツンデレ。『水』属性で強力な魔力を持つがコントロールが殆ど出来ない。

団内で「アジトに出没する幽霊」だと噂されている男。正体はアジトの元持ち主であり、他人の魔力を奪ってしまう奇病に侵されている。魔法でアジトをロボットの如く操る。

関連タグ

ブラッククローバー
魔法 ファンタジー

pixivに投稿された作品 pixivで「黒の暴牛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65483

コメント