ピクシブ百科事典

ウィリアム・ヴァンジャンス

うぃりあむゔぁんじしゃす

ウィリアム・ヴァンジャンスとは、漫画『ブラッククローバー』の登場人物。
目次[非表示]

全てはクローバー王国の繁栄のために…!

プロフィール

本名ウィリアム・ヴァンジャンス
年齢26歳
身長172cm
等級大魔法騎士
魔法属性世界樹
所属灰色の幻鹿金色の夜明け団長
出身地不明
誕生日12月24日
血液型O型
好きなもの小鳥
CV小野大輔 / 小若和郁那(幼少期)


人物

クローバー王国に存在する魔法騎士団のひとつ「金色の夜明け」の団長。羽の付いた兜と外套を身につけており素顔を隠している。
変人が多い(とは言っても、本当に誠実なフエゴレオンやヤミへの恋心に目を瞑れば常に毅然としているシャーロット、プライドの高さに目を瞑れば大変真面目なノゼルはいるが、)魔法騎士団団長の中では常識人であり、かなり温厚な性格。
団員からの信頼も厚く、心酔している団員も居る。

ユノの実力を評価しており、その成長に期待している。ユノが下界出身であることを理由に非難せず、逆に部下をたしなめることもある。
ユノ自身も金色の夜明けの魔法騎士団団長を目指しているが、ウィリアムの事は本当に尊敬している。

次期魔法帝の最有力候補で魔法帝に最も近い男だといわれている。

また、

  • ウィリアムが団長になってから「金色の夜明け」が圧倒的なスピードで最強の団と呼ばれるようになった
  • 「金色の夜明け」に入団した団員のほとんどが皆予想以上の才能を開花させた
  • 王都襲撃前の戦攻叙勲式に姿を見せなかった
  • 容姿が似ている

以上のことから黒の暴牛の団長であるヤミ・スケヒロから白夜の魔眼の頭首リヒトではないかと疑われたが、仮面を外して素顔を見せる事で否定した。

過去

貴族の落胤。幼い頃は恵外界で暮らし、8つの頃に貴族として迎えられた模様。
しかし仮面の下には生まれつきの黒々とした魔法でも治すコトの出来ない痣のような跡があったため、幼いころは周囲の人間から「呪われた子」と呼ばれ不気味がられ虐待されていた。
しかし、たまたま「世界樹」魔法を見かけたユリウス・ノヴァクロノから魔法騎士団に誘われ、見かけを理由に断ろうとしたところ、魔法帝自作の仮面をもらう。そのとき傷ついていた心を救われユリウスに忠義を尽くすようになる。
本人いわく「この方に魔導書(グリモワール)を捧げようと思った」とのこと。

魔法

人やモノから魔力を吸収して巨大な樹を創成する「世界樹魔法」という珍しい魔法の使い手。創成した樹は思うままに操ることが可能。

魔法一覧

魔樹降臨(まじゅこうりん)
初めて披露した魔法で、空に雲を発生させその雲から巨大な木の根を出現させる魔法。
採用試験の際には根の先から箒を作り出した。
アニメオリジナルの団長戦で見せたナルトに登場するオビト挿し木の術が如く、出現した大きな木の根から無数の木の根を射出し、刺さった瞬間にそれなりに大きな樹木を急成長させるという攻撃手段として用いた。

ミスティルテインの大樹(ミルティルテインのたいじゅ)
街一個分ほどあるの大樹を生成する魔法。
自信の魔力だけではなく、他人の魔力を根に吸収させて魔法の糧としているため、発動するまでに時間はかかるが、攻防一体の超大規模魔法。

ミスティルテインの種(ミスティルテインのたね)
アニメオリジナルの魔法で、ミスティルテインの大樹を個人に限定したような魔法。
八輝将の一人を一撃で戦闘不能にした。
描写は少ないものの、世界樹魔法の核として種を用いているが、この魔法と同一の物かは不明。

ドラセナの方陣(ドラレナのほうじん)
アニメオリジナル魔法で、木の根を操る。魔法土のモグラを縛り破壊した。

魔守のトリネコ(まもりのとりねこ)
世界樹の蔦を操る魔法。攻撃を縛って防いだ。

世界樹回復魔法

ユグドラシルの芽吹き(ユグドラシルの芽吹き)
大樹から周囲の人間に生命力を分け与える。
致命傷を癒すほどの力を持つが、既に息絶えた者を蘇らせることは流石にできない。

合体魔法

宿魔の剣 霊光樹(しゅくまのつるぎ れいこうじゅ)
リヒトとの合体魔法。
宿魔の剣でエルフ全員の魂を繋げ、繋がった魂を大樹に引き寄せ一つに結びつける。エルフに真実を伝え、昇天させた。

関連タグ

ブラッククローバー
金色の夜明け ユノ(ブラッククローバー)



以下、重大なネタバレ注意!





























前述したように白夜の魔眼頭首リヒト(※本名はパトリ)との関係性を疑われていたが、143話で遂にこの二人が同一人物であることが判明する。
パトリは過去に殺されたエルフ族の一人であり、ヴァンジャンスへと転生し二重人格のような状態で宿っていた。
パトリの状態だと痣が消えるのは「あの傷はヴァンジャンスの母親の一族が受けた呪いのため、人間ではない私には関係がない」とのこと。

ヴァンジャンス自身はパトリの事を友人と見ているが、一方で魔法帝ユリウスへの尊敬やヤミへの友情といったクローバー王国への想いも本物であり、その二律背反に苦しみながらも、ギリギリまで双方に助力しようとした。

しかし、白夜の魔眼の計画も最終段階へと移り、どちらを選ぶのか決断を下さねばならなくなった事から、正体を明かすと共にパトリとユリウスを戦わせ、その結果に委ねる道を選ぶ。
そしてユリウスはパトリに殺され、彼自身も転生魔法によって果ての無い眠りについた。

だが、500年前から続く一連の事件は真の黒幕である「言霊の悪魔」によって仕組まれたものであったこと、転生したエルフ達を埋め込まれた邪心による暴走から解放するために彼の「世界樹魔法」が必要な事から、アスタの「滅魔の剣」によって転生魔法を消し去り復活を果たす。

目覚めた彼は先の決断が「ユリウスの語る理想よりも、パトリの持つ人間への憎しみに共感していた事からくる裏切りである」という事実を認め、自らの責任を果たすために真のリヒトとの連携魔法「宿魔の剣 霊光樹」によって暴走するエルフ達へ真実を伝えると共にその魂を成仏させた。(その姿が、何も知らない国民達には「混乱から国を救った英雄」に見えていたのは皮肉な話である。)

その後、ヤミ・スケヒロと共にユリウスの亡骸のある所へ謝罪に行ったのだが、そこには魔法で幼い姿で蘇ったユリウスの姿があった。
そして、積極的にではないにせよ大恩人を裏切った逆臣の罪を背負い、贖罪と共に改めての忠誠を涙ながらに誓った。

白夜の魔眼 パトリ

関連記事

親記事

金色の夜明け こんじきのよあけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィリアム・ヴァンジャンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138277

コメント