ピクシブ百科事典

ウィリアム・ヴァンジャンス

うぃりあむゔぁんじしゃす

ウィリアム・ヴァンジャンスとは、漫画『ブラッククローバー』の登場人物。
目次[非表示]

全てはクローバー王国の繁栄のために…!

プロフィール

本名ウィリアム・ヴァンジャンス
年齢26歳
身長172cm
等級大魔法騎士
魔法属性世界樹
所属灰色の幻鹿金色の夜明け団長
出身地不明
誕生日12月24日
血液型O型
好きなもの小鳥
CV小野大輔小若和郁那(幼少期)


人物

クローバー王国に存在する魔法騎士団のひとつ「金色の夜明け」の団長。羽の付いた兜と外套を身につけており素顔を隠している。
変人が多い魔法騎士団団長の中では常識人であり、かなり温厚な性格。
団員からの信頼も厚く、心酔している団員も居る。

ユノの実力を評価しており、その成長に期待している。ユノが下界出身であることを理由に非難せず、逆に部下をたしなめることもある。

次期魔法帝の最有力候補で魔法帝に最も近い男だといわれている。

また、

  • ウィリアムが団長になってから「金色の夜明け」が圧倒的なスピードで最強の団と呼ばれるようになった
  • 「金色の夜明け」に入団した団員のほとんどが皆予想以上の才能を開花させた
  • 王都襲撃前の戦攻叙勲式に姿を見せなかった
  • 容姿が似ている

以上のことから黒の暴牛の団長であるヤミ・スケヒロから白夜の魔眼の頭首リヒトではないかと疑われたが、仮面を外して素顔を見せる事で否定した。

過去

貴族の落胤。幼い頃は恵外界で暮らし、8つの頃に貴族として迎えられた模様。
しかし仮面の下には生まれつきの黒々とした魔法でも治すコトの出来ない痣のような跡があったため、幼いころは周囲の人間から「呪われた子」と呼ばれ不気味がられ虐待されていた。
しかし、たまたま「世界樹」魔法を見かけたユリウス・ノヴァクロノから魔法騎士団に誘われ、見かけを理由に断ろうとしたところ、魔法帝自作の仮面をもらう。そのとき傷ついていた心を救われユリウスに忠義を尽くすようになる。
本人いわく「この方に魔導書(グリモワール)を捧げようと思った」とのこと。

魔法

人やモノから魔力を吸収して巨大な樹を創成する世界樹魔法という珍しい魔法の使い手。創成した樹は思うままに操ることが可能。

魔樹降臨
 初めて披露した魔法で、空から巨大な木の根を出現させる。
採用試験の際には根の先から箒を作り出した。

【世界樹魔法】

ミスティルテインの大樹
 街一個分ほどあるの大樹を創世することができる魔法。
自信の魔力だけではなく、他人の魔力根に吸収させて魔法の糧としているため、発動するまでに時間はかかるが、攻撃防御を同時にできる超大規模魔法。

ミスティルテインの種
 アニメオリジナルの魔法で、ミスティルテインの大樹を個人に限定したような魔法。
八輝将の一人を一撃で戦闘不能にした。


関連タグ

ブラッククローバー 金色の夜明け ユノ



以下、重大なネタバレ注意!





























前述したように白夜の魔眼頭首リヒトとの関係性を疑われていたが、143話で遂にこの二人が同一人物であることが判明する。
リヒトは過去に殺されたエルフ族の一人であり、ヴァンジャンスへと転生し二重人格のような状態で宿っていた。
リヒトの状態だと痣が消えるのは「あの傷はヴァンジャンスの母親の一族が受けた呪いのため、人間ではない私には関係がない」とのこと。

ヴァンジャンス自身はリヒトの事を友人と見ているが、一方で魔法帝ユリウスへの尊敬やヤミへの友情といったクローバー王国への想いも本物であり、その二律背反に苦しみながらも、ギリギリまで双方に助力しようとした。

しかし、白夜の魔眼の計画も最終段階へと移り、どちらを選ぶのか決断を下さねばならなくなった事から、正体を明かすと共にリヒトとユリウスを戦わせ、その結果に委ねる道を選ぶ。

関連記事

親記事

金色の夜明け こんじきのよあけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィリアム・ヴァンジャンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41166

コメント